スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライトノベル感想「ベン・トー6」

ベン・トー 6 和栗おこわ弁当310円 (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー 6 和栗おこわ弁当310円 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2010/08/25)
アサウラ

商品詳細を見る

半額弁当争奪バトルに青春を賭ける佐藤洋は、新たに開拓したスーパーで、存在感溢れる半額神・ビッグ・マムと、そこを主戦場とする厄介な「狼」八木柚子と出逢う。ある目的のために佐藤の苦難の食生活が始まる一方、槍水は彼女が溺愛する妹・茉莉花が文化祭に見学に来るため、心配で落ち着かない日々。そしていよいよ文化祭当日、友人のイベントに駆り出された槍水の代わりに佐藤が茉莉花の面倒をみることになるのだが――。甘美な罠を退け、誇り高く戦い、喰え! 「狼」としての底力がいま試される! 庶民派シリアスギャグアクション、禁断の第七弾!







ライトノベルより純文学に近づいているのではないだろうか。しかし元々のモチーフと時々入るセガネタは紛れもなくエンターテイメント寄りのギャグなので、この小説はラノベとして存在していた方が輝くと思う。
そんな、描写がやたらと上手くなった第六巻。
弁当を食べるところも、魅力の一つではないかな、と思う。

しっかし地の文、つまり描写はそうだとして、今回もキャラがぶっ飛んでるなぁ……。
佐藤はともかく、槍水先輩は妹溺愛ばっかりだし、白粉花はいつも以上に変態だし(部室でイチヂク浣腸を手に迫るシーンでは声を上げて笑った)、白梅梅は今日も元気だし(地の文でさりげなく「白梅様」と称されているのが面白い)、他のキャラも……もうね。現実にいたら三分に一回は突っ込まないと行けないメンバーばっかりで。
でもまあ、それがいいかなって。大元のネタが地味すぎるので、こうして華やかにする必要があり、その暴走結果がこうなんだから。ライトノベルらしくていいじゃないですか。

描写の点で語るなら、作者はすごく成長してるなって思います。
いや、最初の頃から食事シーンの描写はえらく力が入っていてびっくりだったんですが、ここのところは戦闘シーンにも力が入ってて。メチャクチャ上手いなと。あと、こっそり参考になるなとも思いまして。

さらに、五巻以降の話になりますが、物語の構成が上手くなってるように思えます。
だいたい一冊を三話に分け、一話と二話で短編のように進めつつ、伏線を三話で回収する。
あまり見ない手法であると同時に、「元々の素材が地味」というハンデを抱えた状態を上手く回避できているように思えます。

ただ少しだけ気になるのは……この小説は、どこへ向かっているのでしょうか。

ラストが読めません。かといって、延々と続くようなシリーズでもありませんし……。
こういった「先輩後輩要素が入っている物語」は、先輩が卒業をして終わりというパターンが多そうですが、まだこの時点で槍水仙が二年、佐藤洋と白粉花が一年ですよね。今の時軸が秋で、一巻の時点の季節は忘れましたが、一年生二年生という立場は変わってないはず。
となると……時間がゆっくり進む物語なので、これはまだ当分終わらないような気が。

とはいえ、キャラはほとんど出揃っている(主人公の身内サイド。敵サイドは別として)ので、これ以上そっちで新キャラを出すのも困難ですし……あるとしたら、白粉花関係でしょうか。

別に続くなら歓迎なのですが、最近は「物語の終わり」を意識するようになったので、少しだけ気になったのでありました。


★姑モード入ったヨ!
いや、いくつか誤植を見つけたので。

・126ページ。「~半額弁当以外に意識を向けていなかった柚子は気ににすらしてないだろうし~」
「気ににすら」って誤植なのかホントの言葉なのか……。「気にすらしてなかった」(気にすることすらしていなかった、という意)が正解だと私は思ったのですが、なんかどっちとも言えません。

・171ページ。“~僕の懐は大打撃どころか壊滅的被害を受ける”。
文末に句読点が飛んでた。

・191ページ。“参戦したばかりの僕や白粉のように~”の部分の「白粉」のスペルが「白」に振られている。
こんな風に。「おしろい粉」。
正しくはこう。「白粉おしろい」。
(ルビが正しく表示されない方は申し訳ありません。「白」の上に「おしろい」と振られている、ってことです)

以上、姑モードでした。編集の人ガンバ!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/08/31 12:20 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/896-90b1b296











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。