スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴァイスシュヴァルツ:今日のカード紹介・考察(9月20日)

「“違いがわかる生徒”篝」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー2500、青
<時間><鍵>
永:他のあなたのキャラがいないなら、このカードのパワーを+1500し、このカードは『自:アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く]』を得る。


「儚げな少女 戦場ヶ原ひたぎ」と同じ能力。

タイトル内ではレベル0において優秀なカードが非常に多いため、このカードを運用することはやや厳しい。
それでも先行1ターン目などにこれを掴んでおけば、パワー4000&アンコール持ちという非常に硬い壁となる。
レベル0・レベル1であまりストックを使わないデッキなら、しばらくこのカード1枚のみで戦いながら、アンコールコストとしてチェンジ先を落とすのも面白い。

また、「“無愛想っ子”朱音」のように相打ちキャラとこのカードのみを出し、朱音に相打ちをさせてカードを補給しつつ、相手のターンではこのカードをバンプする……という使い方も面白い。

他のキャラが登場しても、パワー2500はあるので、戦えないレベルではない。
それこそ他のキャラが揃ったら、相打ち持ち朱音に突っ込んでいくのもありかも。


「“いたずらなキス”ちはや」
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、黄
<お菓子><オカルト>
自:[1 手札を1枚控え室に置く]このカードがアタックした時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたのキャラすべてに、そのターン中、パワーを+500し、ソウルを+1。
自:この能力は1ターンにつき1回まで発動する。このカードが手札から舞台に置かれたターン中、このカードの与えたダメージがキャンセルされた時、あなたは相手に1ダメージを与えてよい。 (ダメージキャンセルは発生する)


前回の暴走娘っぷりをどこかに封印してきたような効果持ちのちはや。
それでもダメージやバンプで大暴走しているのは変わりない。

手札を切り1コストを払うことで、「私服のちはや」のCXシナジー全体版を使うことができる。
全体のソウル底上げに使えるが、レベル3のキャラは「天王寺 瑚太郎」のCXシナジーのようにもっと強力なバンプを所有していたり、他タイトルとなるが「情熱少女 ユイ」のように登場時に無償で+1000・+1をかけれたりするため、少しばかり微妙な効果。
同じ“手札を切り1コスト払う”では、「一つ屋根の下 美琴&黒子」のようなバンプ&リバース時ダメージのようなカードもあるため、そういったカードと比べてしまうと、ちょっと霞んでしまう。

2つ目の能力は、舞台に置かれたターン限定で、ダメージキャンセルした時に1ダメージを与える能力。
「“鳳家のお嬢様”ちはや」と似たものを感じるが、ソウルの多さから併用は難しいだろうか。
もちろん、1つ目の能力を使ってソウルを上げながら、この能力にも期待する……という使い方が好ましい。相手がまだレベル3・クロック0くらいだったら、さらにソウル+2のCXを併用してもいいかもしれない。

問題なのは、“この能力は1ターンにつき1回まで発動する”という点。
複数枚を展開して、ダメージを刻んでいく……という使い方ができないことに注意。
というかそもそもこのテキストだと、例えばこのカードを2枚並べ、1枚目のアタックでダメージが通り、2枚目のアタックでダメージキャンセルした場合、効果は発動するのだろうか?
まあ、“舞台に置かれた時、能力を得る”タイプではないため、たぶん発動すると思うけど……。

そしてこのカードは、舞台に置かれた次のターンからは、手札を切らなければ発動できない能力だけを持ったレベル3となる。
静流やルチアと違い自身バンプもないし、黄のため「ルチアVS静流」も使えない。相手ターン終了までバンプできた前回のちはやに比べたらバトルには弱くなるが、このカードを複数枚積んでダメージを刻めば、ぐっと勝率は上がるだろう。
そのためにも、返しのターンで負けてしまわないように、デッキ圧縮やCX落としを確実に行うと尚良し?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1839-8a72edea











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。