スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライトノベル感想「生徒会の九重」

生徒会の九重  碧陽学園生徒会議事録9 (富士見ファンタジア文庫)生徒会の九重 碧陽学園生徒会議事録9 (富士見ファンタジア文庫)
(2010/10/20)
葵 せきな

商品詳細を見る

ようこそ、私立碧陽学園生徒会室へ!美少女役員四人+おまけ一人、生徒諸君のため―突然ですが、ここで中継を繋ぎます!第801回ヘキヨウカップ、各馬一斉にスタート。先頭はヒンニューステータスとネッケツタロー。ヒンニューは常に本命視されながらやる気に欠ける状態、ネッケツはここに来て急躍進、新たな本命馬と名高いです!様子を窺うように二頭の後に続くのはドエスノホマレ。実力はNo.1と言われながらここ一番に弱い!最後に大きく遅れてビーエルラバー。以前他を圧倒する力を見せて以降、不振が続いています!最後まで目が離せない展開になってきました!おっと、ここで飛び出したのは―中を読んでご確認ください。




杉 崎 最 高 !
あと真冬ちゃんマジ最高!



<プロローグ:卒業式当日>
<エピローグ:卒業式当日>


今回は控えめ。シリアスはシリアスですが。そして何気に知弦さんがいいキャラ。

<生ダラダラ生徒会11ページ>
カオス。

<第一話~テコ入れする生徒会~>
え!? 深夏さんってこんなキャラだっけ!?
……ツンデレ怖ぇ。8巻以前の彼女はどこに行った!?

そして相変わらず小ネタで笑わせてくれる。「はがない」(僕は友達が少ない)とか、紅茶ネタで「放課後ティー○イム」が来た時とか、大爆笑でした。前者はびっくり、後者は来るべくしてきた、って感じで。
そんな中にデレた深夏さんが妙に輝いているヘンテコな話。
あと、6巻以降、第1話がしんみりエンドになる傾向が強かったのですが、今回は暴走して終わってました。

<第二話~絡む生徒会~>
リリシアさんの話。「むーねーもーむーぞー」と「ごーじーだーつーじー」で大爆笑。前者はともかく、後者は私も笑えないのですが。
てか作者。「マテリアルゴースト」否定しちゃ駄目でしょーが……。自虐ですかー……?

リリシアさんってさささーに似てるよね……って意味ではアフターネタは苦しかった気が。どうでもいいけど。

ラストの杉崎の最高っぷりは今に始まった話ではないので語りません。でも言わせてください。杉崎最高!

<第三話~送る生徒会~>
私、思うんですが……これを第1話に持ってきて、第2話~第3話をリリシアさんの話にすればよかったのでは……。今までの流れを壊してみるのもいいですけど、んー、どうなんだろう……。

ともあれ。いつもの生徒会ながら、シリアスゾーンな1話。

「送辞。好きです会長」「答辞。ごめんなさい」
このやり取りが激しく好きです。生徒会らしくて。

「どうして全員好きな作品タイトルを盛りこんでいるのよ。まったく……」「いや知弦さん、『オブザデッド』とか書いた人にツッコミの資格はないと思います」
この辺りも。9巻まで重なった物語に考えても仕方ありませんが、彼らの個性があふれるやり取りだと思いました。

<回想1><回想2><回想3>
いい話、なんだけど……いい話、なんだけど!

<最終話~最初の一歩~>
タイトルだけ見たら杉崎と真冬ちゃんの話かと思ったのに、冒頭1文で希望も夢も打ち砕かれた。

知弦さんがちょっと怖い話ですが、こんな感じもいいかなぁと。ここまで重ねた物と比べて、ちょっと雰囲気が違う物語って感じで。まあ、今のアレを見ていると違和感しかないんですけどね。
そして最後の壊れっぷりが、いい話をぶち壊しにしてくれる。
良くも悪くも生徒会。

<えくすとら~渡す生徒会~>
知弦さんが可愛いとか、深夏さんがおかしくなってるとか、そんなのが吹っ飛ぶくらいに。

杉崎、それと真冬ちゃん。あんたらマジ最高。




結果。
いくら生徒会シリーズとはいえ、ちょっとシリアスをぶち壊しすぎでどうかと思った。
故に。
残った感想は、「杉崎と真冬ちゃんマジ最高」の一言だけ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/10/25 23:00 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/954-dc455bff











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。