スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アニメ感想 11eyes 第6話「心乱れて」

急に雰囲気が変わったというか、全てにおいてランクが上がったというか。
そして

―――保健室をメチャクチャにしたのは、誰?

・・・・・・ま、まさかなぁ。次回のタイトルから考えて、まだ、だよね?
・・・・・・・・・・・・第6話感想。








第06話「心乱れて」 1第06話「心乱れて」 2
前回、力を使ったことで倒れちゃった駆。
すんげー苦しそうというか、全身の細胞がやられててなんで生きてるんだよ・・・・・・

第06話「心乱れて」 3第06話「心乱れて」 5
第06話「心乱れて」 6
やっぱり水奈瀬ゆかさんは彼のことが心配みたいで。
そんな彼女をそっと抱きしめてあげる橘菊理さん。いい人だ。
過去に似たことがあったのかな? それとも・・・・・・

第06話「心乱れて」 4第06話「心乱れて」 7
第06話「心乱れて」 8第06話「心乱れて」 10
第06話「心乱れて」 12第06話「心乱れて」 14

で、問題の治療シーン。
服を脱ぐ必要がどこにー!?

これって陰陽師の術式っぽいですけど、私はこんなの見たことないっすね・・・・・・
魔術的な結果ならちょっとだけ知ってますが、これは全然。漢字1文字を次々に唱えていくという形式はよく見ますが・・・・・・

第06話「心乱れて」 11第06話「心乱れて」 13
第06話「心乱れて」 15
「入るな」と美鈴先輩に言われたらしいですが、それでも心配なゆかさんは、様子を見に行こうとします。
や、やめろー! とガチで叫んだバカが1人。それすなわち私!
(大アホ)

第06話「心乱れて」 17第06話「心乱れて」 18
翌朝。いきなりのことに驚く駆君。そりゃそうか(笑)
そういえばコレ、駆はともかく、美鈴先輩も裸を見られてるんですよね。よく平然としてられますね・・・・・・

第06話「心乱れて」 19

駆が目覚めたのと同時に、もう1度様子を伺いに来たゆかさん。や、やめろー!(リフレイン)

第06話「心乱れて」 20


でも、ご飯だけ置いて、引き返すゆかさん。よかったよかった―――

第06話「心乱れて」 21

よくねーっ!? 待て、早まるな!

第06話「心乱れて」 22
やめろーっ!!
(見ながらホントに叫んでました)

第06話「心乱れて」 23
見ちゃいました。
・・・・・・そりゃ誰だって誤解するって! なんというタイミングの悪さ・・・・・・

第06話「心乱れて」 24第06話「心乱れて」 25
第06話「心乱れて」 26第06話「心乱れて」 27
そんなことに全く気付かない日常シーンな人々。雪子ちゃん(こっちのモードはちゃん付けで呼ぶことにしました)の寝癖が面白すぎる。菊理さんも見た瞬間吹き出すくらい。
「寝癖が面白いです」うん、その通り。てか本人も見て笑ってるし。

そして、誤解されてることも気付かないまま、駆がゆかさんと話をして、それじゃあ学校行こうかってことになって。

第06話「心乱れて」 28第06話「心乱れて」 29
第06話「心乱れて」 30
あんたらわざとか!?

こんな2人の様子を見て、つい逃げ出すゆかさん。・・・・・・無理ないわ。本当にタイミングが悪すぎる。

ってことで、学校。

第06話「心乱れて」 31

百野栞ちっこ。

第06話「心乱れて」 32第06話「心乱れて」 33
第06話「心乱れて」 34第06話「心乱れて」 35
第06話「心乱れて」 36第06話「心乱れて」 38
第06話「心乱れて」 39
相変わらずだなぁ。アホはアホだし、あ、でもちょっと百野栞の態度が柔らかくなったかも?
つか無表情で「香央里さん、二発お願いします」ってどーかと・・・・・・そのまま実行する方もする方ですがまあ彼らはこんな感じってことで。

>第06話「心乱れて」 37

鼻ぶつけて涙目な百野栞。あ、そっちのキャラでしたか。

第06話「心乱れて」 43第06話「心乱れて」 44
学校の中。前回の「壁」について説明する賢久君。
・・・・・・だからそーいう人に行き遅れとか言っちゃ駄目なんだって。

第06話「心乱れて」 42第06話「心乱れて」 45
第06話「心乱れて」 46
一方屋上にて。ヤンデレ寸前なゆかさん怖いよ。
どうしたんだと、「俺が何をした」ととんちんかんなことを言う駆君に、ゆかさんは呼び方の違いについて指摘します。
そういえばいつの間にか変わってましたよね、駆から美鈴先輩への呼び方。その逆も。

そして、明らかに態度が変わったのが、あの日から、つまり治療した翌日からだという指摘。
・・・・・・タイミングがどこまでも悪いんですね。

誤解だという駆に、ゆかさんは「キスして」と言いますが・・・・・・
駆が思いっきり選択ミス。なんかゲームでもありそうな選択肢ですが、拒絶したことでゆかさん再び走りだす。

・・・・・・どーなっても知らないよ?

追いかけようとした矢先、赤い夜が襲来。今回もバトルが熱いです。今までよりずっと。

第06話「心乱れて」 47第06話「心乱れて」 48
今日もリーダーシップとして大活躍な美鈴先輩。いつの間にか、駆に刀を貸す関係になってたようです。それこそいつの間に。

第06話「心乱れて」 50第06話「心乱れて」 51
第06話「心乱れて」 52第06話「心乱れて」 53
第06話「心乱れて」 54
相変わらず単独行動の賢久君。共闘する日は来るんでしょうか。
しっかし楽しそうですねいやホント。この前ヒーローとか言ってた時に顔面焼いたのが来たみたいですが、「たいしたことない奴」とか称してますし。赤い夜に戸惑う人たちとは全然違うみたいですね。

第06話「心乱れて」 55第06話「心乱れて」 56
第06話「心乱れて」 57第06話「心乱れて」 58
中庭っぽいところまで出たところで、黒騎士襲来。なんだっけこいつ。二つ人格持ってる奴だよね?
美鈴先輩は駆・雪子ちゃん・菊理さんを先に行かせ、一人で立ち向かうことに。

第06話「心乱れて」 59

・・・・・・たまには勝とうよ・・・・・・

そんな美鈴先輩を見て、力を覚醒させようとする駆君。

第06話「心乱れて」 60

でもまだ体に馴染まないみたいで。
その隙に黒騎士が攻撃をしようとしますが、黙って見てるギャラリー(ぇ)じゃないらしく。

いつの間にか雪子さんになった雪子ちゃん(こうやって区別することにした)が、前々回のスピード戦闘を再び見せてくれます。

第06話「心乱れて」 61第06話「心乱れて」 62
私この人の戦いメッチャ好きだ。

大型の攻撃には、菊理さんが立ち向かいます。

第06話「心乱れて」 63
って強っ。

第06話「心乱れて」 64
このシーン、まるで彼女が天使みたいで、凄く綺麗というか印象的というか。
鎖ってのが変わってるけど、でもこれはいい。うん、絵的にいい。

そういえばかなり前半でも、駆君を助けるためにこの人、攻撃してますよね。
あの時は生々しいというかどことなく反則的だと思いましたが、あの時より随分と印象が変わったものです。

かくして黒騎士は逃げ、賢久君も向こうで頑張ってたらしく、戦闘終了―――




・・・・・・で、ボロボロのペンギンを落としていったゆかさんは、どこ?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/11/11 20:37 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/504-7285a25c











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。