スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライトノベル感想『バカとテストと召喚獣10.5』


バカとテストと召喚獣10.5 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣10.5 (ファミ通文庫)
(2012/09/29)
井上堅二

商品詳細を見る

進路希望調査に記入内容に迷う明久【あきひさ】・雄二【ゆうじ】・ムッツリーニの3人に学園長が提案したのは、召喚者の未来をシミュレートする新たな実験――「間に合ってます」「なんだいその反応!?」(正しい教師とのやりとり)。とはいえ興味をそそられたFクラス面々は早速試してみることに……。『僕と未来と召喚獣』他、明久と雄二を襲った衝撃の人格入れ替わり事件の顛末『僕と雄二と危ない黒魔術』など全4本でお贈りする青春エクスプロージョンショートストーリー第5弾!

今月3冊目。





「僕と兄さんと謎の抱き枕」
……、うん。


「僕と雄二と危ない黒魔術」
某同レーベルの某シリーズを彷彿とさせる話。こういう入れ替わりものはあまり好きにはなれないんですが、なんというか普通に読むことができました。
確かに戦う美波ってかっこいいと思うんです。


「僕と未来と召喚獣」
毎度お馴染み、便利な召喚獣シリーズ。本音、子供と来て続いては未来です。
こういうのがあったら私も見てみたいなぁと思いつつ、いくつになっても私は変わらないでしょうし、やっぱりこういうのは高校生くらいの人がやってこその話ですよね。後半の、いつまでも変わらないというのが分かって笑顔になる姫路さんとかホント良い感じです。

大人の明久とか、なんかすごいイメージ通り。


「私とウサギと仄かな初恋」
毎度お馴染み、最後に混じったシリアスストーリー。今回は姫路さんの過去話です。

なんというか、え、これってバカテスか? って感じの話。美波の過去話の時とかなり雰囲気は似通っている気がします。
明久のかっこ良さがかなり補正がかかっているような気がするのは……ええ、姫路さん視点だからということにしておきましょう。一体彼はあの人に何をやらかしたんだ。
作者の後書きにもありましたが、これをどうしたらあのバカになるんでしょう。
もっとも、その辺は雄二にも言えることがありますし、なんとなく同じようなパターンになりそうな気がするのですが。

話としてはものすごく単調なので、かなりすぱっと読めます。
ウサギの髪飾りエピソードの補完も入っている、なんだか柑橘系の香りがする物語です。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/10/07 01:56 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1876-d507d6aa











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。