スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「リトルバスターズ!」感想25・二木佳奈多(HappyEnd) ~仲間Ⅹ~

さて。
すごくいい話だったのですが・・・・・・






リトバスとしてこの終わり方はちょっと・・・・・・

Kanonの川澄舞ルートを彷彿とさせるエンドでしたが、リトバスは「仲間」がテーマなので、そこを離れてハッピーに、という終わり方はどうなのだろう・・・・・・と、ちょっと気になったりしました。

ただそれだけ。
それの他には、本当にとてもいい話だったと思います。

1人で去ろうとしたのはやっぱり二木佳奈多らしいし、そこをみんなで取り戻しに行くのも仲間らしいし、最後の立ち回りなんか、この人達を敵に回したら終わるな、と素直に思いました。

あと今回に限り、私が「棗鈴への執着」を捨てられる唯一の機会でした。

いつもは棗鈴と直枝理樹が結ばれるのが前提と考えるあまり、その話が納得いかなかったりするのですが・・・・・・あくまで「世界の一つ」と解釈するのなら、今回はまだ許せるなぁと。
まあ棗鈴があまりアクションを起こしていないからかもしれませんが。

世界の真相は・・・・・・なんか解釈次第ってところですね。
二木佳奈多が世界の真相を知ってるのは確定でしょうが。
そもそも三枝葉留佳は世界の真相を知ってるんでしたっけ? ヒロインズは知ってるのか知らないのか微妙なところなんですよね、誰もかれも。神北小毬は間違えなく何かを知ってるでしょうが。

そこのところは難しい。

それにしてもいい話だった。
欝になることがよくありましたが、いい話でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/610-cf9a12d8











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。