スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

とりあえずは感想だ。話はその後だ。アニメ感想#12(禁書目録)

アニメ感想
とある魔術の禁書目録第十二話「絶対能力レベル6

よっしゃあああぁぁぁ!(あ、いきなり壊れてる)

やってくれる。どこの会社か知らないがやってくれるっ!
さすが人気の御坂美琴編、ここまで来たら何一つエピソードを飛ばさずやってくれる! さすが原作感動シーン! やっぱりやってくれた!

いやもう、最初のちょっと変わった音楽が流れ出したところでついうるっと来たよもう。
それかろも・・・・・・ああもう上条さんが原作よりカッコイイ・・・・・・! 実際に動いた時の爽快感って何か違うね。御坂美琴の動作も凄いし、雷は上手く表現しているし・・・・・・
極めつけは声。
最初の方はなんとも思わなかったが、途中からああもう二人ともかっこよすぎる!

・・・・・・さて、ちょっと正気に戻ろうか。

何はともあれ原作3巻最大の見せ場―――の一つ前の見せ場、とは言うものの私にとっては原作全体での最大の見せ場と考えている戦い。御坂美琴と上条当麻、『戦いでない戦い』。
いやもう、今までのがアレだったため(今まで省略されたエピソードそこそこ多かったからなー)ちょっと不安だったけど、やっぱり分かってらっしゃる。原作でどこが人気を占めているかというのを。

まあ1巻のエピソードを重点的にしているのは仕方がない。あれが原点だから。
だから話の都合上、3巻のエピソードがちょっと短くなってしまうのは仕方がないこと・・・・・・ではあるけど、やはり量より質。随分と力を入れてらっしゃる。

今回は声優も凄い。
無論、御坂美琴もだが、上条当麻の渋い声もなかなかマッチングしている。普段どこか無気力に見える彼も、今回ばっかりはりりしいよ輝いて見えるよ。

あとは・・・・・・ラストのちょっとしたオマケは意外だった。まあ、ここまで進めてないと次はやりにくいから仕方がない。あの時の鈴の音っぽい効果音がとてもよかった。

追記。
最初の超能力云々のシーン、あれは時間合わせですか。
つか、姫神さん・・・・・・さり気なく肉を取っては食べ取っては食べ・・・・・・腹黒いな。



□ ■ □ ■ □



はてさて、アニメがあまりに秀逸だったため初っ端から壊れておりますが、まあそんなわけです。

一応、他のことも。

本日、危険物取扱者試験がありました。
名前はこれですが、実技ではなく筆記の方です。これは乙種の1~6類まで分かれており、最初に4類をとればあとは1~3、5、6類のどれでも受験をしていいというシステムであり、一度の受験で二つまで受けられるというシステムであります。
私は乙4類と乙5類は習得しているので、今回は2類と6類。

ただ、今回はまたも無勉強に等しい。

とにかく最近は忙しく、まともに勉強もしていない。乙6類は前回乙5類と一緒に受けて惜しくもすべってしまったものだから予備知識はあるけども、2類にいたっては何もない。
一応、基本的なものは記憶しているので、全く歯が立たなかったわけでもない。

問題そのものはある程度簡単で、運がよければ受かってるし、運が悪ければ落ちてる。そういうギリギリなところ。
人間、この場所が一番落ち着かないですよね。落ちるって分かっていればどこかすっきりするし、受かるって自信があればそれはそれで忘れられることだけど、こういう「どっちつかず」だと、どうしても気にしてしまうというのが人間であり私です。

合格発表は、年明けの1月14日・・・・・・くらいだったと思います。

さて、どうでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/12/21 22:05 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/35-adccfc1f











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。