スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AO行ってきたぜい

<今日読んだラノベ>
・イリヤの空、UFOの夏2(未読
・とある魔術の禁書目録9(既読)
・生徒会の四散(既読)
・生徒会の五彩(既読)
・とある魔術の禁書目録10(既読)

本日合計:5冊
累計:45冊

帰りの新幹線暇だったのでたくさん持っていってたくさん読んでみた。
・・・・・・さすがに、行きの新幹線ではそんな暇なかったが。

軽く感想を。
イリ空2巻、嘘つきや文学少女(前半)以上に理解できん・・・・・・あえて難解すぎるもの書いてるのか? 読み解けたら深いと納得できるのかなぁ・・・・・・

禁書はまあ相変わらずですね。
人の思いが打ち勝った、と言えばかっこいいですけど、やっぱりあのオチには納得いかないというか。

生徒会? 杉崎最高、あと知弦さんも最高。それ以外に何を言えと?

あと、これはこの五冊に関係ないのだが・・・・・・嘘つき8巻がどうにも読む気にならない。
理由は実際に手にとって見れば分かる。これで女版みーくんとにもうとでも出てくれればテンション上がって読めるが、正直、なんじゃこりゃ。






さて、AO受けてきましたよ。大阪まで。

・・・・・・初めて大阪にオープンキャンパス行った時、ものすごくドキドキしていたのに、今じゃ「ちょっと大阪行ってくるね」というレベル。慣れって怖い。

まあともかく。学校に自転車を置き、自宅から一番近い(学校から歩いて数分)駅へ。7時47分発の電車に乗り・・・・・・そこで、とある旧友がいたことが確認できましたが、もう彼女に関わることは不可能ですし、彼女の方から何か言ってくる気配もないので、意図的にスルー。

そして、1駅向こうで7時55分に降り、8時5分で新幹線:こだまに乗って福山まで。

さらに乗り換え。何分だったかはもう記憶にありませんが、新幹線:のぞみに乗って新大阪まで。
新幹線の中で必死になって面接の練習してたら、隣に座ったおばちゃんに話しかけられた。

おばちゃん「大学生?」

いや、どこをどう見たらそう見える。・・・・・・まあ、高校三年生と大学一年生なんて、大差はないかもしれないけど。

わたし「いえ、高校生です。高校三年生」
おばちゃん「そうなんだ。大変じゃね」
わたし「ええ、まあ。今日はAO試験で面接受けに行きます」
おばちゃん「京都?」
わたし「いえ、大阪」

まあ会話はこの六行で終わりなんですけど(厳密に言えばもうちょいあったけどまあいいや)ね。
その後、新大阪に着いた時、一つ礼をして降りました。どういう訳だか、私が新幹線に乗ると、たいてい親切あるいはフレンドリーな人と出会う。・・・・・・なんの運命だ。

新大阪に9時30分過ぎについてからは、「まあ10時30分に行けばいいんだし時間は余裕・・・・・・いや、もう行っておくか」と判断。これが後に成功を生む。

新大阪からは、地下鉄に乗って、御堂筋線(だっけ?)で心斎橋まで(6駅)、そこから鶴なんとか線で西大橋(1駅)まで行き、270円を献上。ミスって230円の切符買ってたからのりこし清算機使う羽目になったが。アレ使ったの初めてだ。

そのまま徒歩で移動。
一応、駅のトイレへ行き、数年前から大切な場面で繰り返しているお祓い(喪失物語のカバラのアレです。ご存知の方はピンと来るはず)を行っておき、いざ出陣!





・・・・・・やっぱり面接じゃなくて面談だった。





そもそも、面接官の人が最初に、

「就職試験とか、一般の面接と違って、態度や口調で考えることは全然ないから、リラックスして」

とか言ってる時点で、これがどういう試験なのか丸分かりだったりする。
(似たものを2度受けている人)

それでも一応面接なのだから、口調や態度に気をつけて・・・・・・いられたのはラスト以外。
その専門学校を志望する動機や、高校でやっていたこと、高校で何を勉強しているか、高校で好き・嫌いな教科は何か、自分の長所・短所は何か、専攻科目について独学とかしているか(私はモノカキしてるから、それを答えた。これが後々・・・・・・)・・・・・・えとせとらえとせとら。

クラブ活動については私の独壇場。喋ることがいっぱいあるぜー・・・・・・まあ、本番ではその7割しか喋れないというオチなのだが。だって緊張するし。

一つ一つの質問に対して、用意してきた答え、あるいはアドリブで喋り(私の口調から、用意してきたのか否なのか、すぐ分かるだろうなぁ・・・・・・)、最後に「何か質問とかありますか?」とか言われたので、とりあえず学科の就職に関する質問を。どういうわけだかえらく長くなった。

問題はこの後。

独学についての時、私が小説を書いていて、インターネットに掲載していると言った時。
「サイト教えて」と言われた。

・・・・・・これ、教えるのに、私がどんだけ躊躇したか。

だって恥ずかしいんだよー! 教えるのはいいけど顔真っ赤になるのくらいは許してー!

・・・・・・次会った時には、感想を教えていただけるようです。

ぎゃー!!






面接終わってからは、行きの逆ルート使って帰り(西大橋→心斎橋→新大阪)、カレーうまーとか言いながらカレー食べて、本屋行って、新幹線乗って帰った。

・・・・・・まあ、この辺は語ること無き。







さて、これで落ちてたら泣きますよ自分・・・・・・






<拍手返事>
タカハ11
応援ありがとうございます~。
試験は午前にあったので、時間的にはアレなんですが・・・・・・いえいえ、そのお気持ちがとても大切なのですよ。
いつも応援していただきありがとうございます。いやホント、励みになります。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/09/15 22:08 ] 学校生活(高校) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/429-9e5d22ac











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。