スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴァイスシュヴァルツ:今日のカード紹介・考察(5月24日)

あくまで「公式の発売日」は明日なので、今日まではこのコーナーを続けます。
たぶん明日は過去の、シリーズを象徴するカードが紹介されて発売、という形でしょうから。
もし明日も新規のカードを紹介したら、そちらを紹介します。
で、どちらにしても、シリーズ全体を通じてのキーカードなどをまとめて考察して、このコーナーを閉幕致します。

ブログも通常運営に戻さねば……。このブログで「ヴァイスの今日のカードだけを掲載した日」は実質“おやすみ”みたいなものでしたから。
ネタがなかったとか、精神的に死んでいたとか、まあその辺です。
今は精神的には回復しましたので、なんとかまともな文章は打てるはず……。


っと、それ以降は日記でやるとして、今日のカード紹介。



「大切なこと さくら」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー2500、青
<魔法>
自:[1]このカードがアタックした時、クライマックス置場に「友達の証」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札を上から5枚まで見て、<魔法>のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。残りのカードを控え室に置く。



レベル0ではありますが、シリーズを象徴するかのようなカードがラスト(セミラスト?)に来ました。

対象は変わりまずが、「意外とお子様 立夏」の完全上位版カード。
<魔法>縛りが入りますので、風見鶏編のカードで構成したデッキでないと使いにくい……ように見えますが、“5枚まで見て”とあるので、単純計算でデッキ内の<魔法>のカードが10枚前後でも効果は使用できます。
手札交換というわけでもないので手札アドが取れる上、対応CX「友達の証」も1ドローつきなので、非常に協力。

レベル1以降でも、デッキクラッシュやサルベージカードの使用などに用いることができる。
ただし5枚も掘る以上、返しのターンでリフレッシュが入る可能性を考慮して使うこと。ファーストアタックで山札が15枚以下だと危うい。

また、このカードはスタンダート構成でも使用できる。
今更解説する必要もないほどに<魔法>はカードプールが広く、レベル1以降のチェンジも大量に存在する。
色が合い、クライマックスカードが空いているなら、CX4積み・このカードを3積みくらいまでやってもいいレベル。

「山札からめくった5枚の中で<魔法>のカードを1枚手札に加える」というテキストだけ見るとなんとも地味だが、そこに付加されるあらゆる意味を考えると、非常に安定し強力な1枚。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1681-9486d975











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。