スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

三十三の謎 其ノ参拾参「あなたにとってひぐらしとは何ですか?」

さて、本日未明に事件が発生しちゃうんでしょうか?





あーなるほど最後はこう来たか。

私にとっては・・・・・・私の知ってる数多い物語の一つに過ぎないといえばそこまでですが、それでもいろいろなことを考えさせてくれた作品ではあると思います。

ミステリー要素は結構好きだし。

あと、罪滅し編だけは私の価値観と感覚を一転させてくれたのではと。あの物語は永久に不朽だといっても過言ではないでしょう。

まあ、やっぱり「仲間」だの「協力」だの、罪滅し編あたりから強調されてきたので、この作品を一言で現すとしたら、それこそ「絆」でしょうか。







そういえば・・・・・・今まで「ひぐらしのなく頃に」という作品をご存知でない方は、この三十三の謎系統の日記に、大変退屈されていたかもしれません。

しかし、私がこうやってスペースを割いてまで話すような、そんな作品である事は理解してください。

・・・・・・いや、そういうと私が偉い人みたいになっちゃうんですけどね。

実際、この「三十三の謎」というものを日記として書いていくのは、結構な苦痛を伴う作業ではありました。
時間も結構とられました。
この日記を書く間に一つの短編小説でもあげていれば、今頃二作品くらいはできていたでしょう。
・・・・・・私の書く小説に、どれほどの価値があるかは別として。

でも、それだけ、皆さんに伝えたかった・・・・・・のかもしれませんね。今考えると。

ま、そんな私です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/312-46880b56











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。