スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

怒りは怒りでも種類の違う怒り

※またしてもつっきーさんがキレてます。
※とはいえ、今日のは「キレている」というより「落ち込んでいる」の方が正しいかも。




ゲームのセーブデータを消される、というのは、親や兄弟がゲームをする人なら、誰もが通る道ではないでしょうか。
あるいは、トレーディングカードを勝手に捨てられる・売られる、でもいいですし。
こういう時に一番怒りを抱くパターンって、捨てた人が「希少性を分かっていない」ってことだと思うんです。

例えばゲームのセーブデータなら、300時間かけたものなら、300時間の結晶って訳ですし。
それだけ積み重ねた歴史がある、って考えれば、消されてしまっては怒るのも無理はありません。特にやりこみ系のゲームや、ネトゲのデータなら尚更です。

トレーディングカードは、本当にこれは「やっている人」しか分からないと思いますが、物によっては1枚1000円をこえるもの、ヘタすると5000円オーバーのものだってあると思うんです。
ただ「やってない人」にとってはただの紙切れであることは変わりなく、この辺の価値観はよく衝突しているイメージがあります。

ただ――
例えば相手が、破棄されたものの価値を分かっていて、故意的ではなく確信犯的、あるいは事故的だった場合、どうしますか?
というか、どうすればいいんでしょうか。



何の話かって、今日、母に別件で電話したのですが、母がこんな報告をよこしました。

「ボロボロのジャージ捨てといたから」

……とまあ、この文面だけ見れば何も間違っていないのですが、この“ボロボロのジャージ”というのが、今までずっと競技かるたで使ってきたジャージ(2着)なんですよね。

ええ。前報告なく、捨てられてしまいました。

……。

…………さすがに私、怒ってもいいですよね、というか怒ったのですが。
母も意地悪でやったことではなく、私がうがーうがー言い出したらすぐに認識の違いに気付き、繰り返し謝られました。いやぁ、人って本気の怒りを抱くと、謝罪の言葉すら耳に入らないというか心に届かないんですねあっははー。

私にとっては、ずっと着続けた――それも青春時代の一角を占めていた「競技かるた」という場において、もはや必須アイテムというか「かるたといえば、まずこれを用意しなきゃね♪」っtくらいのアイテムだったんです。例えボロボロのジャージだったとしても。いや、むしろボロボロだからこそ。

しかし母から見れば、ただのボロいジャージ以外の何物でもないわけで。

認識の違いが、悲劇を起こしてしまいましたとさ。



そして問題なのは、これ、私がいくら怒りを抱こうと、どうしようもないってことなんですよね。

私も大人ですから、うがーうがー言い続けてたらなんとかなる、とは思いません。
ただ、まだ再作成や再調達のしようがあるゲームやカードと違い、もうどうやっても手に入らないものを失った、という点で、なんかすごく悲しくなります。
母が一方的に悪い訳でもない、というのも分かっていますから、なんかもう、怒りの矛先を向ける先がなくて困ってる、って感じです。
私はどうすればいいのさー!





……と、興奮したところで一旦頭を冷やして、業務連絡。

本サイト「漆黒色の物語」。この記事を掲載した後に更新しますが、『いなかみち。』第4章の連載を開始します。
ただ、もう少しだけキャラクターの募集は続けます。募集があまりなかったので、もう数日くらい伸ばしたらなんか来るかなぁ、って感じで。
よろしくです。
[ 2012/10/09 23:27 ] 日常生活 | TB(0) | CM(0)

なんとなく、裏が見える?

※つっきーさんがキレてます。
※あ、でも拍手返事はいつも通りです。





<殺人予告>第三者が遠隔操作で書き込みか 演出家を釈放 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

大阪市のホームページ(HP)に無差別殺人予告を書き込んだとして、偽計業務妨害罪で起訴されたアニメ演出家の北村真咲被告(42)が事件に無関係だった可能性が高まり、大阪地検が先月21日、勾留取り消しを請求し、釈放していたことが分かった。北村さんのパソコン(PC)は特殊なウイルスに感染し、第三者が遠隔操作した疑いが強いという。「成り済まし」で無関係の人が容疑者になり得るサイバー犯罪の捜査の課題が浮上した形だ。
(一部抜粋)

ここ最近、テレビを賑わせているニュースです。

遠隔操作ができるウィルスを仕込んでから、他人のパソコンを勝手に使用する……というなんとも恐ろしい事件ですが、ぶっちゃけ言ってしまえば遠隔操作なんてものはずっと昔からできていたのではないでしょうか。不正侵入やら何やらがあるからファイアウォールとかがある訳で、ただそれが無差別殺人予告へと繋がったにすぎません。

というかそもそも、冷静に考えてみれば「無差別殺人予告しかしていない」のに、メディアがどうしてここまで取り上げるのか。

……そんなにインターネットが危ないものだとでも言いたいんでしょうかねぇ?

もしそうなら、本当に腐った組織です。マスコミというのは。
まあ……私の想像なんて、飛躍して的中しなくてナンボですし、考えすぎかもしれませんけど。

とりあえずインターネットは普通に使えばいいと思います。ウィルスに気をつけるなんていつものことですし、まあ既存のアンチウィルスシステムがイマイチ通じないなら、出処不明のアプリケーションをダウンロードしなければいい話で。
どうせこの先、メディアの馬鹿共はインターネット批判を始めるでしょうから、しばらくはニュースを見ないのも手かもしれませんね。



マスコミの捏造報道もいつものことですけど、久々に真面目にキレた気がします。
ほら、私ってIT技術がどうこうって話が大好きで、常に技術は発展すべきものだと思っていますから。
一部の無能な連中のせいで、人類の技術発展が後退するなんて可能性があるなら、それを憎んでも何もおかしくありませんよね?



追記より拍手返事。


[ 2012/10/08 22:34 ] 日常生活 | TB(0) | CM(0)

一体どこへ向かおうと……

ラノベ感想はいつもやっているからいいとして、ヴァイスの今日のカード紹介・考察、秋アニメ感想、ダ・カーポ最新情報と、なんか最近、ブログで掲載する文章がカオス極まりないことになっている気がします。

アニメ感想はまあ構わないでしょうが、他のはちょっと隔離する必要があるかなぁ……。
少々考えてみます。
[ 2012/10/06 22:05 ] 日常生活 | TB(0) | CM(0)

失敗した時に……

例えばなんか失敗した時に、何が原因だったかなぁ、と考えて、たいてい私は「自分が悪かった」という結論に達します。
というのも、何かに失敗した時、ウェイトは不明なりとも、少なからず自分にもミスがあったのは確実なのですから。
そして自分の悪いところを消していくと、次のミスにおいて「自分が悪かったウェイト」が前より減っており(ちゃんと学習した場合限定ですが)、そうすればミスの密度が減る、ということが期待できます。

最初のミスが密度100として、私とそれ以外の原因がそれぞれ50:50だった場合、私が反省して、50が40になったとしたら、次のミスは密度90になるのですから。
そうしたら、他の人に迷惑をかけることもなくなる(減る)かもしれませんし。

というか、失敗した時に他者のせいだけにしていちゃ、何も変わらないと思うんですよね。……なんて、今更言うことでもないかもしれませんけど。
上手くいかない時に、自分だけが被害者だって振る舞う人は、成長しませんし、周りからも白い目で見られますし……。

だから、そういう人に対して、私はいつもこう思い、やがて見捨てます。



――いつになったら、「自分が悪かった」という言葉が出てくるの?
[ 2012/10/03 23:52 ] 日常生活 | TB(0) | CM(0)

10月になったような気がする

更新は ちょっとだけ 待って

……投稿用長編小説の執筆がなんか面白くて面白くて。あと最近の学校関係の忙しさが半端じゃない。
でもなー。学校のことと執筆のこと、両方できてたのが高校時代だもんなー……。
むしろ使える時間は今の方が多いんだから、うん……。


9月に読んだ本一覧!

『フランケンシュタイン』
『“末摘花”ヒカルが地球にいたころ……5』
『@HOME3』
『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない11』
『ソードアート・オンライン6』
『ソードアート・オンライン7』
『プレゼンがうまい人の図解思考の技術』
『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ7』

計8冊。
シリーズ物を除くと2冊。

もうちょい読めと。

あと、9月後半に出版された本……具体的には『憑物語』、『バカとテストと召喚獣10.5』、『ROBOTICS;NOTES プロジェクト・プレアデス』は今月、早い内に読みます。
ちょっと先月末の金銭不足は笑えないレベルだった。マジで。就活怖い。
[ 2012/10/01 22:51 ] 日常生活 | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。