FC2ブログ







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キミは泣いた後笑えるはずだからって言ったんだ

タイトルはとあるリトバスのボーカル曲(エンディング)より。

さて、
本日、百人一首の大会がありました。

高校三年生の私にとっては、高校生として最後に出場する事となる大会。
始まりの場所で、終わりの唄を―――そんな訳で、いざ、出陣です!

全4回戦いました。
結果から言いますと、高校生・中級の部(初級と中級しかありませんでした)で第3位となりました。
わおー、私おめでとー。・・・・・・うん、言ってて悲しくなりましたが。

(知らない方の為に、競技かるたのルールを)
・使用する札は50枚
・お互いに25枚ずつ取り、自陣に縦三列で並べる。横はだいたい87cm
・自陣を早くなくした方の勝ち(つまり、何枚取ったかは影響せず)
・とにかく読まれた札を競技線より外に出したら、出した人が取ったということになる
・自陣の札を取った時は何もしない
・敵陣の札を取った時は自陣の札を1枚送る。何を送るかは、送る人が決める
・お手つきをした場合、相手から1枚札を送られる


さて、試合はこんな感じでした。




<第一回戦>
圧勝:21枚差

なんかまだやり始めの人が中級に混ざっていたようです。
私的には別に何の意識もないんですが、他から見れば私は「全国区の化物」という扱いですので・・・・・・ま、まあ、ご愁傷さまってことで。

<第二回戦>
圧勝:17枚差

一回戦と少し変わった程度。
まだここまではよかったんですが。

試合はポイント制で、勝った人は勝った人と戦う事になります。
つまり、次に戦うのは、2連勝した人ってことでありまして―――

<第三回戦>
惜敗:4枚差

全国区の化物、登場。

かつて夏に共闘した―――広島県代表として共に全国大会に赴いた人が、敵に回りました。
しかも私、この人と何度も練習試合・大会試合をやってます。
とりあえず、組み合わせを決めた人を恨みながら、バトルスタート。

相手は初期の私とかなり似た人で、友札(「おおえやま」と「おおけなく」のように、途中まで文字が同じの札)を分けたりせず、お手つきさえ厭わずに、ただひたすらにとんでもない速度で突っ込んでくるような人。
耳に神経を集中して、音を聞いて、一文字目の読みに意識を合わせて、手を伸ばして、それで取れるか取れないかの世界。
どちらも連戦の疲れはありましたが、それ以前に相手が、前に見た時よりも早すぎる。
・・・・・・それとも、私が弱くなってしまったのでしょうか。
正解は、おそらく両方。

それでも取ったり取られたりを繰り返して、最終的には4枚差で負けました。

―――キミは泣いた後笑えるはずだからって言ったんだ

・・・・・・ちょっとだけ泣いたのは、秘密です。

<第四回戦>
勝利:9枚差

さっきの試合のショックがとんでもなく大きくて、やる気が全く起きなかったのですが、いつの間にか勝ってました。
私は落ち着いてやるのがいいのだろうか。




そんな訳で、結果は三位。
またしても賞状を頂きました。これで何枚目だろ・・・・・・






高校生としてかるたの試合に出るのは、これが最後です。
しかし人間ってのは弱い生き物で、特に弱い私は未練たらたらな訳でして。
またどこかで、競技かるたをやりたいな、と思ってます。



追記からはキャラ紹介。
今日の紹介キャラは、「桜野くりむ」「三枝葉留佳」「鷺沢一蹴」「坂上智代」。
「里村茜」は紹介するのが大変困難なので、諦めることに・・・・・・








桜野くりむ
(出演作品:生徒会の一存シリーズ)

生徒会長。3年生なのにロリ。身体的にも精神的にもロリ。ツンデレというよりわがままな子供。
成績優秀な生徒会の中で、並外れて成績が低い。秋の時点で進路が決まっていないという、高校3年生としてかなり致命的な状態。
だが、そんな彼女なのに、強いリーダーシップを持っている。生徒会シリーズの話の一行目は、(一部除き)常に彼女の名言(パクリであることが多い)から始まる。

可愛い物とお菓子が大好き。よく生徒会室に持ち込んでいる。
シャンプーをする時はシャンプーハット必須(アニメ版・漫画版)、寝る時は大きなぬいぐるみ必須(アニメ版・漫画版。漫画版では昼寝をする時と言っていた)という、もう典型的な子供である。子供と言うとムキになってキレるあたり、それもまた子供。
サンタクロースを信じてる・・・・・・のだろうか? あの話は私読んでないので分からない。

「生徒会の七光」の時点で、両親の話が断片的にしか出ていない。
アニメ版では父が旅館経営関係であることがほのめかされたが、その話がアニメオリジナルなので当てにならない。
一応、ちゃんといるというのだけは分かっている。が、どこかの話で、彼女がやけに子供なのを「親が親だから」と言っていた気がする。杉崎が。

(以下ネタバレ)
本編開始の一年前の春、杉崎鍵と出会っている。
杉崎鍵をエロゲ好きに導いたのは何を隠そうこの人。愛する人二人を傷つけて塞ぎ込んでいた杉崎に、彼女が「恋愛シミュレーションをやるといい」と言ったのが事の始まりだったりする。
(以上ネタバレ)



三枝葉留佳
(出演作品:リトルバスターズ!)

本作のヒロインの1人、なのにある人とセットで扱われる事が非常に多い。
初期称号:「お気楽 極楽 騒がし乙女」
テーマ曲:騒がし乙女の憂愁

ちなみに七瀬留美みたいに乙女にこだわるキャラでもない。

通称はるちん。クラスが違うのに、いつも直枝理樹のクラスに入り浸っているため、彼のクラスでは一種の有名人というか、そこにいて当然の存在になっている。
そして無類のイタズラ好き。廊下にビー玉をぶちまけて通行人及び追っ手の風紀委員を転ばせたり、その他様々なイタズラをする。その一方で、整備委員に所属しており、愛着のあるベンチを大切に整備するシーンもある。
ノリのよい口調。よく語尾がカタカナになる(例:「~ですヨ」)。

何かとイタズラばかりしているため風紀委員から目の敵にしており、冤罪をかぶせられた事もある。
マイペースが強いために、間違っている事は強く間違っていると言う人。なので冤罪をかぶせられた時は本気でキレかけていた。直枝理樹が仲介に入らなかったら、おそらく取っ組み合いの喧嘩になっていただろう。

(以下ネタバレ)
風紀委員長・二木佳奈多とは双子の姉妹。おそらく彼女が妹。
・・・・・・だが、これは実は、オープニングを見れば大抵の人が分かるようになっている。
それで分からなくても、エンディングで声優が同じという所を見ると、誰でも分かるだろう。
(まあ、そういう意味では、直枝理樹と棗鈴の声優が同じという点で混乱するかもしれないが・・・・・・)

しかし二木佳奈多とは生まれの親が違う。
正確には父親が違う。彼女らを産んだ母親の体内で二人の男性の精子が受精したため、父が違う双子が生まれることとなった。

そして間の悪いことに、彼女らが生まれた三枝家(二木家?)は厳格な名家で、双子の誕生を許さないような場所だった。この辺、ひぐらしの園崎姉妹と被る点がある。
それゆえに二人は昔からずっと比べられて生きてきたが、全体的に三枝葉留佳が劣等とされていたため、彼女は幼い頃から目を背けたくなるほどに酷い仕打ちを受けていた。
・・・・・・が、これにはある事情がある。それは二木佳奈多の欄で説明。

高校では自由に暮らしているが、彼女の両親的存在がいる実家へ、時折帰っている。
両親は本当に形式だけの両親で、真実を知っていながら彼女らに話していない。そして両親の役割しか行わないため、家族の温もりとか、そんなものはどこにも存在しない。
高校で必要以上に自由に暮らしているのは、そこが彼女のいるべき場所だと自負しているためか。

・・・・・・ごめんなさい。この辺の詳しい事情はイマイチ記憶にない・・・・・・

なお、三枝葉留佳ルートと二木佳奈多ルートでは、ある前提が決定的に相違している。
これも二木佳奈多の欄で説明する。

三枝葉留佳ルートでは、後半で二人が和解。「どちらがどちらから生まれた」などという事実を知る権利を放棄し、本当の真実を片方の親・三枝晶に聞きにいくことになる。
(以上ネタバレ)



鷺沢一蹴
(出演作品:Memories Off~それから~)

まず一言。私はこのゲームのメインルートをやっていません。だってメインヒロインが嫌いだから。

本作の主人公。付き合っていたいのり(名字が読めない)に一方的に別れを告げられる所から、物語はスタートする。
この手のゲームには珍しく(メモオフシリーズとしては定例化されているが)、交流性の大変広い主人公。鷺沢縁という妹がおり、バイト先の「カフェ・ならずや」にも多くの知り合いがいる。それ故にこの作品の個別ルート数が分かりにくいが、実際には5つ+隠しが1つだけ。カフェの常連客などは攻略不可能。

リトバスの直枝理樹とひぐらしの前原圭一を足して2で割ったような性格・・・・・・とは違うか。
もう覚えてないっす。やったのが1年以上前だから・・・・・・ごめんなさい。




坂上智代
(出演作品:CLANNAD)

本作のヒロインの一人。
テーマソングは「彼女の本気」。

高校2年生。物語が始まった年に転校してきた。
女子にしては腕っ節が異様に強い。不良の四人五人くらい無傷で倒せる。
が、彼女は「女の子らしくありたい」と思っているので、周りからカッコいいなどの賞賛を受けることはあまり喜んでいない。なんか七瀬留美と似てる。

かつて最強の不良狩りとして名を馳せていた。
月夜を背負った彼女の姿は、ただただ美しかった―――と、これは岡崎朋也が知っている噂みたいなもの。
噂自体はそんなに間違ってはいない。

彼女は光坂高校で、生徒会長を目指している。

(以下ネタバレ)
生徒会長にこだわる理由は、「坂の桜の木を守りたいから」。

彼女の家は両親が仲違いしており、事ある度に喧嘩していた。
彼女はそんな家が耐えきれず、結果、夜に不良狩りをやっていたということになる。
だが彼女の弟・坂上鷹文は、ずっとその環境で耐えていた。

しかしそれにも限界があり、ずっと喧嘩ばかりする両親が嫌になった坂上鷹文は、両親及び坂上智代の目の前で自殺未遂に走る(原作版とアニメ版でそのやり方が異なっていたはず)。
それにより両親は和解。家族に安らぎを得ることができた。

そうさせた坂上鷹文のために、坂上智代は「坂の桜の木を守りたい」と思う。
光坂高校に入学予定の彼と、共にその坂を歩きたいと思っている訳である。

原作版の彼女のルートでは、その夢が見事叶い、桜の木の下で二人佇むシーンが、ラストにある。
また、この際に恋仲になっていた岡崎朋也は、何かの職に就いているようである。

彼女が出演する作品は「CLANNAD」だが、その後日談として「智代アフター」という外伝的ゲームがある。
元は18禁のこのゲームは、岡崎朋也と坂上智代、そしてその他3人のその後の物語を描く。
人によって終わり方が賛否両論だったこの物語は、後にコンシューマ版として移植。ハッピーエンドも用意されたらしい。
(以上ネタバレ)





明日は「椎名深夏」「椎名真冬」「白野蒼衣」「白井黒子」を紹介予定。
うちのオリジナル小説から親和有希を紹介しちゃ駄目ですか? 駄目ですねそうですね。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/01/24 23:58 ] 百人一首 | TB(0) | CM(1)

お疲れ様です。
なんだか格好いいですね…、競技かるた。
白熱した戦いが目に浮かびます。
[ 2010/01/25 18:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/632-fc68eb0f











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。