スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴァイスシュヴァルツ:今日のカード紹介・考察(9月14日)

第二発目の衝撃。




「“魔法の第三惑精”クリーミィ☆かがりん」
レベル2・コスト1・ソウル1・パワー8000、青
<鍵><時間>
自:このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがクライマックスなら、このカードをレストする。 (公開したカードは元に戻す)
自:加速・[あなたの山札の上から1枚をクロック置場に置く]あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたのキャラすべてに、次の相手のターンの終わりまで、パワーを+1000。



来るとは絶対に思ってたけどマジで来た!
かがりんだ!
かがりんだー!

……落ち着け、私。

さて。パワーはバニラから500引いたものだが、それでもデメリット持ち。レストしたらおとなしく後列に下げておこう。

2つ目の能力は、3枚目となる加速のカード。同タイトル内では「“ルチアの代弁者”瑚太朗」に次ぐが、能力対象が「このカード」ではなく「あなたのキャラ全て」になっている。
CXシナジーを不要とし、相手のターンの終わりまで続く「ふたりの記念 サラ」とも言う。

クロックの増加を気にしないのならば、後列にこのカードを置くのも悪くないし、チェンジを使わないレベル2地帯なら前列にこのカードを据えても何ら問題はない。特にタイトル内の青色は現時点でチェンジが存在していないため、十分に有用な1枚となる。

反面、タイトル内の青色でレベル2のキャラは微妙なキャラが多い。レストコストを要する「私服の静流」か、特定のカードが思い出になければパワー7500止まりの「“優しい言葉”篝」くらいか。
故にこのカードは、青色メインに組み込むというよりも、他のカードを軸としたデッキのサポートに使う、という位置づけでいいかもしれない。

気をつけるべきは、アンコールステップでのチェンジで登場したキャラには、パワー+1000がかからないということ。
そして後述する朱音が回復封じを引っさげてきたため、下手にクロックを増加させると危険かもしれない、ということ。

ちなみにフレーバーの「Eムードディメンジョン!」とは、「Rewrite Harvest festa!」内ミニゲーム「リライトクエスト」で篝が習得するサポート技。
味方全員に、次の攻撃の威力を増加させるというもので、そう考えると上手い原作再現なのだが、そもそもEムードディメンジョンを使うのは篝であってかがりんではないのだ。どうでもいいけど。



「“カリスマ魔女様”朱音」
レベル2・コスト1・ソウル1・パワー3500、赤
<魔法><オカルト>
永:応援・このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+1000。
自:あなたか相手のクロックが、自分のカードの効果で控え室に置かれた時、そのプレイヤーは自分のストックの上から2枚を控え室に置いてよい。そうしないなら、そのプレイヤーは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。


ルールそのものをひん曲げる1枚。回復行為を封じる、という意味合いでは初のカードとなる。

応援はともかく、2つ目の能力はつまり「クロック回復の効果に対して2コストを要求する。払えないのなら回復不可」というもの。
クロックが控え室に送られる度に能力が発動するため、複数回復をもたらす「木琴占い」などは使用が相当厳しくなる。また、アラームとして回復可能な「水着の杏」、登場時相手をリバースさせたら回復できる「中津 静流」や「アイドルとしての才能 愛」などにも余計なコストがかかってくるため、回復をメインとしたデッキを軒並み黙らせることが可能。

また、あくまで能力は「山札の上から1枚をクロック置き場に置く」なので、たとえそれがクライマックスだろうが関係なく置かれる。
ただ、何が置かれるかは分からないため、この効果でアラーム持ちが台頭してきたら少々厄介なことになるかもしれない。

かなり特殊なケースだが、そもそもストックが片っ端から消えていく「鳳 ちはや」をメインアタッカーとするデッキを相手にすると、躊躇なくストックを2枚送るかもしれない。
また、リバースキャラをストックへ送れる「夏服の葉留佳」、「ガチガチ 姫乃」、「ゲットだぜ! 響」などを後列に据えているデッキを相手にすると、“このカードでストックを消費した分、キャラをストックに送る”ということをやってのけるかもしれない。特に思い出圧縮・大量回復を得意としているDCシリーズに属される姫乃を入れているのなら尚更。

「クロックが控え室以外に移動する」際には能力が使えない。
例えば「神戸 小鳥」のように舞台に出るカードや、「“息抜きデート”サラ」、「さやかの願い」、「処刑」のように手札へと戻る効果など。
もっとも、一般的な回復に比べれば、控え室以外へ戻るカードは相当限定的なので、さほど気にすることもないが。

忘れてしまいがちだが、この能力は自分にも適用されることに注意。
チェンジコストが「自身クロック」となる「“終わりのない転写”朱音」などは、「千里 朱音」が回復持ちとはいえ、ちゃんと回復しようとすると3コスト要するため、このカードを積むのなら、チェンジの扱い方を考えなければならない。

これはチェンジに限った話ではないが、このカードを1枚のみ置いている場合は、「1点回復」が実質「クロック入れ替え」となる。
ほとんどのカードは「舞台に出た時、クロックの上から1枚を置いて“よい”」なので、クライマックスが飛びそうな時は敢えて置かないという選択も可能。また、クロックトップがクライマックスなら、その後に1点ダメージが入ろうと関係なく回復するべきなのは言うまでもない。

最後に、今の時点で存在しているか不明だが、能力の対象となるのは「自分のカードの効果でクロックが控え室に送られた時」。
カードのデメリット効果などで、相手のクロックを控え室に送った場合は、この能力の適用外なので注意。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1828-3672d8fb











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。