スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴァイスシュヴァルツ:今日のカード紹介・考察(9月21日)

今日のカードは2枚が繋がって1枚の絵になるため、拡大表示するとそれぞれ違う向きで表示されます。
メチャクチャ見にくいよう。



「“書き換える運命”小鳥」
レベル2・コスト1・ソウル1・パワー4500、青
<植物><オカルト>
永:応援・このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+X。Xはそのキャラのレベル×500に等しい。
起:[1 このカードをレストする]あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、次の能力を与える。『自:このカードのバトル相手がリバースした時、あなたはそのキャラを山札の下に置いてよい。』


「“守りの包帯”ちはや」以来のレベル応援。これで青単体でもまともに戦えるようになるか?

レベル応援はさておき、2つ目の能力はデッキボトム送り。「お姉さん あずさ」のコストを軽くしてCXを不要とした代わりに、レストコストと、相手キャラをリバースする条件がついたものとでも考えればいいだろうか。
タイトル内ではレストコストを必要とするカードが少ないため、コストさえ余らせることができれば、毎ターンでも発動できる能力ではある。

反面、デッキボトム送りを確実に行うために、別のカードでさらなるバンプをすることも考えるべきだろうか。
やはり真っ先に思い付くのは「“魔法の第三惑精”クリーミィ☆かがりん」だが……。

タイトル内では粘っこいアンコール持ちのキャラがあまりいない(最初に思いついたのは「月夜に佇む篝」だが、あれはレベル1だし)ため、ミラーマッチではあまり効果を発揮できないかもしれないが、他タイトルでいつまでも盤面に居座るキャラを吹っ飛ばすには、有効な1枚となる。

……それにしてもSRのフレーバーは一体何を言っているのだろうか?
なお、このカードは「奇跡と温もりの中で」と同じく、「Rewrite Harvest festa!」ではなく「Rewrite」に登場するため、タイトル表示は「Rewrite」となっている。



「“書き換わる運命”篝」
レベル1・コスト1・ソウル1・パワー1500、青
<時間><鍵>
永:応援・このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+X。Xはあなたの「応援」を持つキャラの枚数×500に等しい。
起:[手札を1枚控え室に置く]あなたは自分のキャラを1枚選び、次の相手のターンの終わりまで、パワーを+1000。


「多節槍 杏子」や「笑顔のさやか」と同じく、「応援」の数×500のバンプを与えるカード。
「応援」のキャラは後列向け(「ドジっ娘 春香」と「物静かな美魚」は例外とする)なので、必然的に「このカードの前のあなたのキャラ全てに、パワー+1000」となるだろうか。ターン限りでいいながら1枚くらい前列に出して、+1500にしてもいいかもしれないが。

現状、タイトル内で+1000をかけるカードは「“ちはやの執事”咲夜」(自ターン限定・全員)、「“滅びの歌”朱音」(レベル2以上+1000)の2枚の筈。
このカードを2枚並べれば中央は+2000となるため、さらに相手ターンで1コスト+2000できる「月夜に佇む篝」や、レベル1・コスト1・パワー7000バニラを据えれば、相当の耐久力が期待できる。

2つ目の能力は、相手ターン終わりまでのバンプ。
手札を1枚控え室に置かなければならないが、この能力を有用に使いたいなら、是非ともチェンジ先を控え室に送りたいところ。タイトル内でのチェンジは「チェンジ先とのコスト+1&自身控え室」か「チェンジ先とのコスト&自身クロック」で、手札を控え室に送ることができないため、チェンジ先が手札に固まった時などはこの能力を使いたいところ。

……それにしてもRのフレーバー、以前に見たことがあるとか言っちゃ駄目なのだろうか?
なお、このカードも「奇跡と温もりの中で」と同じく、「Rewrite Harvest festa!」ではなく「Rewrite」に登場するため、タイトル表示は「Rewrite」となっている。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1842-98d454af











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。