スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライトノベル感想「ゴールデンタイム1」

ゴールデンタイム〈1〉春にしてブラックアウト (電撃文庫)ゴールデンタイム〈1〉春にしてブラックアウト (電撃文庫)
(2010/09/10)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る

晴れて大学に合格し上京してきた多田万里。大学デビュー、東京デビュー、ひとり暮らしデビュー、と初めてのことづくしで浮足立つ彼は、入学式当日、不意打ちにあう。圧倒的なお嬢様オーラ、完璧な人生のシナリオ、得意なのは一人相撲。襲撃者の名は加賀香子。薔薇の花束を万里に叩きつけた彼女は、万里の友達でもある幼馴染みの柳澤を追いかけて、同じ大学に入学してきたという。そんな眩しくも危うい香子が気にかかり、放っておけない万里だが―?竹宮ゆゆこ&駒都えーじの強力タッグが贈る青春ラブコメ。

作者が「とらドラ!」の人で、イラストが「イリヤの空、UFOの夏」の人。
で。






内容が、イリヤ寄り。……なんなんだこのラノベ?

とりあえず私が通っているのは専門学校なので、大学という世界がさっぱり分からないのと。
一体何が言いたいのか……いやまあ、メッセージ性ゼロじゃないんですが、どこを主軸に読めばいいのか分からないのと。
どこに向かいたいのかと。
主人公の過去喪失が何を意味しているのかと。

……1巻じゃなんにも分かんない、それこそイリヤっぽい話になっちゃってる1冊。

おまけに人間関係はとらドラ寄りという、なんだこれ、ホントになんだこれ……。

ある意味、良くも悪くも得体の知れない1冊だと思います。2巻が出たら……私は買うのかなぁ……。
化けそうな気もするし、イリヤ2巻みたいに意味不明のまま終わるような気もします。
難しいラノベだ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/09/14 04:51 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/911-5fef92ac











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。