スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アニメ感想「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」 第3話「ぶらなし」

<あらすじ>

古い学生寮で一緒に暮らす秋子、秋人、アナスタシア、銀兵衛、嵐たち。秋人は、学生寮の修繕や、掃除など、なりゆきで管理人の仕事にてんてこまい。ある時、アナスタシアが秋人を自室に招く。アナスタシアの部屋は、散らかっていた。引っ越したダンボールもそのままだ。そこで、アナスタシアは驚愕の告白をするのだった……。

(公式サイトより)






はあ!?



……えー。

何に驚いているのかというと、「2巻3巻のショートエピソードを細々と進めていくだけかと思っていたら、なんかアナスタシアさんの6巻フラグが立っていた、これは期待」と思っていたら、「って1巻の告白エピソードねじ込んできたし!?」ってことです。
原作既読者なら誰でも驚いたのでは? すっぱりスルーされた1巻の内容がいきなり放り込まれたのだから。

これ、6巻のアナスタシアさん視点の話を知っているか否かで、かなり意味合いが変わってくる上、先に2巻3巻のショートエピソードを見ていると、曲解して見てしまうかもしれませんが……そもそもアニメでその辺りを上手くやるのは相当難しいでしょうし、これはこれでいいのかもしれません。
まあ、個人的に6巻エピソードが結構に衝撃的だったので、不満といえば不満ですが。

まぁ何はともあれ、アナスタシアさんが可愛かったからなんでもいいや。



……ところで今回、「○○○○○の○○」っぽいネタ、いくつか紛れ込んでませんでした? 中の人的な意味も含めて。
こんなこと思うのは私だけかなぁ……。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/10/20 04:54 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1897-d187fc5c











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。