スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「リトルバスターズ!」感想15・棗鈴2 ~成長~

前半ラスト。棗鈴2周目です。
CLANNADの古河渚ルートの時如く、みんなのフラグを立てながら片っ端から折っていってもいいのですが、どこがキーの選択肢なのか分からないので今回はやめておきました。
最も、リトバスは1度やった話が2度できない、というシステムがあるみたいですが。








それにしても棗鈴がメチャクチャ強い。

笹瀬川佐々美には余裕で勝つし、謎の生命体も2回に1回は勝てるし、バトルランキングでも無敗だし・・・・・・
直枝理樹も成長するにはするんですが、バトルランキングで当たっていたら100%勝つ事ができなかったと思います。
直枝理樹が3位の時に、武器の相性で勝利することができた宮沢謙吾(1位)を倒して1位になったので、バトルランキングで1位エンドすることができましたが。

あと、野球試合にとうとう勝つことができました。

勝ってみれば意外と余裕でした。
棗鈴がほとんどの変化球(全部?)を習得しており、片っ端から発動してくれる。
守備のエラーが多々ありはしましたが、それ以上に打線が強かったです。

ここでも棗鈴の能力が凄まじかったです。
敏捷が平気で来ヶ谷唯湖に勝ってる。2人して、盗塁どころかホームスチールさえ普通に成功するという始末。
来ヶ谷唯湖に至っては、セーフティバントでも普通に塁に出られました。凄い。

そして試合中、直枝理樹がランニングホームランをたたき出すとか、神北小毬が2塁打をするとか、それとは正反対に男性陣が軒並み三振・フライばかりという、なんなんだアンタらとしか言えない試合展開でした。

試合勝利後のホットケーキパーティーでの、棗恭介の壊れっぷりが楽しかった。




さて、今はルートに入ったばかりのところ。
2周目で同じ道を辿ってるはずなのに未読ばかりです。その辺も、棗鈴の成長と言えます。

今日はもうちょっとやろうと思ってます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/596-4960cc2c











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。