スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライトノベル感想『さくら荘のペットな彼女7.5』


さくら荘のペットな彼女7.5 (電撃文庫)さくら荘のペットな彼女7.5 (電撃文庫)
(2012/08/10)
鴨志田一

商品詳細を見る

カタブツ生徒会長と音楽科のクールビューティーはうはうの馴れ初めを描く中編『生徒会長のはうはうな彼女』。
 風邪を引いたましろは、いつも以上に扇情的! 空太は理性と戦いながらましろの面倒を見ることになる。ある意味日常!? 『風邪を引いたペットな彼女』。
 電撃文庫MAGAZINEに掲載された2つの物語に加え、七海の空太への想いを描いた書き下ろし短編『青山七海のもっと乙女なスプリング』を収録。
 変態と天才と凡人が織りなす青春学園ラブコメ、短編集第2弾登場です!


今月8冊目。





「生徒会長のはうはうな彼女」
なんかギャルゲーみたいな話でした。

脇役の方々には興味ないけどとりあえず読むかー、とあまり気乗りしないままページをめくり、20ページくらい読んだところでドハマリしている自分に驚きました。
どうしてもメインキャラクターが好きな小説の、脇役の物語とか短編とかって興味が湧かないのですが、それを感じさせない面白さがあるというか。ある意味ではシリーズとは別物として考えた方が面白い物語というか。

やっていることはごく普通のラブコメなのに、ここまで面白く見せられるっていうのは、まさにラノベクリエイターですね。


「風邪を引いたペットな彼女」
少しはシリアスが混じっていた話から一転、ただただひたすらラブコメしている話でした。
同時に、本家の雰囲気を思い出したというか。7巻を読んでかなり経っていたので、そうそうこのシリーズってこんなノリだよ、と思い出す話でした。

ましろも女の子なんだなぁ……(ものすごく失礼な発言)


「青山七海のもっと乙女なスプリング」
まあ短篇集で泣いたりはしないだろう→最初の数行で涙ぐみラスト一行で涙腺崩壊。
さすがである、このシリーズ。

本編を七海視点で追っていく話。いずれ本編で出てくると思っていましたが、短編での登場です。
もう七海の強さとか脆さとか乙女具合とか、7巻以前から分かっていたので斬新さはありませんが、改めて青春だなぁと暖かい気持ちになる話。キスという単語に過剰反応するとか、デートの後の話をしたがらないとか、こういう真っ当な反応を見ていると、いかにさくら荘の人たちがぶっ飛んでいるかがよく分かります。

だとしても、七海の乙女具合に感涙万歳です。

ラスト一行に涙腺が吹っ飛びましたが、個人的にはあれは7巻のラスト一行にしてほしかったというか、ページを捲る寸前にそれを期待していた自分がいたのですが、皆様はどう思われますか?
ケチをつけるのではなく、“どっちでもいいけど、こういうのもどうだろ?”という提案程度で。



<総評>
やっぱりさくら荘は短編でも素晴らしい。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/08/13 13:35 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1798-d50586ab











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。