スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴァイスシュヴァルツ:今日のカード紹介・考察(10月9日)

「“親愛なる探求者”朱音」
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、赤
<魔法><オカルト>
自:[1]あなたのターン中、このカードのバトル相手がリバースした時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは相手の前列のレベル2以下のキャラを1枚選び、山札の上に置く。
自:[あなたのスタンドしているキャラを1枚レストする]他のあなたのキャラが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのターン中、このカードのパワーを+1500。


ついに登場、朱音さんのレベル3。そして4枚目の「“親愛なる探求者”」。
……ここまで考えると、メインヒロインズは全員このネームを持っているんじゃないかと思いたくなるが……ちはやだけが仲間はずれってことはないよね? ね?

さてカードだが、1つ目の能力は「“守りたい笑顔”シャルル」などが持つ、赤特有のデッキトップ送り。
条件はリバース&1コストだが、他のキャラを指定することもできるため、他のキャラのダイレクトを通したい時にも重宝する。もちろん、正面のキャラをデッキトップに送り、1点確定するのも良い。
アンコール型デッキを簡単に破壊できるという恐ろしさも持つ。

ただし「相手の前列のレベル2以下のキャラ」という2つの条件があることに注意。
特に馬鹿パワーを持つ「鳳 ちはや」、容易にバンプができる「“いたずらなキス”ちはや」、朱音さんでも止められない回復能力を持つ「神戸 小鳥」、早出しで暴れまわる「“けんてきひっさつ”静流」など、タイトル内にはレベル3の強力なキャラが目白押しな上、相手のレベルを下げる手段も今のところ存在していない。
これらのキャラには、素直にパワーで対抗するか、あるいはソウル1のキャラでチャンプすることで、バトルに負けつつも1点を確定させるくらいでいいかもしれない。

もう1つの能力は、ターン中パワー+1500するもの。条件は「他のキャラが登場すること」「スタンドしているキャラを1枚レストすること」と、後半にしてはやや厳しいものの、1回発動するだけでレベル応援が1枚増えたのと同じことだし、コストも必要としない。
後列を「レストする必要のないキャラ」で固めることができれば、とても強力な能力となるだろう。



「収穫(ハーヴェスト)を祝うちびもす」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー3000、黄
<動物><使い魔>


もす!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1882-5dc939e4











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。