スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

課題研究発表

課題研究の発表が、今日ありました。

課題研究というのは、学校独自の授業で、水曜日の2~4時間目にあった授業。
私は情報技術科所属ですが、情報科に関係あるようなテーマを自分で(あるいは自分達で)見つけ、それを研究していくといったもの。

私が作ったのはノベルゲームで、それをそのまま発表しました。

まあ後から聞いてみると「文章の送りが早すぎる」という感想があったので、まー仕方ないっか発表には向いてないゲームだしなぁ、とか思ってみたり。
あんまり成功したとも言えませんけど、とりあえずこんなものかな、といったところ。

プレゼンテーション的にはまあまあじゃないか、と思ってみたり。
ただ練習不足というのは否めないけど。もうちょっとリハーサルやっておけばよかったなぁ。

・・・・・・さて、これで憑き物が一つ落ちました(違)
これで少し勉強に集中できます。学年末考査、頑張ってみましょうか。



追記からは、キャラ紹介。
今日の紹介キャラは、「ソラ」「園崎魅音」「園崎詩音」。








<キャラ紹介>
ソラ
(出演作品:天空物語)

テンの双子の・・・・・・妹? グランバニア王国の王女。

産まれた直後に両親とも行方不明になり5年ほど経過したところで、本編がスタートする。
性格的には「しっかりした子供」で、テンのイタズラのアフターフォローをやったり、周りの人に気遣いができたりと、実年齢に比べてやや大人びたもの。しかしその分子供な部分もあり、テンが天空の勇者だと分かった時、自分が不必要だと思い、木から飛び降りようとした事もある。

テンが戦士型ならソラは魔法使い型。本編開始時点ではメラを、以後ギラを習得する。なんか他にも持っていた気がするのだが・・・・・・
しかし子供だけに体力はある方。さすがにテンほどではないが。

(以下ネタバレ)
ギラを習得したきっかけは、カデシュと共に檻に閉じ込められた時、マホトーンがかかっているカデシュがソラに詠唱を教え、それを発動したというもの。この時、ソラの魔力は恐ろしく高かった。

11巻で、ストロスの杖の所有者として認められる。
(以上ネタバレ)



園崎魅音
(出演作品:ひぐらしのなく頃に)

部活メンバーの年長者で部長、かつ雛見沢分校の委員長(澪尽し編ではその立場を前原圭一に継いでもらう)。
雛見沢の御三家の一つ・園崎家の次期頭首。

女の子らしいというより男の子らしい性格で、前原圭一に対しても「相棒的ポジション」として接する事が多い。
普段の一人称が「おじさん」の時点で既に何かがおかしい気がするが。そしてメチャクチャ空気読めない。良くも悪くもマイペースで、下ネタなども普通に口にする(度が過ぎると竜宮レナのレナぱんが炸裂しKOされる)。
それで女の子扱いしてほしいってどういう事なのさ。

それでもまあこの人一種のツンデレなので、女の子らしい時はらしい。綿流し編とか澪尽し編とか。

普段はおちゃらけたお調子者だが、園崎家次期頭首としての彼女は一風変わっている。
雛見沢連続怪死事件を引っ掻き回す刑事・大石蔵人を目の敵にするような態度を取ることが多かったり、雛見沢の会合に園崎家頭首代理として出てくる時は本当にヤーさんみたいな感じだし、とりあえず園崎家が関わると彼女は変わる。

双子の妹・園崎詩音がいる。

(以下ネタバレ)
本名・園崎詩音。
園崎詩音として生まれてきたのだが、ある日ひょんなことで入れ替わって一日を過ごし、その日に取り返しのつかないことになってしまい、以後園崎魅音として生きる事となる。

雛見沢連続怪死事件の真相を知る立場の人間であり、雛見沢のルールZを助長させている存在でもある。
よって彼女は雛見沢症候群を発症しない(憑落し編はなんとも微妙だが)。
ただし園崎家次期頭首として、ほとんどの話で5年目の祟りと関連付けられ、誰かに殺される。そうでなくても雛見沢大災害で死亡するケースもあるため、結局のところ彼女が生き残る話はハッピーエンド、あるいは目明し編ASしかありえない。
かわいそーに。

綿流し編では「前原圭一に女の子として見られたい」という悩みを園崎詩音に打ち明けた事が、惨劇の引き金となる。
そうなる根っこは「前原圭一がおもちゃ屋の部活終了後、受け取った人形を竜宮レナに渡す」、あるいは「人形を園崎魅音に渡すが、皆殺し編のフラグが立っていない」のどちらか。
PS2版・DS版では条件を満たす事で園崎魅音に人形を渡す事もできるのだが、どっちにしても綿流し編に送られる羽目となる。理不尽だ。
ただし、ここを通っていても、「前原圭一が竜宮レナからの宝探しの誘いを断っている」場合は、祟殺し編へと移行する(DS版)。綿流し編に行くためには、富竹ジロウに死体の冗談を言わない事だったりする。

・・・・・・って話が逸れてるし。
(以上ネタバレ)




園崎詩音
(出演作品:ひぐらしのなく頃に)

上に紹介した園崎魅音の双子の妹。

園崎魅音はマイペースながら奥手な部分があり、不意打ちに弱い性格だが、園崎詩音はその不意打ちをするような性格。人で遊ぶ事が好きで、演技力も相当のもの。園崎魅音と入れ替わっても、気付くのは竜宮レナか、一定条件下における前原圭一くらいだろう。

雛見沢の隣町・興宮に住んでいるが、時折雛見沢の部活メンバーの前に顔を見せる。
また、雛見沢ファイターズ(草野球のチーム)のマネージャーをやっており(幽霊状態ではあるが)、その試合に顔を出すこともしばしば。
興宮にあるカフェ・エンジェルモートで働いている。

妙に北条沙都子を嫌っている節がある。

(以下ネタバレ)
昭和57年(1年前)、ひょんなことから北条沙都子の兄・北条悟史と出会い、彼の事が好きになる。
しかし4年目の連続怪死事件に巻き込まれ、北条悟史が失踪。彼女は激しくショックを受け、以後そうなったのは兄に甘えてばかりの北条沙都子のせいだと思うようになる。
ちなみに北条家は雛見沢のダム計画に賛成していたことから村八分状態になっており、その息子の北条悟史と逢引をしていた園崎詩音は、「ケジメ」という名目で爪を3枚剥がす事となる(これは北条悟史の失踪前の出来事)。

綿流し編(目明し編)では、5年目の祟り(富竹ジロウが死亡・鷹野三四が失踪)が発生した翌日から、園崎魅音に成り代わり、雛見沢連続怪死事件の黒幕と思われし人間、そして自分を襲撃してきた古手梨花・かねてから嫌っていた北条沙都子を次々と殺害していく。
その間、本物の園崎魅音は地下祭具殿の檻の中に閉じ込めていた。

その後、前原圭一を殺そうとするも寸でのところで思いとどまり、その場から逃走。園崎魅音を地下祭具殿・死体処理井戸に突き落とし、自らは警察の追っ手から逃走する。しばらくしてから再び前原圭一の前に現れ、彼をナイフで刺して「私の殺したい奴は全部殺したァ!」と叫び住んでいたマンションへ戻るが、その際に転落して死亡する。

結果的に彼女がこの話で凶行に走ったのは全て北条悟史を思うが故の事であり、公由喜一郎に「詩音ちゃんはいいけど、北条は(祟りに遭っても)仕方ない」と言われた辺りで完全に雛見沢症候群・L5に発症した。

また、同じような理由で出会った前原圭一と北条悟史を、たまに重ねあわせて見る事がある。
アニメ版では、前原圭一に頭を撫でられた辺りでL4くらいは発症していたと思われる(その辺から羽入の足音が聞こえていたため)。

なおPS2版・DS版では、目明し編に異なった終わり方がある。
前原圭一が園崎詩音を園崎詩音と見破ったために、精神が発狂した園崎詩音がその場で喉を掻き毟って死亡、園崎魅音が警察に保護される、という展開になる(PS2版はここまで)。
DS版では、その後前原圭一が謎の死を遂げている。これについてはまだ真相が解明されていない。

時軸的に綿流し編・目明し編より後になる罪滅し編・厄醒し編・皆殺し編・祭囃し編・澪尽し編では、「沙都子の事を頼む」という北条悟史の伝言を覚えているためか、あるいは綿流し編・目明し編の記憶があるためか、彼女と北条沙都子の仲は良い。
むしろ、お姉さんぶっているシーンが多々見られる。
(以上ネタバレ)





明日は「田上颯姫」「高倉美風」「橘京子」「高須竜児」「伊達クズリ」のうち、3~5名を紹介予定。
『た』で始まる人は多いので、もしかしたら予定が変更されるかもしれない。
まあ少なくとも、最初と3番目は確実に紹介するとは思うが・・・・・・
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/01/29 00:08 ] 学校生活(高校) | TB(0) | CM(1)

課題研究の発表で、ノベルゲーム。
…うわぁ。こういう時に、中学生と高校生の違いというものを感じますね。
[ 2010/01/29 18:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/636-8abd6fea











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。