スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライトノベル感想『“末摘花”ヒカルが地球にいたころ……5』


“末摘花“末摘花" ヒカルが地球にいたころ……(5) (ファミ通文庫)
(2012/08/30)
野村美月

商品詳細を見る

夏休み。帆夏とプールにいくはずが、何故か紫織子同伴になり、張り合うふたりに振り回される是光。一方で、ヒカルの次の"心残り"を晴らすため動き始めるが、「今度の女は、どこのどいつだ」「それが、弱ったことに、ぼくにもわからないんだ」――名も顔も知らない少女を見つけることが"約束"だと言うヒカルに唖然とすることに。ブログの記事を唯一のヒントに、約束の喫茶店を訪れてはみたものの、なんとその店では葵がバイト中で!? 大人気学園ロマンス第5巻!!

今月2冊目。


「葵」という名前の女の子はウェイトレスをやるという宿命でもあるんでしょうか?
笑ってよ、ほら――






前巻の「醜い人間を美しく描いた」話とは打って変わって、かなり恋愛要素、つかラブコメに傾いた5巻。
今までの「ヒカルの“心残り”の少女を見つける→願いを叶えようと是光が奮闘し始める→そこで何か事件が発生」というパターンとはかなりかけ離れ、今までのキャラ達がラブコメを織り成しています。
シリーズらしくなさは随一ですが、文章の綺麗さや女の子の可愛さは変わらず。わかりやすい心情描写も然り。
なんというか、麗人が全力でコメディを書いたって感じです。

今までのヒロインズ(夕雨は除く。……仕方ないじゃん)総揃いに、気付いたら是光ハーレム状態(ただし半分くらいは恋愛感情かよく分からない)のコメディ。
これだけ見ると、既存のライトノベルに随分近い状態な気がします。

また今回、ヒカルの“心残り”の少女がはっきりと登場するのは随分と終盤なので、ヒカルの存在がかなり薄いというか、なんか主人公のサポートキャラクターって感じがしました。
けれどもこの「サポート役」という立場がまた美味しい。女の子に全く慣れていない是光に、暖かいアドバイスを送るシーンは、つい口元が緩みます。

なんというか、今までの設定とかを取りあえず“利用”して、女の子(と是光)が爛々と輝く物語を書いた、っていう感じの1冊でした。

あ、それとラストのプールのシーンは最高でした。もうニヤニヤニヤニヤ。帆夏の可愛さは巻を追う毎に倍々になっている気がします。
そして今回はどうやら報われる可能性がありそうで一安心。
ただ葵絡みで何かありそうな気がするのが恐ろしい。このシリーズ、あるいはこの著者、エグい修羅場とか平気でぶち込んでくるからなぁ……。
でもそれもまた楽しみです。



しかし次が「朝顔」――ちょっとドデカイ話が来そうです。
今回が最後の癒し、ってことにはならないよう祈っております。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/09/05 23:37 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1819-caeb6708











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。