スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

咲-Saki- 22話「約束」感想

<本日読んだラノベ>
なし

本日合計:0冊
累計:17冊

”文学少女”シリーズ第5巻を読んでいるのですが、私にはあまりにも重たすぎて、体調をガタ崩しにしてしまうという醜態。学校で読んだのが間違えだったか。

明日はジャスコに行きます。そろそろ電撃の新刊出てるはず。それと文学少女シリーズの第6巻・第7巻でも探しに行こうかと。






さてアニメ感想。







ステップ、というか。そんなに盛り上がる話では無かった気が。

まずは新キャラについて。
南浦(と書いて「なんぽ」と読む。変わった名字だ・・・・・・)さん。声が激しく合ってませんね、絵と。
その名前の通り、かどうかは分かりませんが、南場に強い人。絵はカッコイイのに声がどこまでも合わないというちょっと可哀想な人。

えー・・・・・・なんで最終回が近いアニメでこういうことやるのかなぁ。

まだ回収してない伏線が2つある状態で、どうして意味深な新キャラ出すのかなぁ。

残り枠から考えると、どれも回収せずに終わらせる気がするのは私だけでしょうか。
第2期やる気満々ですね。いや、やったら見ますけど、私は。





次。宮永咲のあの行動。

・・・・・・いや、正直やるとは思ってました。最初の話し合いの時点で「ひょっとしてアレやるんじゃ・・・・・・」と思ってたら、案の定。±が並ぶスコアボード。

・・・・・・まずそれが実行できたことについてはいいとして、そりゃ原村和は怒るわなぁ。
サブタイの約束ってそのことだったんすか。約束なんてなかったよなぁ、と思ったらそれがあったかこんにゃろ。

で、原村さんにより説得され、本気で打つことにした宮永さん。
・・・・・・この時点で、ぶちょーがこっそり聞いていた時点で、何が起きるか予測はできました。

とゆーか、ホントに百合が好きだな、このアニメ・・・・・・




で、2分後。予想どーりのことが発生。

宮永咲VS竹井久、まさかのガチ対決。

そういえば麻雀部の話が最初に出た時も、この2人は直接戦ってないんですよね。合宿の時に(片岡優希が嘆いて、竹井久が語りだしたシーン)では同じ卓で勝負したようですが、まあそれはガチ勝負という訳でもなく。

燃える展開になるぜー・・・・・・と思ったら、どうやらぶちょーはぶちょーらしくやるようで。

単騎待ち、とか、悪待ち、とか、問題はそこではなく。

いかにして、宮永咲のカンを封じるか。

しかも、同じ卓には、龍門淵の沢村智記(漢字あってる?)と、鶴賀の東横桃子がいたりして、竹井久の目論見に気付いたりして。

可哀想なことになってました。どんな包囲網ですか。

ところでその後の、東横桃子と加治木ゆみの海のシーン、あれ必要なんですか? ねえ百合を見せ付けてるだけじゃないんですか? 違いますか!?




あんまり語ることがない会だよなぁ。

でも、次回の「本気」は楽しめそう。福路さんも出てくるようで・・・・・・宮永咲がカンしてる光景もあったから、彼女も実力発揮しそうですし。

まさにサブタイどおりの勝負になることを祈っています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/09/07 22:56 ] アニメ感想 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/415-b9b00467


(アニメ感想) 咲-Saki- 第22話 「約束」

咲-Saki- 3 [DVD]クチコミを見る 個人戦2日目が始まった。 団体戦で活躍した選手が順当に上位へランキングされるなか、一人だけ聞き慣れない名前が浮かび上がる。それは、個人戦にのみ参加登録をしている平滝高校の選手だった。 やがて午前の闘いが終了し、ランキング...
[2009/09/08 02:02] URL ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。