スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

CLANNAD#44 AFTERSTORY:Second Stage ~漢~ & Last Stage ~町~

色々なことがありましたが、ようやく終わりました。





最後の曲、曲だけで大泣きしました。

伏線を微妙に残したまま終わったのですっきりしない部分はありましが、これについては考察サイトを見て、それで納得。半分くらいしか理解できなかった私に万歳。あほーめ。





とりあえず二周目について。

短すぎる。何を語れってんですか。結局、古河秋生がカッコよすぎってことが再確認されただけじゃないっすか。

・・・・・・でもさ、あのCGはいくらなんでもカッコよすぎるにも程があるってマジで。いやホント。




三週目について。

どこが分岐点なのか最初迷い、結局、「古河秋生の話にいくかいかないか」の選択肢からやり直しました。
誕生編のかなり最後の方っすか・・・・・・分かりませんよそりゃ。
最初焦りましたもん。何か忘れたのかって。

分岐してから、長いムービーがあり、夢見ていた幸せな顛末に。朋也も渚さんもお幸せに・・・・・・

結構あっけなく終わりました。
それもそうですね。誕生編さえハッピーで乗り切れば、あとは幸せな物語のみです。ここから先はプレイヤーの想像に任せちゃってもいいと思います。だからこその二次創作、DNML作品の数ですから。

ただその前に。

エンディングで大泣きしたゲームが今までにあっただろうか。

曲「小さな手のひら」・・・・・・でしたっけ? あれ反則です。なんでリズムが「渚」と同じなんですか。
泣くって、普通に泣くって。あと後ろのCG! なにあの「とりあえずお前ここまでやったなら泣けよ」的なのは!?

もちろん大泣きしましたけどね!

エピローグについては、やっぱりふうちゃんですか。あんた結局いいとこどりですか。
こうなると、伊吹風子シナリオの存在が分からなくなります・・・・・・
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/06/07 21:22 ] ゲーム(全般的に) CLANNAD | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/293-0b698143











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。