スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

言葉の誤用について

ネットで気になるニュースを見つけました。

【国語世論調査】にやける→「薄笑い」、うがった→「疑って掛かる」 誤用が“市民権” - MSN産経ニュース

調査では、「にやける」を本来の「なよなよとしている」という意味で使っている人が14.7%だったのに対し、「薄笑いを浮かべている」と答えた人は76.5%に達した。

 慣用句についても、「本心でないうわべだけの巧みな言葉」を、本来の「舌先三寸」と答えたのは23.3%だったのに対し、本来でない「口先三寸」は56.7%。「快く承諾すること」も、本来の「二つ返事」が42.9%だったのに対し、「一つ返事」は46.4%で、本来の使い方をする人の方が少数派だった。


(中略)

本来の意味の捉え違いについて、文化庁は「言葉は変化していくものでもあるので評価は難しい」としながらも「コミュニケーションの阻害要因にもなりかねないので、広がらない方が望ましい」としている。

(一部抜粋)

最近増えつつある、言葉の誤用について、皆様はいかがお考えでしょうか。

抜粋した文章以外にも、例えば「役不足」は、

本来の意味:自分の能力に対して、与えられた役(仕事など)が低い
誤った意味:与えられた役(仕事)に対し、自分の脳力が低い

という誤用が有名です。かくいう私も過去に一度やらかしたことがあります。

他にも、普段の会話や小説で「にやける」という言葉を、「薄笑いを浮かべている」という意味で使うこともありますし、他には例えば「おもむろに」という言葉を「ゆっくりと」という意味ではなく「突然に」という意味で使ったこともあります。

さて。では日本語の誤用というのは、嘆かわしいものでしょうか。

私はそうは思いません。日本語というのは変化していくものですし、また新たに生まれるものです。奇妙な日本語の代表例(と言っては失礼かもしれませんが)のネットスラングも、リアルで使うのはちょっと引くかもしれませんが、だからといって存在・誕生してはならないものとは思いません。

それでは、誤用が広がりつつある日本語に対して、いかなる対処をするのが正しいのか。

誤用が広がっていることが有名な「役不足」ならまだしも、大半の人が誤用=正しい意味だと勘違いしている「にやける」を本来の意味で使った場合、逆に何を言ってるんだと首を傾げられてしまう恐れがあります。
相手が誤用を正しい意味だと思い込んでいる可能性もありますし、、“こいつ(=発言者)は本来の意味が分かっているのか?(あるいは、本来の意味で使っているのか?)”と首を傾げられることも考えられます。
もしかしたら“こいつは誤用が多い単語を本来の意味で使うことで、自分の博識をアピールしたいのか”と嫌がられる可能性もあります。

文章で書いても同じこと。
例えば日本語の誤用について扱った作品、あるいは会話中で、誤用が多い単語を出してから、本来の意味がどうこうという補足を入れさせれば別に問題はないのですが、普通の言葉として使うと、読者に混乱させてしまう恐れがあります。

だから私が思う正解は、「使わない」こと。

もっと正確にいえば、何か代替となる単語がないか探してみること。

誤用があるからその単語を使ってはならない、とまでは言いません。それだとまるで、この道具は人間が悪用するから製造を禁止する、という馬鹿げた話のようじゃありませんか。
ただ、対話や執筆のように、“誰かに意味を伝えなければならない”時には、誤用が広がっている単語を使うと、間違った意味で伝わってしまう可能性があります。

そこに配慮をするのならば、わざわざ誤用なのか本来の意味なのか分かりにくい言葉を使うよりも、もっと別の、誰が聞いても同じ意味に捉えられる言葉を使った方が、お互いにやりやすいとは思いませんか?

そういう理由で、誤用が広がりつつある単語は、別の言葉を使おうと心がけております。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/09/22 22:16 ] 語ってみた | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1845-a9b205fd











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。