スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴァイスシュヴァルツ:今日のカード紹介・考察(9月24日)

「“レッツクエスト!”静流」
レベル1・コスト1・ソウル1・パワー6500、青
<風紀委員><オカルト>
自:[1]このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、次の能力を与える。『自:このカードのバトル相手がリバースした時、あなたは1枚引いてよい。』


「“オカ研集合!”ルチア」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー1000、青
<委員長><オカルト>
自:絆/「“レッツクエスト!”静流」 [1] (このカードがプレイされて舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「“レッツクエスト!”静流」を1枚選び、手札に戻す)



例えばの話である。

手札にCX「出会い」と「“レッツクエスト!”静流」2枚のみがある状態で、舞台に「“優しい言葉”篝」が3枚あったとする。
静流を後列に2枚出し、どこでもいいので篝に能力を付与。まあとりあえず1枚ずつに能力を付与するとして。

「出会い」を手札から使用、静流の効果を使っていない篝でアタック→シナジーで2ドロー。
静流の効果を使っている篝2枚でアタック。アタック時シナジーで1ドロー(3枚目を引いた時点で「手札が2枚以下なら」を満たさない)&相手をリバースしたら静流の効果で1ドロー。

結果、1ターンにして合計6枚も引くことができる! これは素晴らしい!
さらにデッキに他の「出会い」があったらトリガーしてもっとドローできるかも!



……というアホな電波を受信した。



冗談はともかく、この静流、結構強い。レベル1・コスト1・パワー6500と十分に妥協点な戦闘力、「ひまわり畑のルチア」回避対象、そして登場時、指定した自分のキャラが相手をリバースさせたら1ドローできる。
ただし1コストが必要。コストが“自分のキャラを2枚レスト”だけの代わりに、ドローした後1枚控え室に送らなければならない「“宿り木の契約者”小鳥」と、どちらがいいか考えてみるべきか。

タイトル内だけでいうなら、レベル2以降で必要なカードは「木漏れ日サイクリング」で、<オカルト>のキャラなら「“スピード勝負!”瑚太朗」で、控え室のカードはその他諸々のカードで回収できる。
タイトル内で“絶対に掴んでおきたいイベント”があまりない(強いていうなら「ルチアVS静流」か、篝を入れたデッキでの「可能性の系統樹」、ちはやデッキでの「木漏れ日サイクリング」くらいか)ため、ドローによる恩恵は薄い。

とはいえ、純粋に1コストで1ドローできるため、手札アドを取りに行ける。
この手の“カードをドローする”能力は、これまでパワーマイナス3000査定を受けていた(「雪村 杏」や「氷室 憂希」など)ため、パワーマイナス500でしかない静流は相当優秀といえる。

同時公開のルチアの絆でも引っ張ってこれるため、これらのカードをレベル1の主力にすれば、手札の充実が見込める。

能力を付与する対象だが、レベル1なら「水着のちはや」が最適。変なカウンターでも来ない限り、レベル1同士なら確実にドローできる。パワーが足りないなら「奇跡と温もりの中で」のバンプでも併用してみましょう。
レベル2以降で使うなら、他のバンプと合わせたりするのが吉。

冗談で述べてみた「“優しい言葉”篝」に付与させる選択肢だが、決して選択として有り得ない訳ではない。
……が、前述した通り、ドロー能力を持ったキャラというのは軒並みパワーが低いため、それよりはパワーアタッカーに能力をつけた方が楽だろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1847-e9c6f793











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。