スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

CLANNAD#24(伊吹風子編:HappyEnd) ~一緒に~

違ってた。

誰かが幸せにならない?

―――そんなわけがない。

皆が幸せになる。それが、ハッピーエンドなのだから・・・・・・




涙腺? 何ソレ?

前回の藤林杏編では最後にぶわっと来ましたが、今回は春原が風子を忘れた辺りからラストまで泣き続けてました。もう途中から声を上げて泣いて、それでも足りなくて顔をマットに埋めたりおいおい泣いたり、ちょっとした物語で20分くらい持っていかれたような気がします。

なんだか、なんというか・・・・・・彼女が、頑張りすぎた。

だからこそ生まれた結末。皆で幸せを祈る結末。そして、最後の・・・・・・

最後の、彼女。

・・・・・・うああああ。駄目だ、マジでこれ駄目だ。シリアスすぎて泣けすぎる。前半の爆笑から後半までの反転がうにゅうとかうぐぅとかよりよっぽど酷い。その分泣ける。もう前半の物語が嘘のようだ。

私の知りえる限り、1、2を争うほどのシリアスストーリーだと思う。
これに匹敵するとしたら・・・・・・5年か4年前に見つけたとある二次創作くらいか。あれ見た時は泣きはしなかったが、1週間くらいふさぎ込んでいた。

今回はふさぎ込んだりはしないけど・・・・・・メチャクチャに泣きました。はい。泣きました。

ついでに一言。渚さん、あんたエエ子や・・・・・・







ただ、この話、ちょっとずれたところがあるような気がする。

まず、CLANNAD最強の涙腺爆破曲「Ana」が、確実に遅い。それと関連して、最後の生徒が出てくるところが、あまりにあっさりとしすぎている。

あそこで少しの間を持たせて、画面を真っ白にして、それから曲流しつつ生徒を出したら、もっと感動できると思う。

・・・・・・まー、たったそれだけ。曲がちょっともったいない使われ方してるなって思っただけで、結局は号泣したことには変わりないです。

ところで、CG足りないのは・・・・・・?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/04/21 19:23 ] ゲーム(全般的に) CLANNAD | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/214-9dbab0e2











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。