スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「あらしふく」と「あらざらん」がよくお手つきする

今日も今日とてかるたやってます。

ただ、今日は体調不良だったので、1試合しかしてません。先生ごめんなさい。

さて、最近は15分の記憶時間で、大方どこに何があるか記憶できるようになりました。
それでもやっぱり前半はスロースタートですけど、狙った札は確実に取れる・・・・・・と思います。

ただ、いくつかお手つきばかりする札が。

例を挙げると、
「あらしふく~」(下「たつたのかわの~」)と「あらざらん~」(下「いまひとたびの~」)
「みかのはら~」(下「いつみきとてか~」)と「みかきもり~」(下「ひるはきえつつ~」)
などなど。

そして、
「つきみれば~」(下「わがみひとつの~」)と「つくばねの~」(下「こひぞつもりて~」)

この2つに至っては、なぜだか判別できない。

「つく」なのか「つき」なのか。
耳で聞いても頭に入ってこず、ほぼ確実といっていいほどお手つきをします。
対処法不明。どうしろと。




あと、ちょっとした面白ハプニングが1つあったので報告。

試合後半、相手の陣地に「あきのたの~」が、自分の陣地で「あきかぜに~」があります。

これは同じ「あき」なので、その次の文字を聞かないとどっちか分からないですよね。

ですけど、「あき」と言ったところで、私と先生、2人同時に手を出しました。





私は相手の「あきのたの~」へ。
相手は私の「あきかぜに~」へ。


双方、全く迷いなく。





結局、「あきかぜに~」だったので私のお手つきになってしまった(結果、2枚送られることに)のが悔しかったですが、どこかすがすがしかったです。私は守りがるたですから尚更です。 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/07/23 18:07 ] 百人一首 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/352-cf45dc75











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。