スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

螺・罪滅し編(2) ~食い違い~

あのねー。

「見えない何かに怯える夜 2nd edition」やら「彷徨いの言葉は天に導かれ」とか使ったらアルケミスト株大上昇、とか私は思ってたわけよ。

だが、

それ以前に、ちょっといいですか?






真面目に作れや。


何が問題かって、まず初回プレイでは強制バッドエンドに送られます。
校舎爆破エンドですね。祭のアレ(私は知らないけど)よりも悲惨な終わり方をします。

で・・・・・・これをどうにかするには、「宵越し編」をクリアしなければならない訳です。
・・・・・・この瞬間キレそうになりました。・・・・・・待て、なんでそうなる!?

と、まあここまではいいんですよ。だったら宵越し編をやればいいだけで、現に私、この後宵越し編をやってます。プレイレポ書いてるからよかったら見てやってくれい。

ただ、もっと大きな問題が一つ。「レナの異変」から、初回プレイだと「・・・いや、考えすぎだろう」へ飛び、その後いきなり「レナの訪問」→「レナから電話」→「レナの篭城B」→「校舎爆破」で物語が終わります。

そう、

竜宮レナから追跡されているという相談を受けた次のシーンが、篭城事件前夜の、竜宮レナとの会話シーンなんですね。

もちろん、途中の寄生虫の話やら鬼隠し編の話やら、その辺は全て吹っ飛んでるわけです。

にも関わらず、

前原圭一が、あたかもそこを通ったように会話している。

あのなぁ、罪滅し編初めての人には何がなんやらさっぱりですよ?





・・・・・・ということで、あまりに酷いこの現象に、滅茶苦茶怒ってる私でした。

あ、ちなみに、プレイ情報書いておきますね。



<プレイ情報>
「部活の後」
TIPS『いいお天気』

「思い出と今」
TIPS『夏休みの絵日記』『雨雲の予感』

「変わる生活」

「虚構と真実」
TIPS『お見積書』

「決行・1」

「決行・2」
TIPS『お気に入りの飲み物』

「幸せへの努力」
音楽:Thanksが流れます

「差し伸べられた手」
音楽:cradle songと、曲名不明の原作曲、Thanksが流れます
CG1枚(夕焼けに叫んでいる竜宮レナ)
TIPS『営林署便り』

「祭りの夜」
ここから竜宮レナ視点が増えてきます。既に字が真っ赤・・・・・・
TIPS『昼の出前リスト』

「スクラップ帳」

「レナの異変」
初回プレイ時、強制的に「・・・いや、考えすぎだろう」へと向かいます





「レナの訪問」
初回プレイ時、「レナの異変」→「・・・いや、考えすぎだろう」→「レナの訪問」へと話が進みます

「レナからの電話」
(「・・・いや、考えすぎだろう」を通っていると、前原圭一が知恵先生と共に向かうことに)

「レナの篭城B」

「校舎爆発」(BADEND)
TIPS『大災害』
宵越し編ゲート解除
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/275-d5ed08ee











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。