スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライトノベル感想「シーキューブ10」

C3‐シーキューブ〈10〉 (電撃文庫)C3‐シーキューブ〈10〉 (電撃文庫)
(2010/09/10)
水瀬 葉月

商品詳細を見る

ン・イゾイーが転校してきたのも束の間、世間はバレンタインの季節を迎える。渦奈にあれこれと扇られたフィアをはじめ、おのおの願望まる出しなチョコお渡しシチュエーションの妄想をふくらませるが!?そんな折、研究室長国の日村素直が教師として学校に復帰してくる。しかも、彼は思わぬ人物を伴っていて―。さらには一同の前に蒐集戦線騎士領の騎士が立ちはだかる。「実にグッデスト!」とか変な言い回しを操る彼女は、しかし“最強”の呼び声もある強敵だった。バレンタインも大変な第10巻。


文字化け防止のために、タイトルは「10」としております。




いや最強っていうか、単に時間を操ってるだけのような……。
ただ、時間を操る能力というのは、それを有さない人にとっては「最強」と呼んでもいいのかもしれないですが。やられる側からすれば、何が起きたかも理解できない場合もありますし。

さて、どっかの妖怪が可愛いラノベと同じで、登場人物がだんだん増え続けている厄介なラノベ。
おまけに短編集以後、妙に難しい話が増えたような気が……。今まで出てきたキャラが続投決定し、脇役キャラが増えたのが原因だと思うよこれ!
「藍坂素敵な症候群」のように「誰が何の能力(弊害)を持っているか」という分かりやすい話ならともかく。

それでもまあ、普通に面白かったとは思います。
敵キャラの強さのインフレ化が進んでいるような気もしなくはないのですが、こういう物語だとそれは仕方ないか、という認識です。ただフィア、あんたそんなに弱くなってねえぞ?
いいんちょーさんもいい味出してます。というかこの人、何かとメインを張ることが多いですよね。学園祭といい、イベントの時にはいいんちょーさんがメインを張るという法則があるのでしょうか。

それにしても、服をぶった切るって……すげえ発想だ……。

このラノベはバトル物の王道として「敵にも同情心が湧く」という話です。
そういうのっていいな、って。私が考える悪役は本当に悪役って感じの人ばかりですから。
敵キャラも可愛いって時代なのですね。禁書目録? なんだそれは。

フィアの独白から考えて、ほんのちょっとだけ終わりが見えてきたのかもしれないシリーズ。
まあ、まだ折り返しって感じもしなくはないのですが。
次はまた巫女さんらしいです。某ブラックキャットの時と同じような期待が持てますが、そもそもあの巫女さんが気に入っているというわけでもないのでした。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/09/12 22:24 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/909-17f5520c











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。