スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『いなかみち。』第3章終了

『いなかみち。』第3章、「とある姉妹の物語」が完結しました。

反省点がある、どころか、反省点だらけです。

先を見据えない物語展開、執筆速度の激減、無謀なファンタジー混入にキャラクターディティール不足。
そして何より、ストーリーがストーリーとして成立していなかったとさえ言えるお粗末な組立。
執筆歴的に、長くやってきたなどと称するほど愚かな誇張はしませんが、短くないのもまた事実。
正直、初めて書いた物語よりよっぽど酷いものができあがったとしか言えません。

せっかく凝った原案をたくさん頂いたのに、もうどうしようもないほど申し訳なさでいっぱいです。

今回の執筆においては、反省すべき点があまりにも多すぎます。
最たるものは「王道から外れすぎた」。特異的なものを書こうとして、基本を疎かにしすぎたことが一番の原因でしょう。
あとはキャラクターの非個性化。
正直、最近になって、キャラクターの個性というものが、感覚でも理性的にも理解できなくなってきました。

面白いものが書けず、魅力的なキャラクターも作れない。
筆を置くならこの辺だと自覚はしております。ただ、それでも尚、執筆は続ける予定です。
なにせ、自分が「物書きに向いていない」、「物書きをすべきではない」ことは重々承知なのですから。
今回、上手くいかなかった……というよりも大失敗した点は、どれほどの時間をかけてでも研究し、考察し、必ず改善していきたいと思います。

てか改善しないと、今後酷いものを作り続けることになってしまいます。ゴミ量産機にはなりたくないです。





さて。

今後ですが、『いなかみち。』第4章は「八坂涼・九重八桜の物語」か「九重実桜の物語-after-」、あるいは「八坂涼の単なるラブコメ」みたいなタイトルになりそうです。
どちらにしてもメインキャラクターは、主人公である八坂涼と、ここまでいくつか伏線(というより、涼が「どうにかしなきゃなぁ」と思ったこと)が多い九重八桜になりそうです。

そして、おそらくこのシリーズ、最終回が近づいてきていると自分で思います。
というのも、このシリーズで書きたいことが、大体次の章で片付きそうな気がするからです。
現在の草案では、「4章完結→エピローグor最終章掲載→完結」の流れになりそうかと。

ジャンルはラブコメ。
そして、キャラクター募集については懲りました。今回は完全にサブキャラを募集します。
ただ、先着一名様に限り、本格的にラブコメに参加するキャラを募集しております。

まあその辺、詳しくはこちら→『いなかみち。』キャラクター原案について(9月17日更新)



何かと不手際ばかりが目立った第3章でしたが、作者自身も大いに反省しております。
許してくださいとは言いません。
もしよろしければ、寛容な心を持ってお付き合いいただけたら、至極愉悦の限りです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/09/17 22:44 ] サイト・自作小説のこと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1836-c684b521











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。