スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

面倒だと思う前に、なんとかしようと思う自分

今日の学校1日のお話。

<1時間目:産業総合実習>
何をすればいいのか分からないのでとりあえずパソコン使って小説書いてた。

<2時間目:体育>
一つ目の角なら~目を瞑っても曲がれる~♪

少しはうまくなった気がします。テニス。

<3時間目:国語表現>
自分新聞を書け、というラスト課題。
頑張って書いた原案を家に置いてきたというドジをやらかしたせいで半分くらいしかできることがなかった。
その分人と駄弁ってたのでプラマイゼロ。・・・・・・プラマイゼロ?

<4時間目:数学Ⅱ>
指数対数まだもうちょい大丈夫。今度予習しておくか・・・・・・

<5時間目:地理>
前に自習とか言ってたのに自習じゃなかった件。
・・・・・・やろうと思ったことができなくて悲しい件。

<6時間目:ハードウェア技術>
なぜか3学期に中間考査がある不思議な教科。
とりあえず一通り勉強したところで、今日の授業で「やってないところがある」ということで、明日追加授業があり、その分範囲が増えるそうな。

面倒、とは思わないけど、まあなんとかしてみようか。






追記からコメント返事とキャラ紹介。
今日の紹介キャラは、「空目恭一」「ウミネコ」「初春飾利」です。






<コメント返事>
テン
あ、そういえば・・・・・・竹田千愛とか成立しなくなりますしね・・・・・・
修正しておきました。ご指摘ありがとうございます。



<キャラ紹介>
空目恭一
(出演作品:Missing)

「影」「人界の魔王」と、十叶詠子から称されている。
本作の解説役のような存在。

常に冷静で、欲というものが存在しない・・・・・・というか、現世離れしているような人。
本当に人なのか、と考えると、精神的な意味では本気で人外存在なのかもしれない。
オカルトの本ばかり読み、そっちの知識はやたらと詳しい。謎のFAXに対して眉ひとつ動かさず魔術儀式だと判断するなど、何かに動揺することが滅多にない。

そばにあやめを置いているが、彼としては彼女を道具としてしか扱っていない節がある。

その一方、探せば割と多くある二次創作では、よく木戸野亜紀とカップリングを成立させている。
・・・・・・稀に村神俊也とそういった仲になるものが見つかる・・・・・・いや全然稀じゃないか・・・・・・ものもある。

(以下ネタバレ)
小学生の頃、弟と共に異界へと攫われ、一週間ほど異界をさまよう。
その後、空目恭一だけが帰還。それ以来常に異界を望むようになる。
彼が常に黒い服を着るのも、「喪服は黒い服だから」という理由。

それ以来、「異界の匂い」(枯れ草に錆鉄を混ぜたような匂い)を感知できるようになる。
そのため、異界の神隠しであるあやめを普通に感知できた。逆に、その匂いを常にあやめから感知しているので、第5巻の事件の原因にすぐに気づくことができなかった。

後に魔女・十叶詠子の野望を阻止すべく動き、最終的にはあやめと共に異界へと「生贄」として導かれる。
(以上ネタバレ)




ウミネコ
(出演作品:天空物語)

港町シューベリーにいる孤児。
近い境遇の子供と手を組み、日々盗みを繰り返して生きている。

(以下ネタバレ)
最初は裕福なテンやソラに敵対心を覚えていたが、ホイミンに治療してもらってから心を許すようになる。
またシャクバに幽閉された時、命を賭けて助けてくれた2人を友達と認める。
以後、周りにテン達の話ばかりしているらしい。

第9巻で再登場。ソラを助けたいということで同行したいと言ったが、危険だからということでテンが断る。
けどその日の晩、2人で話をした結果、考えに納得し、テンを明るく見送った。

なお、実は女の子。
(以上ネタバレ)



初春飾利
(出演作品:とある魔術の禁書目録・とある科学の超電磁砲)

頭が花飾りの女の子。なんか季節によって花が変わっているという噂が。
レベルはおそらく1か2。風紀委員(ジャッジメント)に所属している。同じく所属している白井黒子とよく一緒に仕事をしている。
なお、能力がそう高くない点から、事務職的な作業をしている場合が多い。
ただ、超電磁砲1巻1話で誰よりも早く銀行のシャッターに気付いたり、後の話でカエルに仕掛けられた爆弾に真っ先に気付くあたり、洞察力は優れているといえる。

禁書目録には12巻で登場。白井黒子の代理として御坂美琴の前に登場し、密着してバイオリンを教えてもらうことで、白井黒子から敵意を抱かれたりする。ちなみにこの時の白井黒子はガチで怖かった。

佐天涙子とはクラスメイトで、良い友達。

(以下ネタバレ)
かなりのコンピュータの使い手で、一部からはゲートキーパーなどと呼ばれ、伝説の存在とされている。
その実力は目を見張るものがあり、ハッカーを撃退どころか罠を仕掛け捕らえるくらいは平気でやってのける。
しかも、最強の電撃使い・御坂美琴のハッキングを相手にしても、正気とは思えないような方法(御坂美琴曰く)で同じく撃退した(後に白井黒子から「やりすぎ」だと言われているが、真意は不明)。

15巻で垣根帝督に殺されかけた所を、一方通行に助けられている。
(以上ネタバレ)





明日は、「岡崎朋也」「岡崎汐」「大江湯女」を紹介。
余裕があれば、「御天崎切子」「桜沢みみな」「オーゼルグ」のいずれかも紹介するかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/01/18 21:37 ] 学校生活(高校) | TB(0) | CM(2)

空目ぇええええええええっ
あ、いや、すみません興奮しました←おい
好きなんですよねぇ、彼
あの冷静な感じがたまらなく素敵だと思うのです・・・
まぁ、ミッシングを寝る前に読むと
なぜか怖くなってしまい眠れないのが私ですけどねw
[ 2010/01/19 18:51 ] [ 編集 ]

今晩は。

えと…申し訳ありません…本文とは関係ないコメです…。
ホントすいません…。

えと、明日辺りに月影さんに便乗してブログ名を変えることにしました。

なので…リンクの訂正よろしくです…!
すいませんお手数をおかけしてしまって…。

ではでは、新しいブログ名は気まぐれ日和の毎日ですので…。

よろしくお願いします。
[ 2010/01/19 21:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/624-5aee7190











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。