スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

久しぶりに感想を。

電波女と青春男〈2〉 (電撃文庫)電波女と青春男〈2〉 (電撃文庫)
(2009/05/10)
入間 人間

商品詳細を見る


E.T.ごっこして自転車で宙を駆け抜けた夜を経て。布団ぐるぐる電波女の藤和エリオが、ついに布団を脱ぐ決意をした…のはいいんだが。なぜ俺の傍を離れないんだ?え?バイトの面接に付きあえって?そしてなんでお前は、生まれたての雛が親鳥を見るような目をしてるんだ?うーむ、こつこつ貯めた俺の大切な青春ポイントが、エリオの社会復帰ポイントに変換されている気がする…。しかもそのエリオの脱電波系少女ミッションが一人歩きして。天然健康少女のリュウシさんとコスプレ長身美人の前川さんが俺の家に遊びに来たり(しゅ、しゅらーば)、みんなでロケット遊びしてる最中、女々さんの秘密と遭遇したり…。

とりあえずその表紙を止めな(略




本自体が結構厚く、全8話、それもそのうち3話は御船流子(りゅうこ)さん・前川さん・藤和女々(めめ)さん視点の話と、ちょっと複雑ではありましたが、とてもいい作品だと思います。

ギャグをベースとして(でも吹っ飛びすぎない程度に)、その中に真剣な話を混ぜる・・・・・・まさに、「シリアスをコミカルに解決する」話だと思います。
嘘つきを書いた人と同じとは思えないくらいに。
なお、本文中の嘘つきのパロディには抱腹絶倒です。

気になるのはプチ修羅場・・・・・・とかじゃなくて、恋愛関係でしょうか。

1巻から発展しすぎた、といってもいいくらい、今回は恋愛話が進んでます。特に流子さん。バスタオル一枚で飛び出すのはどうかと思いますが単に他二人が非常識すぎるだけ?
・・・・・・前川さんは違うか。

視点が変わった時の物語が・・・・・・感情論で言えばちょっと余計かと思いますが、物理論、物語的に見ればこれは必須なんですよね。特に前川さん視点の小話は。
流子さん視点の話は本編そのまんまなので、対して変わらないのではと。恋愛物語にしていくなら、この辺は必要でしょうか。

藤和女々さんの話は・・・・・・な、なんだかなぁ。全体的に色が淡いのでなんとも言えない。

とりあえず、伏線を全て回収していくあたりが上手いと思う。何もかも隠していくみーくんと違って、こっちは素直な物語ですねいやホントあっちが複雑すぎるんだ。

ま、それはともかく。

1巻の時は藤和エリオ中心の話で、今回もアルバイト云々あたりは彼女中心の話ですが、それとは別に、前回脇役レベルだった二人を中心とした話、何より女々さんの話が深かったように感じます。
3巻が出るならば、一体どういう話になるんだろう? また新キャラが出るのか?





淡々とした、それでいて深い物語を好みの人・・・・・・そうですね、例えば「キノの旅」のような静かな物語が好みの人や、「はにかみトライアングル」「司書とハサミと短い鉛筆」などのように笑えるところとそうでないところが区別されていて、それでいて全体的にやっぱり静かな物語が好きな人。
そんな人に、おすすめかもしれません。

でも、笑えるところは笑えますよ。元ネタさえ知っていれば。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/05/13 22:14 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/244-72097850











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。