スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

衝動買いっていいよね

先日よりのよくわからない、それでいて嬉しい現象により、サイトの方で500ヒット行ってました。
誰も申し出たりしないけど、とりあえずそろそろやっとくかということでキリ番小説をあげておきました。紅葉はアホです。


ライトノベル感想(1)
藤堂家はカミガカリ (電撃文庫)藤堂家はカミガカリ (電撃文庫)
(2008/02/10)
高遠 豹介

商品詳細を見る

ハテビトが人間を―― そう、たった二人の人間を守ろうとして何が悪い! ―――第14回 電撃小説大賞<銀賞>受賞作。

衝動買い万歳。

てなわけで、母より「妹」1巻2巻を買ってもらい(なんでかは知らない。買い物についていくだけで買ってもらえた。儲かりものだ)、金銭的余裕がある程度できたところで、何か面白いものないかな~と思いまして。
とりあえずジャケット見て、紹介文読んで、10ページ読んで、即購入。

ヒロインの名前とは全く関係がないのでご注意を。

さて、肝心の内容は。
ファンタジー万歳な、私としては読みにくかったり物語に入るまでが時間がかかったりするかと思いきや、細部は別としても簡単に理解できるものだった。
恋愛戦線は読みにくい―――とまあ、単純に考えればすぐに分かるとは思うのだが・・・・・・ともかく、それは今後を読んでいきつつ、例によってマイナーか公認か分かりにくいカップリングの応援でもしていこうかと。

あ、でも、たまに、恋愛関係にならないほうが輝く人たちっているけど。

これは3巻まで出てるのだが、まだそこまでは読んでない。ひとまず、1巻のラストの”夢”がいい雰囲気を出していたのではないかと思う。ただ・・・・・・ちょっとグダグダやりすぎたかも? あ、でも、それは地の文であり、内容そのものは非常に良かったと思います。はい。




ライトノベル感想(2)
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)
(2007/06)
入間 人間

商品詳細を見る

まーちゃん、世界で一番キミを××してる……。 嘘だけど。

少なくとも、私が知っている限り、ライトノベルで一番残酷かつ鬱な物語で、全物語の中で一番分かりにくい物語

みーくん一人称で書かれているからこその小説。そして、だからこその超がつくほど分かりにくい小説。これをもとに登場人物の心情を書けと言われたら何を書いても正解にならず、何を書いても正解になると思う。そもそも、出題者側が答えの成否を判断できないのでは?

内容は・・・・・・はっきり言ってグロ。というより鬱・・・・・・いや、違うな。なんというか・・・・・・おお、そうだ。

狂気

この一言に尽きる。とにかくまーちゃんの狂気っぷりが度を越えている。ヤンデレとかそんな言葉で括れるものではないが、ヤンデレというカテゴリを私に教え無理矢理に興味を持たせた作品なのも一つの事実。

この物語を作者云々で書くなら、表現力だの心情描写力だの言う前に、まず凄いという言葉しか浮かばない。何が凄いって、心情描写力といえばそうなのだが、それ以前に何もかも。よくこんなの思いついたなってそんな次元でもない気が・・・・・・

ああ、ヤバイ、これ見てると狂気染みた物語書きたくなってきた・・・・・・

そうそう、これは立ち読みしただけなので購入はしてません。来月に買う予定。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/01/04 23:14 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/51-5dc82e74











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。