スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

かなり久しぶりのアニメ感想 「咲 -Saki-」

ドラクエ9日記は今日中に1つか2つ書く予定ですわ。すわ~

こん前えらそーに感想語ってた作品、「咲 -Saki-」ですが、先日、アニメを見始めました。
今18話か19話かその辺なんですね。てっきり終わったものとばかり・・・・・・よし、これで次の20話あたりからはリアルタイムで感想が書ける(謎


んじゃネタバレ含みますから、感想は「続きを読む」からで。









さて、今のところ県予選決勝の中堅戦前まで見た(11話「悪戯」まで)んですが、まーこれの面白いこと面白いこと。
キャラクターが多すぎるために、さすがにキャラと声が合っていない人も結構いましたけど、それでもこれは中々面白い。県予選決勝で時たま入るシリアスがテンポ悪くしてるんじゃね? ってくらいに。
漫画だと上手く維持できてたのになぁ。

個人的に、「漫画からアニメになった作品」であり、「漫画を読んでいる作品」のアニメを見たのはコレが初めて(「けいおん!」は漫画読んでないし「ひぐらしのなく頃に」は漫画ベースではない。「らき☆すた」も漫画読んでない)なので、一般的なものか否か判断できませんが、おおむね漫画ベースで進んでるんじゃないかなと。その分入り込みやすいです。

特に、「ああ、このシーンは漫画でも強調されていたな」「ああ、この絵は漫画にもこういう風に描かれていたな」というのが、そのままアニメに反映されているのが気持ちいいというかなんというか。

しかも、アニメオリジナルの、5話「合宿」。原作ではすぱっと飛ばされていたものの、それでも2巻冒頭でカラーとして数コマありました。
それをベースに、あそこまで物語を展開できるのが素晴らしいです。それも、原作を壊さないように、上手くできているのが。

さらに、逆に考えると、大会中の「合宿シーンの回想」を長々としても逆に萎えることになる(アニメの場合は。原作は問題ないと思いますが)ので、あらかじめ時間を取りそうなところを全て合宿の話でやっているのが凄くいいと思いました。

オリジナルといえば、8話「前夜」の後半にもオリジナル展開がありましたが、こっちも世界観やキャラクターの特徴が上手くいかされていて、とてもいい話だと思いました。
特に部長の・・・・・・名字なんだっけ? ええい久さんでいいや・・・・・・の話は、原作ありましたっけ? あの辺記憶がないのであれですが、結構よかったのでは。

その後の、宮永咲と原村和の二人の会話なんてもう最高。蛍描くの上手いって(そこかよ

それから先の、県予選の話。
キャラクターが一気に増え、多方面の話があっちこっち飛んでいったので、確かにペースが遅くなったり、テンポが遅くなったという部分はあります。
特にアニメだと、1人1人のセリフを凝縮できず、「喋るのに必要な時間」が必要となってくるので、1話あたりのペースが極端に遅くなるんですよね。
仕方ないです。ただ、ギャグパートでは、会話中にも画面の端っこの方で遊んでいるのが(特に片岡優希)なんか面白い。ついそっちに目が行きがちだったり。






んじゃあとは、県予選・決勝の話。

まずキャラクターについて語りましょう。

風越の福路美穂子さん。とりあえず、登場人物だけで見ると一番好きな人。前言ったけど。
声が堀江さんだから期待したのに、なんかあってないというか・・・・・・原作より幾分か大人びているというか。もう少し幼く、それでいてお姉さんみたいな人だったような気がするんですが・・・・・・
アニメになっても10話「開眼」では笑わせていただきました。どっちかというと引き攣り笑いですが。誰かあれを止めてあげて周りが可哀想だから(ぉ

龍門淵の井上純さん。
原作では性別が分かりにくいほどに男っぽかったですが、アニメでは声がつくことで少し女っぽくなりましたね。でも不良的な口調と声は健在でしたが。
声が合うというか合わないというか・・・・・・中途半端な。
大会中の彼女の印象は、福路さんに後半ボロボロに負けているのしかないという・・・・・・ごめんなさい。

メインキャラクターその2・原村和。
原作とアニメで全く違うとさえ見えた唯一の人。あれ、あんな人だったっけ?
言うなら、原作では「気の強い、プライドの高い人」という部分が強調されてたけど、アニメでは「お嬢様な、上品な部分」が強調されていたような気が・・・・・・もちろん原作アニメ双方、彼女の性格はきちんと描かれているのですが、気のせいか強調している場所が違う気がするのは・・・・・・
気のせいでしょうか。声ですか。声がいけないんですか。

ちなみにメインキャラクターなのに余談という形で申し訳ないのですが、宮永咲は原作そのまんまでした。まあ、原作に比べて、アニメの方が表情豊かというか、その辺は原作が無表情すぎたって話ですけど。

メインキャラクターその5・片岡優希。
やっぱりアニメでもギャグ担当ですね。その分、県予選決勝・先鋒戦でのイメージが違いすぎましたが、これくらいの方がちょうどいいのでは。漫画のテンポが逆に早すぎた?
あと、ギャグパートでのはっちゃけぷりは爆笑を誘ってホントいいキャラですね。

あとは・・・・・・そんなものか。
脇役やチョイ役にもたまに追加セリフがあって、なかなかいい味出してるなあ、と思ってみたり。





テンポ、という視点で見ると、怖いのは県予選決勝・副将戦。
漫画ですら1冊まるまる使った話を、どうやって描くのか。どこかをカットしてテンポをよくするのか、あるいは開き直って3話4話使うのか。
その辺、ちょっと楽しみです。今までがいいアニメだったのでなおさら。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/08/12 15:49 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(2)

No title

戻ってきたんで一応報告を。

咲 -Saki-はあんまり知らないんですよね・・・
キャラには萌えるんですが、麻雀に興味がないっていう

[ 2009/08/12 19:50 ] [ 編集 ]

お疲れ様です?

お帰りなさい。

私は麻雀も結構好きです。最も、役すらろくに覚えていない超初心者ですが。ゲームでたまにやる程度。
ですが、興味があるということで、ストーリーも楽しめる、ってことで私はこのアニメを見ています。

キャラに萌える・・・・・・のは、まあ、私はそーいうことがさっぱりないので・・・・・・
[ 2009/08/12 23:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/377-2080f049











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。