スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴァイスシュヴァルツ:ブースター「Rewrite Harvest festa!」全カードコメント

「前みたいに総評を述べるのもいいけど、前作もあるし、絡ませていくと面倒だよなぁ」
「でもせっかく発売するんだし、公式でもカードリストが作られた。何かやりたいなぁ」
「あ、そうだ」

「全カード紹介・コメントでもやろう!」



※メチャクチャ長いので、ご覧になる際はお時間に気をつけて。
※真面目のようなそうじゃないような。





<黄色のカード>

「“親愛なる探求者(クアエシトール)”小鳥」
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー9500、黄
<植物><オカルト>
レアリティ:RR&SR
永:他のあなたの<植物>のキャラが2枚以上なら、このカードのパワーを+1000し、ソウルを+1。
自:このカードが手札から舞台に置かれた時か『チェンジ』で舞台に置かれた時、あなたは2枚まで引き、自分の手札を1枚選び、控え室に置く。


小鳥レベル3。前回と違いチェンジ前がいるし、チェンジ前がシナジー5枚削りができるので、枚数を調節すればほぼ確実にチェンジできる。
舞台を小鳥で埋めれば10500となる上、今回は黄色による4000カウンターも登場したので、2つ目の能力で引ければ強い。
同じ<植物>対応カードとして、「“森ガール”小鳥」とかと絡ませるのもいいかも。


「“いたずらなキス”ちはや」
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、黄
<お菓子><オカルト>
レアリティ:RR
※ゲーム内CG:ちはやルート1枚目
自:[1 手札を1枚控え室に置く]このカードがアタックした時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたのキャラすべてに、そのターン中、パワーを+500し、ソウルを+1。
自:この能力は1ターンにつき1回まで発動する。このカードが手札から舞台に置かれたターン中、このカードの与えたダメージがキャンセルされた時、あなたは相手に1ダメージを与えてよい。 (ダメージキャンセルは発生する)


相変わらずバンプとかが得意なちはや。今回は直接ダメージを与える型。ソウル+2のCXと絡ませてしまってもいいかもしれない。


「“公認カップル”ちはや」
レベル1・コスト0・ソウル1・パワー5000、黄
<お菓子><オカルト>
レアリティ:R
自:[1]このカードがアタックした時、クライマックス置場に「みんなで水遊び」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは相手のキャラを1枚選び、手札に戻す。


対応CXは前回でいう「天王寺 瑚太郎」がシナジーしていた「みんなでガーデニング」ポジション(ちはやルートというのも同じ)なのだが、能力は1コストバウンス。
朱音二段階チェンジデッキにとっては恐ろしいことこの上ないが、ちはやレベル3に対しては、良いコストとなってしまうかもしれない。


「“カリスマ魔女様”朱音」
レベル2・コスト1・ソウル1・パワー3500、黄
<魔法><オカルト>
レアリティ:R&SP
永:応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+1000。
自:あなたか相手のクロックが、自分のカードの効果で控え室に置かれた時、そのプレイヤーは自分のストックの上から2枚を控え室に置いてよい。そうしないなら、そのプレイヤーは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。


回復中心低スペックデッキ乙。


「“最高の祝福”小鳥」
レベル2・コスト1・ソウル1・パワー7000、黄
<植物>
レアリティ:R
※ゲーム内CG:小鳥ルート5枚目
自:このカードがアタックした時、クライマックス置場に「交わった気持ち」があるなら、あなたは自分の山札の上から5枚まで見て、<植物>か<オカルト>のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加え、残りのカードを控え室に置き、そのターン中、このカードのパワーを+2000。
自:チェンジ [2 このカードを控え室に置く]あなたのアンコールステップの始めに、このカードがレストしているなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「“親愛なる探求者”小鳥」を1枚選び、このカードがいた枠に置く。


どうせチェンジするなら関係ないかもしれないが、この小鳥は<オカルト>を持っていないので注意。
<植物>と<オカルト>デッキを作るなら、留意しておく必要があるかも。
ついでにいうと、前作の小鳥は大半が<オカルト>を持っていない(特に青色の小鳥は)。


「“目覚めの一杯”咲夜」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー500、黄
<執事><メガネ>
レアリティ:U
自:この能力は1ターンにつき1回まで発動する。あなたが『助太刀』を使った時、あなたは自分のバトル中のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+500。
自: 絆/「“みんなとお揃い”ちはや」 [1] (このカードがプレイされて舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「“みんなとお揃い”ちはや」を1枚選び、手札に戻す)


きゃーいけめーん。

絆先のちはやは2000助太刀なので、このカードがいれば2500助太刀となる。
だがそれ以前に、このカードがレベル0なので、別タイトルにあるレベル0助太刀と絡ませると1500・ノーコスト助太刀となる。それはそれでありかもしれない。


「水着の井上」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー1000、黄
<新聞><カメラ>
レアリティ:U
永:あなたのターン中、他のあなたの前列の中央の枠のキャラに、パワーを+1000。
起:集中 [1]あなたは自分の山札の上から4枚をめくり、控え室に置く。それらのカードのクライマックス1枚につき、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、ソウルを+1。

ソウルが欲しいならこのカード、パワーが欲しいなら「“地球委員長”ルチア」、サルベージしたいなら「お風呂上りの朱音」で。

<新聞>持ってるし、某お寝坊妹と絡ませて超デッキクラッシャーデッキを作ってみないかい?
……そんなこと考えるのは私だけですかそうですか。いや、私もやらねえよ。


「“敏腕高校生記者”イノウェイ」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー2000、黄
<新聞><カメラ>
レアリティ:U
自:[2]このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたのキャラすべてに、そのターン中、ソウルを+1。


ソウルバンプが大好きな井上。ソウルが燃え滾っているということですか。


「“正直な気持ち”小鳥」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー2500、黄
<植物><オカルト>
レアリティ:U
※ゲーム内CG:小鳥ルート2枚目
永:あなたのターン中、他のあなたのキャラが2枚以下なら、他のあなたのキャラすべてに、パワーを+1000。


「縁日でデート 小恋」のような何か。いちゃらぶしているという意味でも同じような何か。


「“バカンス気分!”小鳥」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー3500、黄
<植物><オカルト>
レアリティ:U
永:あなたは自分のクライマックスフェイズに、クライマックスを手札からプレイできない。


「くんくん クド」と同じ能力。特徴はどっちが使いやすいか。

ちなみに小鳥と静流だけ、水着立ち絵のカードが2枚ある。
愛されてるねえ。


「“ニートのこころ”朱音」
レベル1・コスト1・ソウル1・パワー6500、黄
<魔法><オカルト>
レアリティ:U
起:[1 このカードを控え室に置く]あなたは自分のキャラを1枚選び、手札に戻す。


「リレミト!」


「“ヨッシーノの理想”スーパー吉野」
レベル2・コスト1・ソウル1・パワー7500、黄
<不良><覚醒>
レアリティ:U
永:あなたの手札のイベントの「マッハナックル・コンマゼロ」に、カウンターを与える。
自:この能力は1ターンにつき1回まで発動する。あなたがイベントをプレイした時、そのターン中、このカードのパワーを+2000。


誰がこいつのカード化を予測していたよ。……いや、結構いる気がする。
スーパーなんちゃら人を思わせるド派手な絵柄の割に、レアリティUと悲しい1枚。所詮、吉野は吉野だった。
いや、だからといってこんなんがRR&SPで出てきたら大爆笑・大激怒するけど。


「“まさかの不覚”ちはや&咲夜」
レベル2・コスト2・ソウル2・パワー8000、黄
<お菓子><執事>
レアリティ:U
永:あなたのストックが5枚以下なら、このカードのパワーを+1500。


<オカルト>を持っていないので注意。

ストックが一定以下ならパワー9500になる……が、同条件なら「鳳 咲夜」でやった方が早いような気もする。
同じような条件ということで、「体操着のシャルル」みたいなカードと絡ませるといいかも。あっちはアンコールだけど。
それと、1コスト助太刀・カウンターイベントをストック6枚の時に使うと、助太刀の分に加えパワーがさらに増大するので、もしそういう状況になったら気をつけましょう。


「“二人の未来”瑚太郎」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー1000、黄
<超能力><オカルト>
レアリティ:C
※ゲーム内CG:ちはやルート4枚目
永:応援・このカードの前のあなたのキャラ全てに、パワーを+500。


せめてちはやと絆とか、ちはやに対応してバンプとか、ちはやにバンプするとか、そういうことをしてほしかった。


「“二人の未来”ちはや」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー1000、黄
<お菓子><オカルト>
レアリティ:C
※ゲーム内CG:ちはやルート4枚目
永:他のあなたの<お菓子>のキャラ全てに、パワーを+500。


瑚太郎関係ないじゃないですかやだー!
ということで、別タイトルになりますが「前のめりに元気! 春香」の起動能力でコタさんに<お菓子>を与えてあげましょう。


「水着の小鳥」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー3000、黄
<植物><オカルト>
レアリティ:C


wikiでもなんでもいいので、タイトル内のカードリストを見てほしい。そして次に「水着」という単語で検索してみてほしい。
「水着の~」というカードは多数ヒットするのに、特徴<水着>を持っているキャラが1枚もいないのだ。
ちはやを見習え!


「水着の朱音」
レベル1・コスト0・ソウル1・パワー4500、黄
<魔法><オカルト>
レアリティ:C
自:このカードがアタックした時、あなたは他の自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500。


汎用バンプとしてはかなり使いやすい。アンコール付加とか「“散る桜の宿命”咲夜」などでサポートして繰り返し能力を使ってもいいかもしれない。


「“小さなしやわせ”小鳥」
レベル1・コスト0・ソウル1・パワー5500、黄
<植物><オカルト>
レアリティ:C


誤植ではない。「“正直な気持ち”小鳥」のフレーバーと同じようなものである。それが小鳥なのだ。


「“みんなとお揃い”ちはや」
レベル1・コスト1・ソウル1・パワー2000、黄
<お菓子><オカルト>
レアリティ:C
起:助太刀2000・レベル1[1 手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+2000)


ファン大歓喜の1枚。
風祭の制服を着ている篝と、風祭の制服を着ているちはや、どちらが人気だろう。
……と考えるとちょっぴり悲しくなりそうなのでやめやめ。


「“一番の理由”小鳥」
レベル1・コスト1・ソウル1・パワー6500、黄
<植物>
レアリティ:C
※ゲーム内CG:小鳥ルート4枚目
永:あなたのストックが5枚以上なら、このカードのレベルを+1し、パワーを+1000。


「“まさかの不覚”ちはや&咲夜」と正反対のカード。
つまりストックを5枚ぴったりにすれば2枚ともバンプできるってことだよね!

<オカルト>を持っていないので注意。


「“人為的な奇跡”瑚太郎」
レベル2・コスト1・ソウル1・パワー8500、黄
<オカルト>
レアリティ:C
※ゲーム内CG:小鳥ルート5枚目


ここで語ることが非常識だと思われるくらいに当たり前で当然で常識的なことだけど、このカードは<超能力>を持っていない。「“喚起の法”ちはや」では呼べないので注意。呼ぼうとした馬鹿が出てきたらちょおっと説教かましてやるが。

シズルチアに入れるなら「“ルチアの代弁者”瑚太郎」の方がいいかもね!


「魚人ヨッシーノ捕獲!」
レベル1・コスト1、黄・イベント
レアリティ:U
※ゲーム内CG:ちはやルート2枚目
このカードは、あなたの、<オカルト>か<不良>のキャラが1枚以下なら、手札からプレイできない。
あなたのキャラすべてに、そのターン中、パワーを+2000し、ソウルを+1。
このカードをクロック置場に置く。


<オカルト>を持っていない面々に注意。特に今作の小鳥は一部<植物>のみとなっている。
……え? なら<不良>持ちの吉野を並べればいいじゃない? うん好きにすればいいと思うよ。

このカードに限らず、タイトル内では「加速」持ち含めクロックにカードを置くカードが多い点に注意。


「この良き日に、真心こめて。」
レベル2・コスト1、黄・イベント・カウンター
レアリティ:C
※ゲーム内CG:小鳥ルート1枚目
このカードは、あなたの黄のキャラが1枚以下なら、手札からプレイできない。あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+4000。


幸せなCG……の割にやっていることは結構過激。

カードとしては「ポーズレッスン」の亜種だが、指定は色。他のタイトルにも普通に入るが、なんかあまり入れたくないような。
<オカルト>とは関係ないため、黄色がいればなんでも使える。


「みんなで水遊び」
クライマックス、黄、トリガー2
レアリティ:CR
※ゲーム内CG:ちはやルート3枚目
永:あなたのキャラすべに、ソウルを+2。


前作のタイトルを知っており、ゲームをプレイした者なら、誰もがこの一枚絵のカード化を予測したのではないだろうか。
シナジーはバウンス能力なので、パワーが足りない時に使っていきたいかも。


「交わった気持ち」
クライマックス、黄、トリガー2
レアリティ:CX&RRR
※ゲーム内CG:小鳥ルート3枚目
自:このカードが手札からクライマックス置場に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を、ストック置場に置き、自分のキャラすべてに、そのターン中、ソウルを+1。


どう考えてもこっちがCRであるべきだと思うのだが……。


<緑色のカード>

「“親愛なる探求者(クアエシトール)”静流」
レベル1・コスト0・ソウル1・パワー1500、緑
<風紀委員><オカルト>
レアリティ:RR&SR
永:他のあなたのキャラすべてに、パワーを+500。
起:[1 このカードをレストする]あなたは自分のクロックを1枚選び、手札に戻す。あなたは自分の手札を1枚選び、クロック置場に置く。


「クアエシトール」というのは、ラテン語で「探検者」とか「探求者」とかって意味らしいです。
ちなみに無印にあった「Terra」というのは、ラテン語で「地球」とか「大地」とかって意味らしいです。

クロックをいじれる貴重なカード。それでいてパワーバンプまで内包していると、優秀すぎるカード。


「“親愛なる探求者(クアエシトール)”ルチア」
レベル2・コスト1・ソウル1・パワー7000、緑
<委員長><オカルト>
レアリティ:RR&SR
永:このカードの下のマーカー1枚につき、このカードのパワーを+1500。
自:このカードのバトル相手がリバースした時、あなたは自分の控え室の<オカルト>のキャラを1枚選び、このカードの下にマーカーとして裏向きに置いてよい。


レベルバンプしないので、相打ちで倒せる。……が、暴走させるとパワーはエライことになるわ、デッキは圧縮されるわと何かと厄介な1枚。


「“旅立ちの日”ルチア」
レベル1・コスト0・ソウル1・パワー5000、緑
<クローン>
レアリティ:R&SR
※ゲーム内CG:ルチアルート5枚目
自:[1 あなたの山札の上から1枚をクロック置場に置く]このカードがアタックした時、クライマックス置場に「アカリの決意」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたのキャラすべてに、そのターン中、パワーを+3500し、ターンの終わりに、このカードを思い出にする。


“永:このカードのカード名は「“旅立ちの日に”アカリ」としても扱う。”って能力が何故無い。

デメリットは色々と重たいが、瞬間的バンプとしてはレベル1にして+3500。盤面を一発でひっくり返せる。
対応CXはソウル+2なのでさらなるバンプは期待できないが、舞台を荒らしつつ大ダメージも期待できる。


「“最強の座”静流」
レベル2・コスト1・ソウル1・パワー8000、緑
<風紀委員><オカルト>
レアリティ:R
※ゲーム内CG:静流ルート3枚目
自:このカードがアタックした時、クライマックス置場に「守られた約束」があるなら、そのターン中、このカードのパワーを+3500し、このカードは次の能力を得る。『自:このカードのバトル相手がリバースした時、あなたは自分の山札の上から1枚を、ストック置場に置いてよい。』


……このカード、SRになってほしかったなぁ……そしたら使わないでも、対応CX(勿論RRRで。)と一緒に保存しているっていうのに!

強烈なバンプに強力なストックブースト。さすが静流である。


「“神速攻撃!”静流」
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、緑
<風紀委員><オカルト>
レアリティ:R&SP
永:あなたの控え室のクライマックスが6枚以上なら、あなたの手札のこのカードのレベルを-1。
自:このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のキャラを1枚選び、次の相手のターンの終わりまで、パワーを+3000。


「うるとらしょっと! へい!」←フレーバー
……静流は可愛いなぁ。


「“けんてきひっさつ”静流」
レベル1・コスト0・ソウル1・パワー6000、緑
<風紀委員><オカルト>
レアリティ:U
永;他のあなたのキャラすべてに、次の能力を与える。『永:このカードはサイドアタックできない。』


チェンジでレベル0から登場できる……が、サイドアタックができなくなる。
是非とも「水着のちはや」と組ませてみたいところだが、このカードを何枚も入れていると行動を制限されてばっかりになる。注意しておくこと。

あ、それともしかしたらこのブログで、「“神速攻撃!”静流」と「“けんてきひっさつ”静流」を勘違いして書いてしまったかもしれません。神速攻撃の方のフレーバーも平仮名なのでごっちゃになってしまって……。
もしそうならごめんなさい。


「水着のルチア」
レベル1・コスト1・ソウル1・パワー7000、緑
<委員長><オカルト>
レアリティ:U


フレーバーがすごく委員長っぽい。


「“ルチアの代弁者”瑚太郎」
レベル2・コスト2・ソウル2・パワー8000、緑
<超能力><オカルト>
レアリティ:U
自:加速[あなたの山札の上から1枚をクロック置場に置く]あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、次の相手のターンの終わりまで、このカードのパワーを+3000。


クロックを1枚食うとはいえパワー11000のレベル2。そう聞くだけでも十分に強いのに、「ひまわり畑のルチア」(デメリット回避)、「ルチアVS静流」、「“散る桜の宿命”咲夜」、「“喚起の法”ちはや」とシナジーできる。あまり意味はないが「奇跡と温もりの中で」も然り。
もちろんタイトルを飛び越えれば、他の<超能力>キャラの助けにもなれる。
ほら、たまたまこのコタさんはルチアルートだけど、色んな人の助けになる・助けを受けることができるんだよ。まさに主人公だね!


「“もう一人のルチア”アカリ」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー1000、緑
<クローン>
レアリティ:C
※ゲーム内CG:ルチアルート1枚目
永:応援・このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+1000。


「応援」持ちのレベル0は「制服の小鳥」、「“没落お嬢様”朱音」、「“二人の未来”瑚太郎”」に次いで4枚目。他にもいたらゴメン。
ルチアとシナジーがないのはちょっぴり寂しいけど、ある意味ではアカリらしい立ち位置かもしれない。


「手を引く静流」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー1500、緑
<風紀委員><オカルト>
レアリティ:C
※ゲーム内CG:静流ルート2枚目
自:このカードがアタックした時、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+500。
自:チェンジ [このカードをクロック置場に置く]あなたのアンコールステップの始めに、このカードがレストしているなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「“けんてきひっさつ”静流」を1枚選び、このカードがいた枠に置く。


レベル0で、チェンジができて、バンプもできる……と考えると思いつくのは「星井 美希」。
手札を1枚切るかクロックに置くか、と考えると、レベル0なら手札からチェンジ先を切ってチェンジすれば……と考えざるを得ない。チェンジ先も、静流はパワー6000とはいえサイドアタック不可のデメリット持ち。さらにいえば、レベル0でパワー6000というのは決して不可能な数値ではなく、下手すると返しのターンで相手がレベルアップするということもある。

まあそういう意味では、アンコールステップでチェンジしないという選択肢もあるけど、じゃあこのカードの存在価値って何、って話になった時に、結局得られる結論としては、静流は可愛いなぁ。


「“過去を絶ち未来へ”西九条」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー2500、緑
<先生><武器>
レアリティ:C
永:他のあなたのキャラが1枚以下なら、このカードのレベルを+1し、パワーを+1000。


カード名はかっこいいのにフレーバーが全てを台無しにしている。


「水着の静流」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー3000、緑
<風紀委員><オカルト>
レアリティ:C


制服と水着、どっちが好きですか?


「奇跡と温もりの中で」
レベル1・コスト1、緑・イベント
レアリティ:U
※ゲーム内CG:前作ルチアルート
あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+6000。このカードを思い出にする。
永:記憶・思い出置場にこのカードがあるなら、あなたのカード名に「瑚太朗」を含むキャラのカード名は、「“ルチアの毒に打ち克つ力”瑚太朗」としても扱う。


このカードが登場した時にはメチャクチャびっくりした。
結局、瑚太郎ネーム持ちがあまり増えていない……とはいえ、単なるバンプカードとしても強力。
是非とも「受け容れる力」と併用して対戦相手を混乱させてやろう。


「守られた約束」
クライマックス、緑、トリガー宝
レアリティ:CR&RRR
※ゲーム内CG:静流ルート4枚目
永:あなたのキャラすべてに、パワーを+1000し、ソウルを+1。
(宝:このカードがトリガーした時、あなたはこのカードを手札に戻す。あなたは自分の山札の上から1枚を、ストック置場に置いてよい)


使わないにしても、このカードのRRRは絶対買う。絶対に、買う。


「アカリの決意」
クライマックス、緑、トリガー2
レアリティ:CX&RRR
※ゲーム内CG:ルチアルート3枚目
永:あなたのキャラすべてに、ソウルを+2。


さすがにべろちゅーはCXにもイベントにでもできなかったか。……PRでいつか出てきそうで怖ぇ。


<赤色のカード>

「お風呂上りの朱音」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー500、赤
<魔法><オカルト>
レアリティ:RR&SR
※ゲーム内CG:朱音ルート1枚目
自:他のあなたのバトルしているキャラがリバースした時、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000。
起:集中[1]あなたは自分の山札の上から4枚をめくり、控え室に置く。それらのカードのクライマックス1枚につき、次の行動を行う。『あなたは自分の控え室のキャラを1枚選び、手札に戻し、自分の手札を1枚選び、控え室に置く。』


全キャラにチェンジが存在するタイトル内における4枚集中、今まで弱かった回収能力、それも手札交換なのでチェンジ先を落とすことも可能で、さらにリバース時のパワーバンプ。相変わらずレベル0の朱音はチートじみている。
あまり何枚も舞台に出すカードではなく、チャンプ用に前列に出すにも「ひまわり畑のルチア」がいたら即死してしまうが、どのデッキにも2~3枚積み込めるカード。


「“親愛なる探求者(クアエシトール)”ちはや」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー1500、赤
<お菓子><オカルト>
レアリティ:RR
自:[1 あなたの山札の上から1枚をクロック置場に置く]このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室のレベル2以上のキャラを1枚選び、手札に戻す。


「“オカ研会長”朱音」と「はじめまして、るる姉。」を足して2で割ったようなカード。
なんかちはやらしくない。


「“せいいっぱいの力”朱音」
レベル2・コスト1・ソウル1・パワー7000、赤
<魔法><オカルト>
レアリティ:R
※ゲーム内CG:朱音ルート4枚目
自:[1]このカードがアタックした時、クライマックス置場に「竜神の祭壇」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、相手に1ダメージを与える。 (ダメージキャンセルは発生する)
起:[あなたのキャラを2枚レストする]そのターン中、このカードのパワーを+2000。


この時の朱音さんは可愛かったし感動した!


「“一緒に歩く道”ちはや」
レベル2・コスト2・ソウル2・パワー9500、赤
<お菓子><オカルト>
レアリティ:R&SP
自:このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。
自:このカードがアタックした時、クライマックス置場に「守るべき人」があるなら、あなたは自分の控え室のキャラを1枚選び、手札に戻してよい。


「………ただいま、でした。それと…行ってきます」

ちはやルート随一の感動シーン。対応CXがまたアレというのも最高である。


「“親愛なる探求者(クアエシトール)”朱音」
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、赤
<魔法><オカルト>
レアリティ:R&SR
自:[1]あなたのターン中、このカードのバトル相手がリバースした時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは相手の前列のレベル2以下のキャラを1枚選び、山札の上に置く。
自:[あなたのスタンドしているキャラを1枚レストする]他のあなたのキャラが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのターン中、このカードのパワーを+1500。


今調べてみたが、クアエシトールという単語は「探求者」にのみかかる。まあ、そりゃそうだろうけど。
フレーバーがちょっと情けない。でも、それが朱音さんっぽい。


「“紅く染まる夜に”朱音」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー500、赤
<魔法><オカルト>
レアリティ:U
永:応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+500。
自:このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札を上から1枚見て、山札の上か控え室に置く。


ドローソースが「可能性の系統樹」や、登場時or条件付きで2コスト、あるいは「“レッツクエスト!”静流」の能力不可しかなく、最後のは相手をリバースさせないといけないため、これで狙ったカードを引くということができない。
となると、集中補佐くらいだろうか。

ところで、このカードってどういうシチュエーション?
前回で言う「水着のちはや」ポジか。


「“輝く青空の下で”ちはや」
レベル1・コスト1・ソウル1・パワー6000、赤
<お菓子><オカルト>
レアリティ:U
自:チェンジ[1 このカードをクロック置場に置く]あなたのアンコールステップの始めに、このカードがレストしているなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「“一緒に歩く道”ちはや」を1枚選び、このカードがいた枠に置く。


チェンジ先も、普通に出したらクロックが増加する。
そう考えると早く出せるということしか意味のないチェンジだが、チェンジ先がパワー9500というちはや恒例の化物パワーなので、早出しするだけの価値はあると思う。


「“花弁の騎士”咲夜」
レベル1・コスト1・ソウル1・パワー6500、赤
<超能力><使い魔>
レアリティ:U
自:アンコール:[手札のキャラを1枚控え室に置く] (このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、このカードがいた枠にレストして置く)


咲夜ああああああああああああ――!


「“興味津々”しまこ」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー2500、赤
(特徴なし)
レアリティ:C
自:相手のアタックフェイズの始めに、あなたはこのカードを前列の中央のキャラのいない枠に動かしてよい。


中央限定とはいえ「方向音痴あずさ」と同じパワーで移動能力を持つ。なんというか、すごくしまこっぽい。
特徴を何も持たないので、その点は留意しておくこと。

……にしても原作再現とばかりに、コストを軽減する能力を持つしまこは登場しなかったのか……。
残念。


「“立ち向かう勇気”朱音」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー3000、赤
<魔法><オカルト>
レアリティ:C


レベル0バニラの朱音は既に「制服の朱音」が存在している。確か特徴も同じの筈。お好みで。


「“■■■(バカじゃないですよ)?”ちはや」
レベル1・コスト0・ソウル1・パワー5500、赤
<お菓子><オカルト>
レアリティ:C


人類を超越したちはや。もうこの子は「ちはやだしなぁ」でなんでも許せる気がする


「“生徒会長”スージィ・ミドウ」
レベル1・コスト1・ソウル1・パワー2000、赤
<生徒会><炎>
起:助太刀2000・レベル1[1 手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+2000)


出 る と は 思 っ て い た が マ ジ で 出 る と は

生徒会長ネームを持つため、「監督生(マスター) リッカ」でサーチできる。
そして同ネーム持ち内で唯一の助太刀持ち。キャラ助太刀なので色を問うこともない。
だからといってじゃあ採用しようという発想は死んでも出てこない。出てくる訳がない。


「プラチナチケット」
レベル2・コスト1、赤・イベント・カウンター
レアリティ:U
※ゲーム内CG:朱音ルート3枚目
集中・このカードは、あなたのカード名に「朱音」を含むキャラがいないなら、手札からプレイできない。
あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワー+2000。
あなたは自分の山札の上から3枚をめくり、控え室に置く。それらのカードにクライマックスがあるなら、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+3000。


「学園の魔女」に似たカードだが、こちらはカウンターがついている。
クライマックスが出なければレベル2なのに2000カウンターだが、成功すれば5000カウンターとなる。
しかもバンプするキャラはそれぞれ別々で良い上、発動条件の「朱音」ネームは後列向けカードが多いため、結構使いやすそうなカード。


「守るべき人」
クライマックス、赤、トリガー扉
レアリティ:CR&RRR
※ゲーム内CG:前作ちはやルート
永:あなたのキャラすべてに、パワーを+1000し、ソウルを+1。
(扉:このカードがトリガーした時、あなたは自分の控え室のキャラを1枚選び、手札に戻してよい)


使わないにしてもこのカードはRRRで欲しい。いやむしろCR含め両方欲しい。


「龍神の祭壇」
クライマックス、赤、トリガー2
レアリティ:CX&RRR
※ゲーム内CG:朱音ルート5枚目
自:このカードが手札からクライマックス置き場に置かれた時、あなたは1枚引き、自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+2000し、ソウルを+1。


これで朱音さんがパワー11000となる。……でも「“ルチアの代弁者”瑚太郎」と相打ちになる。
その程度なのが朱音さんなのである。


<青色のカード>

「“魔法の第三惑精”クリーミィ☆かがりん」
レベル2・コスト1・ソウル1・パワー8000、青
<時間><鍵>
レアリティ:RR&SP
自:このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがクライマックスなら、このカードをレストする。 (公開したカードは元に戻す)
自:加速・[あなたの山札の上から1枚をクロック置場に置く]あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたのキャラすべてに、次の相手のターンの終わりまで、パワーを+1000。


見た瞬間、誰もが噴き出したであろう、そして冷静になってなるほどと頷いたであろう、奇跡と渾身の1枚。
原作を知っている人間ならば、ヴァイスプレイヤーかどうか関係なしに欲しいと思うかもしれない。
能力を使用する時には是非とも高らかに宣言しよう。「Eムードディメンジョン!」

ちなみにこのカード、発売日前日の10月12日にもう1度、今日のカードとして紹介された。
このタイトルを象徴するのはこのカードらしい。何も間違ってなどいない。


「“最良の記憶”篝」
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、青
<時間><鍵>
レアリティ:RR&SP
自:このカードが手札から舞台に置かれた時か「チェンジ」で舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室においてよい。
自:このカードがアタックした時、クライマックス置場に「残された可能性」があるなら、次の相手のターンの終わりまで、このカードは次の能力を得る。『自:他のあなたのバトル中のキャラがリバースした時、あなたはそのキャラを思い出にしてよい。そうしたら、次のあなたのドローフェイズの始めに、あなたは自分の思い出置場のそのキャラを、舞台の好きな枠に置く。』


ファン待望のレベル3。強い耐久力を持ち、「“終わりのない転写”朱音」などと相性が良さそう。
反面、自身には能力が適用されないので――っていうのはこの前に考察したからいいや。
カードもとっても美しい。


「“親愛なる探求者(クアエシトール)”篝」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー1500、青
<時間><鍵>
レアリティ:R&SR
起:[1]あなたは1枚引き、自分の手札を1枚選び、控え室に置く。
起:[このカードをレストする]あなたは自分のキャラを1枚選び、次の相手のターンの終わりまで、パワーを+500。


サポート向きの1枚。
クアエシトールシリーズでも珍しい能力かもしれない。


「“祝福の花冠”小鳥」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー2500、青
<植物><オカルト>
レアリティ:R&SP
自:[1 手札を1枚控え室に置く]このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札を見て<植物>のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。その山札をシャッフルする。


まあつまりは小鳥限定サーチ。小鳥は小鳥でも、アイマスの小鳥さんを持ってきたりはできない。
<オカルト>対象だったらかなり使いやすい……を通り越したチート性能か、それ。
<植物>対象のサポートカードとかバンプカードとかはかなり増えてるし、使えないと一蹴はできないっしょ。

にしても、これがSPですか……。


「“書き換わる運命”篝」
レベル1・コスト1・ソウル1・パワー1500、青
<時間><鍵>
レアリティ:R&SR
永:応援・このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+X。Xはあなたの「応援」を持つキャラの枚数×500に等しい。
起:[手札を1枚控え室に置く]あなたは自分のキャラを1枚選び、次の相手のターンの終わりまで、パワーを1000。


「“書き換える運命”小鳥」と対になるカード。SRのカードで、どちらもレストする機会があれば、是非とも後列で対になるようレストしよう。


「“激辛仲直り”ルチア」
レベル1・コスト1・ソウル1・パワー6000、青
<委員長>
レアリティ:R
永:あなたの手札が5枚以上なら、このカードのパワーを+1000。
自:アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く] (このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、このカードがいた枠にレストして置く)


オカルトがない。気をつけて。

最近増えてきた、パワー6000アンコールに何かを加えたカード。確かアイマスの真にこんなカードがあった気がする。
<委員長>デッキには重宝しそうな気がする。


「“レッツクエスト!”静流」
レベル1・コスト1・ソウル1・パワー6500、青
<風紀委員><オカルト>
レアリティ:R&SR
自:[1]このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、次の能力を与える。『自:このカードのバトル相手がリバースした時、あなたは1枚引いてよい。』


是非ともドロー能力を持ったキャラに能力を付加させたい。
状況次第では2ドローできる「雪村 杏」と合わせると、たった1回のアタックで3ドローできる。

……が、ドロー能力を持つキャラは誰も彼もパワーが低い。
実用性を考えるのなら、高いパワーを持つキャラに付加させた方が強いかもしれない。


「“書き換える運命”小鳥」
レベル2・コスト1・ソウル1・パワー4500、青
<植物><オカルト>
レアリティ:R&SR
永:応援・このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+X。Xはそのキャラのレベル×500に等しい。
起:[1 このカードをレストする]あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、次の能力を与える。『自:このカードのバトル相手がリバースした時、あなたはそのキャラを山札の下に置いてよい。』


「“書き換わる運命”篝」と対になるカード。能力的にも似ている。

……にしても、フレーバーは一体何を言っているのか。それが公式回答ということだろうか?


「“ひとつの目標”ルチア」
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、青
<委員長><オカルト>
レアリティ:R&SP
永:このカードの正面のキャラのソウルを-1。
永:前列にリバースしていないこのカードがいるなら、他のあなたの前列の中央の枠のキャラに、パワーを+1000。


確かこれが公開された時、もう1枚が「奇跡と温もりの中で」だったから、そっちのインパクトが大きすぎてこのカードをほったらかしにした気がする。そんな訳で、ちょっと真面目に考えてみる。

今回のソウル-カード。
ただ、前回の「中津 静流」同様、性能的にはかなり微妙。なにせ同能力で、全キャラにパワー+1000する「スーパーレディ 真」がアイマスに存在する。あっちはパワー9500とはいえ、さらにイベント使用時にパワー+2000も併用してくる。
どんなデッキにも入る、という意味では使いやすいかもしれないが、どうだろうか……。


「未来来(みらくる) 篝」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー500、青
<時間><鍵>
レアリティ:U
※ゲーム内CG:篝ルート1枚目
永:応援・このカードの前のあなたののキャラすべてに、パワーを+500。
起:[あなたのキャラを2枚レストする]あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+500。


絶対来ると思ってた!

……でもレベル0での登場かぁ……。


「“バカンス気分!”静流」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー500、青
<委員長><オカルト>
レアリティ:U
永:相手のターン中、他のあなたのキャラすべてに、パワーを+500。
自:[2]このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは1枚引く。


小鳥と並んで、水着立ち絵が2枚存在する静流。

「“『鍵』の少女”篝」と同じ能力を、登場時に使用できる。
発動は1回だけだが、それに加えて青特有の相手ターンバンプも兼ねているため、無駄にならない。
後攻2ターン目の時点でまだレベル0なら、積極的に出していきたいカードかもしれない。


「“違いがわかる生徒”篝」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー2500、青
<時間><鍵>
レアリティ:U
※ゲーム内CG:篝ルート2枚目
永:他のあなたのキャラがいないなら、このカードのパワーを+1500し、このカードは『自:アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く]』を得る。


このキャッチフレーズ、どっかで聞いたことがある気がするのは気のせいだろうか?


「“いつかどこか”の篝」
レベル1・コスト0・ソウル1・パワー5000、青
<時間><鍵>
レアリティ:U
※ゲーム内CG:篝ルート4枚目
自:[1]このカードがアタックした時、クライマックス置場に「いっときの夢」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、次の相手のターンの終わりまで、このカードのパワーを+3000。


絶対に、買う。


「“感情の発露”篝」
レベル1・コスト0・ソウル1・パワー5000、青
<時間><鍵>
レアリティ:U
永:相手のターン中、前列の中央の枠にこのカードがいるなら、このカードのパワーを+2000。


……フレーバー、何のことだ?

限定状況とはいえ、ノーコストにしてパワー7000にまで達するカード。後列に「“書き換わる運命”篝」を並べればパワー9000にまで行く。
これがノーコストである。恐ろしい。


「“良い記憶を求めて”篝」
レベル2・コスト2・ソウル2・パワー7000、青
<時間><鍵>
レアリティ:U
自:[あなたのスタンドしているキャラを2枚レストする]このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の<鍵>のキャラを1枚選び、そのターン中、次の能力を与える。『永:このカードはサイドアタックしてもソウルが減少しない。』
自:チェンジ[1 このカードを控え室に置く]あなたのアンコールステップの始めに、このカードがレストしているなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「“最良の記憶”篝」を1枚選び、このカードがいた枠に置く。


あくまで能力を付加できるのは自分自身。そりゃ別タイトルの<鍵>のキャラでもいいけど。
しっかりチェンジして、しっかり返しのターンの対策もしておくこと。


「“オカ研集合!”ルチア」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー1000、青
<委員長><オカルト>
レアリティ:C
自:絆/「“レッツクエスト!”静流」 [1] (このカードがプレイされて舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「“レッツクエスト!”静流」を1枚選び、手札に戻す)


このタイトルの純粋な絆はこのカードだけ。
ちなみに前回は「“上目遣い”静流」が「ひまわり畑のルチア」を呼べた。


「“白銀の世界の中で”ルチア」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー2500、青
<委員長><オカルト>
レアリティ:C
起:[あなたのキャラを2枚レストする]次の相手のターンの終わりまで、このカードのパワーを+1000。


この背景、見たことないよ?


「“ミラクルガール”篝」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー3000、青
<時間><鍵>
レアリティ:C


久々に「ルガール」が登場。
ええと、ミラクルガールって誰だっけ。

ドヤ顔する篝ってどんな篝だろう。イマイチ想像できないから誰か絵で頼む。


「“平穏な時間”ルチア」
レベル1・コスト0・ソウル1・パワー5500、青
<委員長><オカルト>
レアリティ:C


平穏な、と言いながら、このルチア、やたらはっちゃけてないか?


「“世界の希望”篝」
レベル2・コスト1・ソウル1・パワー2500、青
<時間><鍵>
レアリティ:C
起:助太刀3000・レベル2[1 手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+3000)


え、えっと、この篝、どっかで立ち絵か何かで使われてた筈なんだけど、思い出せん……どこだっけ……?


「“げんなじーのめんらー”静流」
レベル2・コスト2・ソウル2・パワー9000、青
<風紀委員><ラーメン>
レアリティ:C
※ゲーム内CG:前作共通ルート


カード化していなかった、前作の一枚絵。あのラーメンを食べているシーンである。
どちらかというとCXに向いているカードのように思えたが、まあ、あの場にいた瑚太郎&静流以外はあまり出番がない人達だしなぁ……。江坂さんも今回いないし。


「可能性の系統樹」
レベル2・コスト1、青・イベント
レアリティ:U
※ゲーム内CG……だっけ? 前作Moonルート。
あなたは自分のキャラを1枚選び、次の相手のターンの終わりまで、パワーを+4000。このカードを思い出にする。


前作にも同名カードがあった。
バンプを取るか、ドローを取るか。ちなみに私はドローの方が好きである。


「篝火を掲げし者」
レベル1・コスト1、青・イベント
レアリティ:C
※ゲーム内CG:前作ロビー画面
あなたは自分の山札を見てクライマックスを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。その山札をシャッフルする。


背景にあの歌が聞こえる。


「いっときの夢」
クライマックス、青、トリガー2
レアリティ:CR&RRR
※ゲーム内CG:篝ルート3枚目
永:あなたのキャラすべてに、ソウルを+2。


この立ち絵も好きなのだけど、この次の立ち絵&音楽で涙腺がぶっ壊れたから、ちょっぴり印象の薄いシーン。
でもなんというか、篝っていうキャラクターとこの絵を組み合わせると、破壊力があるかもしれない。


「残された可能性」
クライマックス、青、トリガー2
レアリティ:CX&RRR
※ゲーム内CG:前作Terraルート
自:このカードが手札からクライマックス置場に置かれた時、あなたは1枚引き、自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+2000し、ソウルを+1。


TerraルートのCGが唯一カード化した(ルートのカードそのものは、「“無愛想っ子”朱音」や「“似たもの同士”小鳥」などがある)。
対応シナジーは思い出対比なので、能力が適用できない篝自身に+2000をかけるといい感じ?



お疲れ様でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1890-10ab406e











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。