スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「東方Project」について

そういえば考察してなかったなぁ、と今更ながらに語ってみます。
考察ついでに紹介も。
興味ねー、って方はさっさとスルーして、必要なら拍手返事だけを見ていってください。例によって追記より書いてます。





「東方Project」。略称・愛称は「東方」。ゲーム好きなら、知ってらっしゃる方も多いでしょう。
基本的には、

・同人ゲーム(どこどこの会社が作っている、とかではない)
・シューティングゲーム(さらに厳密に言えば、「弾幕STG」
・ネット販売が主。アニメイト等、同人ショップでも販売
・1作1800円前後

こんなところです。
そして、最大の特徴が2つ。

・二次創作がかなり活発
・原作の音楽を元にしたボーカル曲が多い


さらに突っ込んだことを言うと、

・東方自体の難易度が半端無く高いので、割とゲームマニア向け
・弾幕STG=東方という安易な考えの人が多いため、ネットではファンをあまり歓迎していない傾向にある
・探せばお絵かきしてるところとか山ほどある
・東方の二次創作としてのゲームも販売している
・原作登場キャラがみんな女の子(男性キャラは番外編書籍・設定上のみに出場)

こんなところでしょうか。

作品としては、

・東方紅魔郷(とうほうこうまきょう)
・東方妖々夢(とうほうようようむ)
・東方永夜抄(とうほうえいやしょう)
・東方風神録(とうほうふうじんろく)
・東方地霊殿(とうほうちれいでん)
・東方星蓮船(とうほうせいれんせん)

これがシューティング版で、

・東方萃夢想(とうほうすいむそう)
・東方緋想天(とうほうひそうてん)
・東方緋想天則(とうほうひそうてんそく)

これが格ゲー版。
なお、「旧作」と呼ばれるシリーズもありますが、そちらは私自身、未プレイなので割愛。

どれもパソコンゲームです。

特徴は。特徴ねえ……弾がぶわーっ?
こればかりは口で言うより、プレイ動画などを見ていただいた方が。









こんな感じです。
間違いなく人を選ぶゲームですが、興味が湧いた方はご購入してみては?



東方紅魔郷(クリックで通販ページへ)
(特徴)
・当たり判定が表示されない(キャラしか表示されません)。
・スペルカードシステムが他作品に比べて少し異なる。
・難易度は中。
・⑨(まるきゅう)で有名なチルノはこの作品が初出。
・「最終鬼畜」シリーズの原曲、「U.N.オーエンは彼女なのか?」はこの作品のエクストラで登場。


東方妖々夢(クリック以下略)
(特徴)
・「桜花結界」システムがあるため、少し難易度が低く、パターン化が問われるかも。
・Phantasmモードがある(Extra上位互換)。
・「東方紅魔郷」5面ボスだった十六夜咲夜が自機にて登場。
・八雲一家(橙・八雲藍・八雲紫)はこの作品が初出。
・難易度は低~中。


東方永夜抄
(特徴)
・自機が「人間と妖怪のタッグ」。
・自機キャラに「東方紅魔郷」の十六夜咲夜&レミリア・スカーレット、「東方妖々夢」の八雲紫、アリス・マーガトロイド、魂魄妖夢&西行寺幽々子が登場。
・システムがちょい複雑。
・ラストワード&スペルカード練習(敵の使う技を相手に練習する)モードがある。
・アレンジ歌として有名な「Help me, ERINNNNNN!!」や「患部で止まってすぐ溶ける~狂気の優曇華院」、「ウサテイ」などの原曲はこの作品にて収録。
・永遠亭組(鈴仙・優曇華院・イナバ、八意永琳、蓬莱山輝夜)はこの作品のみ登場(イナバは格ゲーにも出てる)
・難易度は低。


東方風神録
(特徴)
・ボムが「霊撃」となり、“自分のパワーを削る代わりに一定時間無敵&周囲へ攻撃する”システムとなっている。
・自機が博麗霊夢・霧雨魔理沙の2人になるが、オプションの数が3つになる。
・守矢組(東風谷早苗・八坂神奈子・洩矢諏訪子)はここが初出。
・難易度は低~中。妖々夢よりは難しいか?


東方地霊殿
(特徴)
・自機が「博麗霊夢or霧雨魔理沙がメイン、サブに妖怪」というパターン。
・東方風神録で登場した河城にとりがサポートとして登場。
・難易度がアホみたいに高い。


東方星蓮船
(特徴)
・自機に東風谷早苗が追加。
・UFO(ベントラー)システムがあるせいで、やたらとややこしい。
 反面、パターンを組めば難易度は下がる。
・Hard以上の難易度が、Normal以下に比べて跳ね上がっている。
・霊撃システムがボムシステムに戻っている。
・難易度は中~高。




紹介はこんなところでしょうか?

で、私は結構前に東方をやめた(大体のクリアはしたので)のですが、記録はこんなところです。

<東方紅魔郷>
・エクストラは霊夢Bと魔理沙Aでクリア。
・Lunaticはコンティニューアリならクリアできるけどなぁ……。
・個人的に「上海紅茶館~Chiness Tea」と「U.N.オーエンは彼女なのか?」が好み。
・十六夜咲夜の弾幕が初見殺しすぎて、一時、彼女のことが嫌いになった。
・でも十六夜咲夜のスペルカード、幻符「ザ・ワールド」をLunaticで初見習得できたのは今でも自慢。

<東方妖々夢>
・私が初めてプレイした東方。
・エクストラは霊夢B・咲夜Aでクリア。
・Phantasmは咲夜Aでクリア。
・Normalすらノーコンクリアができそうにない……。
・「ネクロファンタジア」はマジ良曲だと思う。
・式輝「四面楚歌チャーミング」(八雲藍の第4スペルカード)を1度だけ習得できた自分が謎。

<東方永夜抄>
・メチャクチャやりこんだ。
・エクストラは全ペア&霊夢単体でクリア。
・妖夢&幽々子ペアの初期7でLunaticをノーコンクリア。
・「竹取飛翔 ~Lunatic Princess」が好きすぎる。

<東方風神録>
・エクストラは霊夢B・魔理沙A・魔理沙Bでクリア。
・東風谷早苗はたぶん、東方キャラの中で1番好きな人。
・「マウンテン・オブ・フェイス」(八坂神奈子の最終スペルカード)=地獄。
・土着神「ケロちゃん風雨に負けず」(洩矢諏訪子の第8(?)スペルカード)はマジ習得したい。

<東方地霊殿>
・エクストラは霊夢&紫、霊夢&文、魔理沙&にとりでクリア。
・エクストラの難易度が意味不明すぎる。
・エクストラのスペルカードが秀逸すぎる。
・「サブタレイニアンローズ」(古明地こいしの最終スペルカード)の由来は感動モノ。
・「嫌われ者のフィロソフィ」(古明地こいしの第9スペルカード)は耐久の中で1番嫌い。
・(符名忘れた)「弾幕のロールシャッハ」(古明地こいしの第6スペルカード)は頭が痛い。
・キャラによって霊撃システムが泣ける。無理ゲー。

<東方星蓮船>
・エクストラは早苗Bのみクリア。
・エクストラで鵺について詳しくなった。
・ベントラーシステムは嫌いじゃない。
・エクストラの道中難易度はおかしい。



こんなところですかね……。

以上、東方Projectの紹介でした。








追記より拍手返事。








<拍手返事>
音桜
すみません、変なタイミングで更新してしまって。

八章完結。いやあ、どれくらいの時間がかかったか……。
次は悠々荘です。

陰河のアレは、陰河だからというより……動かせる人が陰河しかいなかっただけだったり……。
伏線というより、「次に続く!」みたいなノリですね。次は全然違う話になりますが。

8章が後半(終盤)スタート、って位置づけですよ。
私的には、「1章~3章が序盤」、「4章~7章が中盤」ってイメージですから。
「死神姫」は多分、11章か12章で完結すると思います。
長ぇ。
「<チェックポイント追加、だけど残りは今までの道の倍>みたいなっ!」……語呂が悪いなぁ。

葵はまあ……うん。これで終わらせない私が鬼。

テスト優先! テスト優先で! 私はいくらでも待ちますけどテストは待ってくれませんよ!
カルテットベルセルクは威力が高いっつーより、厄介な霊術なので上級なんですよね。虚像だから物理攻撃が効かない、という点で。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/11/21 23:42 ] ゲーム(全般的に) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/982-5ec66442











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。