スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ICレコーダー

<読了>
リトルバスターズ! エクスタシーSSS Vol.10
今月13冊目。久しぶりに本を読みました。
かなたん可愛いなもう!




詰換え用、ってありますよね。ボディーソープの。
ボトルに入れていたボディーソープがなくなったので、補充するべく近くに置いていた詰換え用のを注いんだんです。
そして、さて体を洗おうと手に出した瞬間。

「……これ、シャンプーじゃね?」

紙袋(詰換え用)を確認。まごう事無きシャンプーでした。
一瞬、シャンプーで体を洗ってやろうかと思いましたが、さすがにそんな暴挙に打って出るほど私は愚かではなかったみたいで。
とりあえず……今日の買い物で買ってきたからいいけどさぁ。




さて。本日は学校終了後に、天満橋へと買い物に行きました。

本(「猫物語 黒」、「僕は友達が少ない5」、「リトルバスターズ! エクスタシーSSSVol.10」)と共に購入したのが、ICレコーダー。音声記録装置です。
大きさは携帯電話の半分くらい。小さい携帯電話、ってサイズですね。

名前の通り、音声の録音ができます。
また、録音したデータをパソコンに転送・再生したり(もちろん、本体単体で再生もできます)、逆にパソコンから音声データを送って、レコーダーで聞くこともできます。

使い道がなさそうである、ありそうでない、汎用的にして非汎用的アイテム。

毎日の授業で使うには容量が足りないと思いますが、特別講義など、ここぞという時に役割を果たす便利グッズです。
マイク含め1万ちょい飛びましたが、携帯電話の機種変のために使ったお金の残りなので問題なし。
……いや、問題なしと断言できるかどうかは別として。

1万飛ばしたので、1万円以上の使い方をしていきたいな、と密かに思っています。

とりあえず、試し撮りした自分の声が果てしなくキモかったことに若干落ち込み中。






そういえば、明後日から12月ですね。

12月かぁ。
本サイト「漆黒色の物語」の登場人物、神野和樹の誕生日が12月12日です。なんか書かなければ。
あとはクリスマス記念。私にとって12月25日は、恋人云々だの白ひげのおじいさんだの、「そんなことより記念小説だ!」です。ええ、我ながらアホ極まりありません。現実を捨ててしまっています。

あとは……たまには気晴らしに、短編の1つでも書いてみるかなぁ。
今年の正月はどうなるでしょうか。悠々荘?

「生徒会争乱物語」についてはもうしばらくお待ちください。なんか、何度書いても納得いかねー! って状況です。辛いです。頑張るですよ~。

とまあ、そんな近況報告。

そうそう。

12月ですが、今年もやります。去年の12月にやった企画。
知った物がたくさんあるので。
去年とは少し趣向を変更して、皆様がより楽しめるように頑張りますので、お暇な方はお付き合いくださいな。




追記より拍手返事。







<拍手返事>
音桜
例えばですね。私が歌った「ねこ巫女れいむ」は単なる脱力歌ですが、「まぐろたべたい」は凶器に匹敵する程の脱力感が生じるんです。つまり、ねこ巫女の上位。
私がまぐろで脅されたら逃げるか逃走するか逃亡しますね、きっと。
つまりはそういうことなんです。

悠々荘。いや、別に真一は殴られキャラじゃない……。瑞華が唐突にぶん殴ったりしますが、あれも一種のスキンシップ。瑞華が可愛いから問題なし!(いいのか?)
杏奈はおそらく、高校生全体を見て考えてもおしゃれな方に入ると思います。ただギャル系ではなく、あくまで少し着飾る程度。外見よりは中身~、を地で行く人かなぁ、って私は考えていますが。
読者からはどう見られてるかな? 真一に共感する人なら「ちょっとウザイ」なんて思われてるかもしれませんね。

悠々荘の方々のファッション意識。
真一「着れればなんでもいい」
彩音「杏奈お姉ちゃんが色々買ってくてくれるんだよっ」
白石さん「考えるのがめんどくさい~。ジャージが楽だよ~。めんどくさいといえば、最近、管理人さんはこの言葉を使わないよね~。ってことは、今度はうちの名台詞~? そろそろうちも(以下、延々と謎の世間話が続く)」
瑞華「……気にしないこともないですが、そこまでは」

……だめだこいつら……。
最近の若者。最近の高校生。私にとって、1番やりにくいワードであり、意識したところで所詮「偽物」しか考えられないのが痛い……。この辺は多人数ヒューマンウォッチングでも、ってところでしょうか。
はぁ……服装描写なんてだいっきらいだ……。

白石さんは……そういえば20歳か。そうですね、外伝の時点(大宮夕夏がやってきた話)では19差ですが、ハロウィンの時は20歳です。駄目すぎる20歳です。

えー、ちょっと時間軸の整理を。
本編終了時点、及び外伝スタート(ハロウィン除く)時は2月。これはまだ、「本編が始まった年度」と一致してます。
つまり、真一・杏奈が高校2年生、瑞華が高校1年生、夕夏が中学3年生、彩音が中学2年生。
白石さん? 知らん。

で、ハロウィンの時、つまり来年度になったら……そうですね。真一・杏奈・彩音が受験モードになります。前半2人が大学の、後半1人は高校の。
彩音が高校生になる時は真一と杏奈が卒業してますから、仮に彩音が同じ高校に通った場合、瑞華と夕夏が先輩になるということです。
白石さん? 知らん。

その辺について考えるのなら、もはやアフターの世界ですね。
アフターの世界。
……。
…………やべえ、すっげー書きたくなったぞド畜生!?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/11/29 23:49 ] 日常生活 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/992-013e41fb











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。