スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

そいや今日はもう一つ記事があるんだ

本日二つ目の記事。
厳密には本日とは言わない、なんて野暮だよ?



ライトノベル感想(1)

れでぃ×ばと!〈7〉 (電撃文庫)れでぃ×ばと!〈7〉 (電撃文庫)
(2008/09/10)
上月 司

商品詳細を見る

深夜の白麗陵。宮殿風の上育科寮で、ゆらゆらと蝋燭の灯りに浮かび上がるふたつの影。その影たちは、現在絶賛婚約保留中の標的…日野秋晴を、今度こそ真の「旦那様」とするべく、いま、再びの密謀に身を投じるのでありました…と、いうわけで。さらに熱く激しく狙われてしまっている獲物な秋晴の運命や如何にッ!?
さらにはちっちゃな銀髪王女さまが、これまたちっちゃな先輩を巻き込んで大暴れしたり、あの朋美がよもやの大ピンチに陥ったり!?こりゃもう大変なイベント続きの第7巻ですっ。


通称「エロコメ」の「ラブコメ」、第七巻。発売したのはものすっごく前ですけどねー。

ええと、れでぃ×ばと七巻です。いやそれはもうええっちゅーねん。

今までコイツの感想は書いたことがないので、作品の特性を少しだけ紹介を。

まずこの小説、結構人を選びます。
ストーリー性は壊滅していますがキャラはかなり引き出されています。ですので、キャラを主体としたラブコメが好きな方には是非おすすめしたい一冊です。
ちなみに健全な小説ですがなんか無駄にエロかったりするので、さすがの私でも学校には持っていけません。主に挿絵が(苦笑い

余談ですが、蛇足でもありますが、「乃木坂春香の秘密」が肌に合う方は、多分これも合うと思います。

さらなる蛇足。巨乳属性のある人はたぶん萌えます。

感想は・・・・・・特にはないかなぁ。ああまた侍女が暴走してるなーとか。あとセルニアさんが珍しくまともな人に見えたなーとか。そういえばこの人、秋晴くんの味方に素直になったのって初めてじゃね? なんか新鮮だなー。

朋美さんの話はベタだ。なんというかすっごくベタだ。あと四季鏡さんは絶対秋晴くんに惚れてる。ただ、どこをどう転んでもコメディで終わりそうな気がするのでドンマイ天然っ娘。

いろいろな意味でニヤニヤできる一冊でした。










ライトノベル感想(2)

ほうかご百物語 (電撃文庫)ほうかご百物語 (電撃文庫)
(2008/02/10)
峰守 ひろかず

商品詳細を見る

「いきなりで悪いけど、あなたの血、吸ってもいいかな」
高校生で美術部員の僕は、夜の学校で銀色に輝く瞳を持つ不思議な少女に出会う。少女の正体を“イタチ”だと見抜いて吸血(!)の難を逃れた僕は、その夜、彼女とある『約束』を交わす。翌日。美術室に現れたイタチ少女は、僕に告げた。手遅れになる前に約束を果たしに来た。約束を果たすその日まで、僕のことを守ってくれる、と。一守るって、一体何からっ!?
ピュア可愛いイタチさんと僕の、ちょっと不思議な放課後物語。第14回電撃小説大賞“大賞”受賞作登場。



また人を研究に走らせるよーな小説を出しおって・・・・・・
(↑もちろん嫌だなんてカケラたりとも思ってない)

えっと、妖怪の話です。でもそれはメインでありメインじゃなくて・・・・・・あれ、どっちだ?

・・・・・・もういいや。

えっと、ともかく妖怪イタチが主人公の前に現れて、その主人公が次々と妖怪な出来事に巻き込まれていく話です。うわ、説明する気ないな自分。

ただこのライトノベルには、言いたいことがいっぱいあります。感想より言いたいこと。
とりあえず箇条書きにしてみました。

・白の字(主人公:白塚真一のあだな)をやめい。それを使っていいのは彼女ケモノだけだ。

・で、その主人公さん。あんたはどこのナンパヤローだ。まあ考えてることは全然違うんだろうけど。

・だからそのずれた考えにヒロインが悶えている。面白い。

・先輩の研究っぷりが楽しい。真似したい。

・鎌鼬も想像できない私はどうするべきだ。

・この学校の制服どっかで見たことある。

新井輝さんが朝倉涼子さんに見えてくる。

稲葉前先生が黒井先生に見えてくる。

経島御崎先輩なんかどう見てものんちゃん以外の何者でもないだろ。

そう考えると生徒会長が北村くんに見えるからあら不思議。

まあいくつかは冗談だとしても、あの挿絵・・・・・・最初の絵の登場人物紹介を見て、「おいおい・・・・・・」と思ったのは事実。いくらなんでも似すぎだ。
特に先輩。性格こそ全然違うが、あれはどこからどう見てものんちゃんだ。

のんちゃんって誰? と思った方はコレ読んでくれると嬉しいな。






まだライトノベルはあるけど、もう寝たいので寝ることにする。おやすみ~。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/02/04 00:35 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/82-2bc13009











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。