スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

続けるという事は?

<既読ライトノベル>
「ベン・トー」3巻
双子最高。
ラノベって、双子が出てくるか3巻になるかすると、最高になるという習性があるのは何故。




本サイトの話ですが、「死神姫」の第8章連載開始が大幅に遅れます。
さすがに学校に行っている状態で、2つの小説(生徒会はだいたい書き終わりました)を並行して続け、かつ課題をこなすのは本気で厳しいのです。
よって、少しの間、書きためをさせてください。
「悠々荘の閑話」も全然更新できていませんが、こちらは「生徒会波乱物語」が完結するまで、更新頻度が大幅に遅くなります。
いやあ申し訳ない。

さて、ここ最近、「飽きる」という事が増えています。
あ、私の中でね。世間的にではありませんよ。

人間っていうのは、同じ事をやると、そのうち飽きてきます。
私はその「飽きる」というのが怖くて、色々と試行錯誤をこなしてきたのですが・・・・・・
さすがに、モノカキを2年続けていると、当初のような情熱は消えてしまうものですね。やっぱり書きたいという気持ちは変わりませんが、どうしても事務的なものが含まれてきているというか、「とりあえず書いとけ」という投げやりな心があるというか・・・・・・

無論、それでモノカキを止めたりはしません。専門学校にまで行っているのですから。

しかしこの状態は精神的に辛いです。
新しい物語を考えて、それが今までのと全然ジャンルが違ったとしても、心のどこかでマンネリ感があるんですね。
書く→書き終わる→推敲(見直し)する→完成、の繰り返しが。

本サイトで更新している各話単位で考えると、のべ120話前後くらいは書いている計算になります。
(正確に計算はしていませんが)
そう考えると、上の作業を少なくとも120回はやっている訳です。
そりゃ飽きますよね。

しかも、推敲というのは、ほとんどの場合1度では終わりません。
ひどかったのが、「生徒会波乱物語」の第4章。比較的早く書き終わったというか、第3章を連載している間に書き終えていたので、推敲した回数がハンパない事になってます。

まあ、だから何だ、というつもりもありませんし。
今こうしてグダグダと書いているところで、伝えたい事はないのですが。

・・・・・・何はともあれ、マンネリです。飽きてきました。

こうなった場合、工夫するのができる人間。・・・・・・たぶん。

まあ私ができる人間かどうか、という質問には即否定するとして。
とりあえず、なんか新しい試みをやってみようと思います。


追記より拍手&コメント返事。




余談ですが、今記事を書いていると、外からものすんごい叫び声が聞こえました。
認識できる範囲で内容を書くと、「今すぐ返せや!」だそうです。
金の取り立てでしょうか。
都会って怖いなぁ。






<拍手返事>
音桜
いやはや、気がつけば拍手を戴くのが日常と化してきましたね。本当にありがとうございます。遠慮なく続けちゃってくださいね~。

有希がエロ・・・・・・もとい、ちょっとやらしー子になったのは多分、第5章第13話前後でしょう。あのキスしたあれ。
あそこでスイッチが入ったんだと思われます。書いている私も、正直びっくりです。
まあよくある話。恋は人を変える!

そういえば親が死んでるケースが多いですね。神野和樹(父親)・神里奈々・西山桜・西山紅葉、あと草斬空。
鋭利快翔はちょっと別扱いとして・・・・・・偶然というか、親が死んでいる境遇が必要になる事があるんですよ、たまに。
設定の際に「あー、またか・・・・・・」と自分でも思う事があります。
いつか家族の話も書いてみようかなぁ。

ファンタジアに応募、いいですねえ。その小説が完成したら、是非私に見せていただきたいです。赤ペンをたくさん入れますから~。
まあ赤ペンは別として。どのような理由で応募するとしても、完成した作品は誰かに見てもらってから出した方がいいですよ。ただこの場合、ネットで掲載すると後々面倒になる事があるので、それこそリア友、あるいは誰かにメールで送るという形がいいと思います。
良い結果になるといいですね。私もいい加減、どこかに応募してみようかなぁ・・・・・・

「デュラララ!!」は全く気にしなくてもいいです。きっかけの1つになったって、それだけの事ですから。
むしろ、新しい物語への引き金を引いてくださり、ありがとうございます。
キャラに関しても、あまりコメントを意図して変えている訳ではないのでお気になさらずに。あ、いや、コメントを無視してるって意味じゃないんですが。ただ、音桜様の考えと私の考えがかぶったり、そっちの方がいいなぁと思う事があるんですよ。
現に、神里さんの話は結局、生徒会長を交代するという結末を貫いたのが証拠って感じでしょうか。
私の小説に関する希望や指摘などはいつでも大歓迎ですので、遠慮なくどしどし言っちゃってください。

では、なんかすっごく長い返事になってしまいましたが、この辺で。
改めて、これからもよろしくお願いします。




<コメント返事>
菊桜
ううむ、上の長い拍手返事の後に短いコメント返事で済ませてしまうのは気が引けますが・・・・・・

とりあえず一言。
あんた何やってんだっ!?
いいですか、そういう系のゲームは1日1人が原則でしょう! そうしないと前の物語が邪魔して泣けないんですよ!
・・・・・・以上、見苦しい叫びでした。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/05/05 22:58 ] 日常生活 | TB(0) | CM(1)

120話ですか…凄いですね…!

でも、飽きてくると言うのは何となく分かります!
ちょっと、事例が違うかもですが自分もテニスが何度止めたいと思ったか…!

でも、辛抱強くやってたらまた楽しくなり始めてきたので今は辛抱だと思いますよ?

そして、月影さんがどっかのレベルで文庫を出したら自分は迷わず10冊は買うでしょう笑

ではでは、失礼しまーす!
[ 2010/05/05 23:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/752-ff69520c











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。