スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一般小説読了『儚い羊たちの祝宴』

<読了>
『儚い羊たちの祝宴』
著者:米澤穂信
レーベル:新潮文庫


今月3冊目。

去年7月に発刊された、ということでそんなに新しい本でもありませんが、一応、読む予定がある方はネタバレ注意。






いい意味で、薄気味悪くなる小説でした。
特にどの話(5編収録の短編集です)も、ラストの一行や、それに相当する文章で背筋が凍えつきます。
人って怖いなぁ、って。
1話目や2話目はかなり唐突に「人の悪意」が露になるため、いきなり堕ちた感覚になります。

反面、“文章の綺麗さ”から来る恐ろしさが美麗とさえ言えるもので、言い回しも上手いです。
一般小説の中でも昔ならではの文学に近くありながら、とても読みやすいもの。
“ちょっと身近から離れたところにあるような小説”を読みたい方にオススメです。

ではあとは、ネタバレ全開な各話ごとの感想を。



「身内に不幸がありまして」
吹子お嬢様を独り占めすることを、心の底から、望んでいたのです。

なんかもうあらゆる意味で救われない話。後味も最悪というか、なんか“色鮮やかな果実に期待してかぶりついたら、これ以上になく苦々しくて、手元に水もない”って感じでしょうか。
でも前半の手記は、手記であることを感じさせない文章でした。


「北の館の罪人」
「あまりさんは、紫の手袋をしているのね。これもいずれ、赤く変わるわ」

情緒的ミステリー。前の話とは正反対に綺麗に終わった……かと思いきやこのオチだよ!
“絵”のアイディアと、そのための道具探しという伏線が非常に上手いのと、絵について語っている彼の姿が美しすぎます。


「山荘秘聞」
「これで、あなたの沈黙を買いましょう」

しつこいまでに出てくる語り手の特徴がラストにつながります。ゾクッときます。
ミステリーとして割と真正面から描いている一話。視点が視点ですし、前半で一度話がぶつ切りになってるので、非常にわかりやすい話です。……で、ラストで騙されます。

どうせ結末は同じなのですが。


「玉野五十鈴の誉れ」
「はい」

1話目がラストで救われないなら、これはラストで救われてはいるけれど可哀想な話。
私はこの話が一番好きです。

誰もが一度は口にした、あるいは耳にしたあるフレーズが恐怖のモチーフとなって登場します。
意味に気付いた時、しばし目を見開いて固まることでしょう。

あとは、人の恐ろしさや冷たさ、機械質な部分が浮き彫りになる、哀しいお話。


「儚い羊たちの晩餐」
わたしの無想に捧げられた、夢見る儚い羊たち。
悉く狩り尽くされ、あるいは一匹も残らない。


……え? ってなる一話。
これも日記という形で物語が展開されるので、いいところでぶっつりと切れてしまいます。
4話目もそうでしたが、ある程度の知識があると、なお楽しめる話です。

んー……これはちょっとヒントが少ないので、私なりに解析する必要がありそうです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/06/15 19:58 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1708-21fdd6a2











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。