スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴァイスシュヴァルツ:自作デッキ紹介(16)「恋歌(月島小恋版)」

第1回:「葉留佳奈多+双子」(タイトル通り)
第2回:「死んだ世界戦線に紛れ込んだ中学生」(「Angel Beats!」&フーカ)
第3回:「チームオカ研」(「Rewrite」ネタデッキその1)
第4回:「杏」(杏混合デッキその1)
第5回:「チームOKA☆KEN」(「Rewrite」ネタデッキその2)
第6回:「チームOKA☆KEN(静流は総指揮)」(「Rewrite」ネタデッキその3)
第7回:「光坂高校演劇部×風見学園新生徒会」(杏混合デッキその2)
第8回:「765プロ成長中。」(アイマス2)
第9回:「ガイアサイド」(「Rewrite」ガチデッキ)
第10回:「シズルチア」(「Rewrite」2軍デッキ)
第11回:「光坂高校演劇部×風見学園新生徒会with見滝原町魔法少女」(杏混合デッキその3)
第12回:「霧桜」(ダ・カーポⅢ(3)単独デッキ)
第13回:「お姉ちゃんと妹」(ダ・カーポ混合デッキ。音姫さんと葵ちゃん)
第14回:「恋文」(音楽デッキ・製作途中その1)
第15回:「公式新聞部」(非公式新聞部も混じってるが気にしたら負け)



第14回の改良編。ただし大幅に変化しています。



<デッキレシピ>
○レベル0
水着の小恋 1
縁日でデート 小恋 1
白河 ことり 2
ゲロゲロキッチン 千早 1
クールでストイック 千早 1
新人アイドル 春香 1
運動好きな真 1
竜宮小町のリーダー 伊織 1
ショートカット あずさ 2
我那覇 響 2
私服の貴音 1
準備万端 貴音 1
はじめてのデート 翼 1

計16枚

○レベル1
歌姫ななか 3
ツヴァイウィング 奏 2
素直で前向き春香 1
ピンクダイヤモンド765 千早 2
本当の自分りせ 1
プレゼント 2
私立リディアン音楽院 1
空虚なディナー 1
六魔の祈り(オラシオンセイス) 4

計17枚

○レベル2
手を取る小恋 2
天性の才能 春香 1
ショッピング中のことり 1
凛とした佇まい 翼 1
秘密の貴音 1

計6枚

○レベル3
変わらない故郷 小恋 2
歌への情熱 春香 1

計3枚

○CX
逆光のフリューゲル 4
I Want 2
ことりの歌 2



※9月2日変更
○抜いたカード
「“名探偵”唯湖」
「寄り道(アニメ版)」(2枚)
「最期のステージ」
「イチイバルを纏う戦士 クリス」

○入れたカード
「本当の自分りせ」
「六魔の祈り(オラシオンセイス)」(2枚)
「空虚なディナー」
「クールでストイック 千早」



<キーカード:アタッカー>
「歌姫ななか」
レベル1・コスト0・ソウル1・パワー5000、緑
<音楽><魔法>
自:このカードがアタックした時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードが<音楽>のキャラなら、そのターン中、このカードのパワーを+2000。 (公開したカードは元に戻す)


「変わらない故郷 小恋」
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、緑
<音楽>
永:あなたのストックが6枚以上なら、このカードは『自:アンコール[手札のキャラを1枚控え室に置く]』を得る。
自:このカードが手札から舞台に置かれたときか「チェンジ」で舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置いてよい。


<キーカード:サルベージ関係>
「ツヴァイウィング 奏」
レベル1・コスト1・ソウル1・パワー6500、赤
<音楽><武器>
自:[1]このカードがアタックした時、クライマックス置き場に「逆光のフリューゲル」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室のキャラを1枚選び、手札に戻す。


「素直で前向き春香」
レベル1・コスト0・ソウル1・パワー4000、赤
<音楽><お菓子>
自:[1]このカードがアタックした時、クライマックス置場に「I Want」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の<音楽>のキャラを1枚選び、手札に戻し、相手のスタンドしているキャラすべてをレストする。
自:相手のスタンドしているキャラがレストした時、そのターン中、このカードのパワーを+1500。


「歌への情熱 春香」
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、赤
<音楽><お菓子>
自:[1]このカードが控え室から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは控え室のキャラを1枚選び、手札に戻す。
起:[あなたの思い出置場の「プレゼント」を1枚控え室に置く]そのターン中、このカードのパワーを+1000し、このカードは次の能力を得る。『自:このカードとバトル中のキャラがリバースした時、あなたはそのキャラを山札の上に置いてよい。』


「プレゼント」
レベル1・コスト1、赤(イベント)
あなたは自分の控え室の<音楽>のキャラを1枚選び、手札に戻す。このカードを思い出にする。



<キーカード:サポート>
「ピンクダイヤモンド765 千早」
レベル1・コスト0・ソウル1・パワー3000、青
<音楽>
永:他のあなたの「ピンクダイヤモンド765 真」1枚につき、他のあなたの「ピンクダイヤモンド765 貴音」すべてに、パワーを+1000。
永:応援・このカードの前のあなたのキャラすべてに、「自:アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く]」を与える。


「六魔の祈り(オラシオンセイス)」
レベル1・コスト1,緑(イベント・カウンター)
あなたは自分のキャラを1枚選び、控え室に置く。
そうしたら、あなたは自分の山札を見てそのキャラと同じ特徴を1つ以上持つキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。その山札をシャッフルする。
このカードを思い出にする。




<デッキ紹介>
スタンダート構築。特徴<音楽>で組んだデッキ。
基本的には「D.C.Ⅱ(2)」、「アイドルマスター(シリーズ)」、「戦姫絶唱シンフォギア」のカード。あとはイベントやらキャラやらが別の作品から出てきています。

色は緑メインの赤・青がサポート。

……え? 中津静流はどこにいったのかって? え、えっと……(汗
→この次に紹介する自作デッキ(18)をご覧ください。



<基本戦術>

○レベル0
“相手が手札を公開し、その手札にCXがあるならレスト”のデメリットを持ったパワー4000キャラ「白河 ことり」、“自分の<音楽>のキャラが2枚以上ならパワー3500”の「我那覇 響」あたりを軸にパワーで押す。
レベル1以降でも、“登場時に<音楽>のキャラ1枚にパワー+1500”の「ショートカット あずさ」や、“<音楽>のキャラ2枚レストで、キャラ1枚にパワー+2000”の「水着の小恋」などでサポートできる。


○レベル1
最優先で「ピンクダイヤモンド765 千早」を舞台に出す。クロックなどの色が合わなくてレベル1で出せないなら、せめてレベル2の時点では必ずキープすること。

回収イベントを山ほど積み込んでいる上、CXシナジーで回収できる「素直で前向き春香」、「ツヴァイウィング 奏」も。この2枚は通常のバトルでも非常に強いため、戦線の維持もできる。
……ちなみん「素直で前向き春香」は、何も考えず無印アイマスのブースターを4パック買ったらなんか混じってらっしゃった。春閣下! 春閣下!

あとはノーコストでパワー7000まで達することができる「歌姫ななか」などをメインに据えながら、相手のキャラを駆逐していく。

舞台に残留したレベル0キャラや、自動効果などを使用し終えたキャラは「六魔の祈り(オラシオンセイス)」で他のキャラに入れ替える。(カウンターイベント・自分の舞台のキャラ1枚と1ストック消費し、選択したキャラと同じ特徴を1つ以上持ったキャラを山札からサーチする=<音楽>ならなんでもよい)

なお同じ回収イベントでも、「プレゼント」は春香用、「私立リディアン音楽院」は手札のCXを落とす用と、それぞれ役割を分けている。レベル2以降のことを考えて選択する必要がある。


○レベル2
このデッキはレベル2の時点からレベル3キャラが暴れまわる。
レベル1の時点で「手を取る小恋」か「天性の才能 春香」を手札に加えておき、チェンジ先の状況とクロックダメージ数などを参照してどちらかをチェンジさせる。

チェンジ後は、「変わらない故郷 小恋」なら「凛とした佇まい 翼」でレベルバンプを優先。
「歌への情熱 春香」には必ず「ピンクダイヤモンド765 千早」でアンコールを付加させ、控え室に送られる→手札アンコール→1コストで回収、ということを繰り返す。これで実質、カード1枚で手札と控え室を交換することができる。CXも落とせるし。

ひと通り、必要なカードを回収し終えたら、3000カウンターの「秘密の貴音」を優先的に回収。
アタッカーが足りないなら「歌姫ななか」あたりで。


○レベル3
やることはレベル2と変わらない。チェンジの必要がなくなるため、「変わらない故郷 小恋」はアンコールせず、控え室からサルベージして回復に回す。




<このデッキの長所>

・サルベージに非常に長けている。イベントのみならず、CXシナジーや自動能力でサルベージできる上、そのどれもがローコスト(<音楽>限定のカードが多いが、どうせキャラが全部<音楽>)となっている。
特に回復能力を持った「変わらない故郷 小恋」を回収回しすることで、非常にしぶとく戦線を維持できる。

・ノーコストで強力なパワーバンプができる。溜まったコストは回収などに用いればいい。

・レベル2からレベル3キャラが大暴れするため、パワー10000~11500が基準となり、さらにキャラカウンター「秘密の貴音」を使い回せばさらに盤石となる。

・ターン限りのバンプが非常に豊富で、相手後列が2枚いて対応CXがあれば「素直で前向き春香」がパワー7000スタートできるため、チェンジなどによる早出しを容易に狩れる。



<このデッキの短所>

・あまりにもあっちこっちに手を伸ばしているため、必然的に1キャラあたりの枚数が減ってしまう。レベル2以降、舞台に出すことができれば非常に強力な「歌への情熱 春香」でさえ1枚しか入っていない。

・ストックがかなり際どいことになる。レベル3からは回収とコスト2キャラ登場を併用させるため、毎ターン3アタックしたところでプラスマイナスゼロ。いかにレベル1まででストックを貯めることができるかが勝負となる。

・レベル0~レベル1前半あたり、相打ち持ちに非常に弱い。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1792-9c624b09











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。