スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラノベ強化月間 感想「文学少女最終巻」

“文学少女”と神に臨む作家 上 (ファミ通文庫)“文学少女”と神に臨む作家 上 (ファミ通文庫)
(2008/04/28)
野村 美月

商品詳細を見る


「わたしは天野遠子。ご覧のとおりの“文学少女”よ」―そう名乗る不思議な少女との出会いから、二年。物語を食べちゃうくらい愛するこの“文学少女”に導かれ、心葉は様々なことを乗り越えてきた。けれど、遠子の卒業の日は迫り、そして―。突然の、“文学少女”の裏切りの言葉。愕然とする心葉を、さらに流人が翻弄する。「天野遠子は消えてしまう」「天野遠子を知ってください」―遠子に秘められた謎とは?心葉と遠子の物語の結末は!?最終編、開幕。

“文学少女” と神に臨む作家 下 (ファミ通文庫)“文学少女” と神に臨む作家 下 (ファミ通文庫)
(2008/08/30)
野村 美月

商品詳細を見る

「書かなくてもいい。ずっと側にいる」―そう告げるななせに救われた心葉。だが、そんな彼を流人の言葉が脅かす。「琴吹さんのこと、壊しちゃうかもしれませんよ」…そんな時、突然、遠子が姿を消した。空っぽの家に残るのは切り裂かれた制服だけ。心葉は遠子を追えるのか?露わになってゆく真実に、彼が出す答えとは?遠子の祈り、叶子の憎しみ、流人の絶望―その果てに秘められた物語が今、明らかになる…!“文学少女”の物語、堂々終幕。



とりあえず、外伝で期待できないのだけは分かりました。(←最後まで琴吹ななせを応援していた人。いや、今も応援してるけど)
・・・・・・この分じゃ二次創作も無理だろうなぁ・・・・・・仕方ない、短編集見て、それでもまだ求めるようなら、二次創作を頑張って探そう・・・・・・(←執念深い)






何はともあれ、最後の最後まで高尚すぎて、7割くらいしか理解できなかったとゆーか。

下巻中盤あたりまでと、下巻中盤からの展開の違いに少し戸惑いつつ、期待しては裏切られ(最後まで琴吹ななせを以下同文)、でもこれでよかったんだろうなぁ、と思う今日この頃。
しかし、少しは間をあけてほしかったかもしれない。どこかで救済措置を~・・・・・・

とまあ、妄言はともかく。

物語としては最初から最後までレベルが高すぎて、文学小説を途中で投げ出す人間には辛い展開だった・・・・・・のか?
ライトノベルというにはかなり作りこまれており、これなら100冊に選ばれたりラノベランキング1位を取ったりしてもおかしくないと思いつつ、ちょいと自信をなくしたりして。世の中、凄い人もいるもんだ。

外伝(というか番外編?)の伏線も思わぬ形で回収されてるし、まさかあれがキーアイテムになるとは・・・・・・と、意表を突く展開が多かった。特に後半。

あと、「神に臨む作家」というサブタイトルの意味が、色々と深くて面白かった。
神、というのがあの人のことをさしていて、作家、というのが誰を指すのか。現代で言うなら、過去で言うなら・・・・・・二つの物語が平行して現代に蘇っているので、なんとも解釈が分かれるというか、とりあえず私は現代の方を選びますね。






じゃあ後は、キャラ考察。

まず真っ先に、琴吹ななせさんを。
この物語で一番悲しい結末を迎えたのが彼女と提言すれば、それは嘘だと言われそうですが、私はこの人が物語の中で一番好きなのでそう言わざるを得ない。頼むから誰か救済措置を施してくれ。あまりにも可哀想過ぎる。
・・・・・・一応、短編2巻目で少し話に出ているらしいが、この最終巻を見た後、それを見てもなぁ・・・・・・まあいいや、たぶん誰かが書いてるとは思うから、なんとか探し出してみよう。

4巻から結構優遇されてたり、井上心葉の一人称物語でありながら色々と想いが描かれていて、気がついたら応援していたというか・・・・・・まさか最初の方を読んだ辺りでこうなるとは思うまい。



次。竹田千愛さん。
・・・・・・一発キャラじゃなかったんだ(ぉ いや、まさかあんな活躍するとは。というか無表情で首にカッター突きつけて死ぬと脅すとかマジでやめてください。想像してついブルっと震え上がっちゃいました。
まさかここまで物語を引っ張るとは。下巻最初のあれは例外として、最後まで流人のことを思ってたみたいですし。色々な意味で。
さすが、この物語で死をつかさどっていた人は尋常じゃないですね。




芥川一詩くん。
・・・・・・いやこの人こそ一発キャラでは(略
3巻以来、随分と心葉の味方をし、まさかの朝倉美羽と接点を持っていたばかりか妙な関係になっていたりしてびっくりだよ。
友達としては最高な人。それだけに、3巻で主人公張ったのが妙に思えて仕方ない。
・・・・・・まあ、あれから成長したっていう、典型的なポジションの人ですな。





朝倉美羽さん。
5巻の暴走っぷりと最終巻の状態のギャップが素晴らしい。おまけに、この物語の前半ではこの人のことがたくさん出ていたので、どうしても意外に思えて仕方ない・・・・・・けど、いい人じゃありませんか。
だが・・・・・・いやまあ、文句を言うつもりはないけど。
なんで言うこと言うこと過激なのさ。




最後に、文学少女と、その作家さん。

・・・・・・って言っても、この二人に関してはもう語ることはないんですけどね。最終巻の推理披露パートの心葉は正直かっこよすぎる。外伝であんなことになっても無理はないわな。

六年後のことはまあ・・・・・・なんというか。その過程が逆に気になってるので、何か思うところがあるという訳でもなく。
強いていうなら、あの六年後は私の希望を完全に打ち砕いてくれました。誰かそれを無視してでもパラレル書いてください(まだ言うかお前)。

なんつーかなぁ・・・・・・最後まで平行線をたどる二人かと思っていたら、やはり最初に思った通りの結末に至るし。だったら希望を持たせるなっつーの。・・・・・・いや、文句を言ってる訳でもないのだが。
これが正しい結末というのは分かりますが、それこそここにたどり着くのが奇跡すぎて・・・・・・逆に、バッドエンドを見たいというか、いや・・・・・・うん。えーと・・・・・・わ、私が変なことを言ってるのは理解してるけど・・・・・・まあ、そういうこと。

・・・・・・とりあえず上の妄言は無視して。

この結末はこの結末でいいと思います。希望さえ持たせなければ。
というか、この結末が、「”文学少女”シリーズとして迎えるべき最高のハッピーエンド」とでも申し上げましょうか。それにたどり着いただけだってのに、こんなに感動するのは何故なんだろう。

とにかく、六年後のエピソードだけは何とかしてくださいよ・・・・・・






最後に。

本編全部読み終えて・・・・・・某100冊に選ばれた物語は伊達じゃないなと。
自信を持って人に勧められます。割といろんな人に受け入れられると思います。最初に読み始めた頃は適当に思ってたくらいで、1巻読み終えて「なんか凄いな」という程度だったんですが・・・・・・今ではすっかり、著者そのものが神です(ぇぇ

だから、もし私の感想を見て、ちょっとでも読みたいと思った方。

損はしません。読んで損はしません。時間の無駄にはなりません。
是非読んでみてください。ライトノベルの中ではかなりレベルが高く、慣れない人は1巻見て投げ出すかもしれませんが、根気良く読んでください。途中から人の想いが加速し、涙なしには読めないこと間違えなしです。





・・・・・・ところで蛇足。

某100冊には、ライトノベルが4冊含まれている、と前言いましたが。

まず「狼と香辛料」は読んでないので考察不可能。
で、残り三冊、「”文学少女”と死にたがりの道化」、「生徒会の一存」、「涼宮ハルヒの憂鬱」について。

まあ文学少女はいいとして、なぜ残り2冊を入れるかなぁ。

生徒会は確実に場違い。あの物語は大好きで素晴らしいと思うが、こういうところに出てくるべき物語じゃない。で、ハルヒはもっと場違い。なんでそんな昔の物語を持ってくるのか。そして、あれは結構人を選ぶ物語だ。そりゃたくさん売れてはいるが、あれの魅力が理解できるのはそう多くはない・・・・・・と思うのですが。

そして、なんでそこに「とらドラ!」が含まれないのかが理解に苦しむ。
あれ、絶対合うと思うけど。恋愛物語というカテゴリに属し、途中からいきなり素晴らしくなる物語で、変な萌え要素とかもあんまりない。うーん、少なくとも他2冊よりは選ばれるべきだと思うけどなぁ・・・・・・

ついでだから、映画化決定したんだから、「半分の月がのぼる空」も入れてくれよー・・・・・・
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/09/09 21:40 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/419-c6892755











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。