スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴァイスシュヴァルツ:今日のカード紹介・考察(5月22日)

「ふたりの記念 サラ」
レベル2・コスト1・ソウル1パワー5000、緑
<魔法><スポーツ>
永:応援・このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+X。Xはそのキャラのレベル×500に等しい。
自:あなたのクライマックス置場に「“大好き”の証拠」が置かれた時、あなたのキャラすべてに、そのターン中、パワーを+1000。


満を持して登場したレベル応援のサラ。

レベル2以降の応援キャラと取捨選択をするとなると、前回から「若き生徒会長 エリカ」、今回から「???(名称不明のアレ)」と「通じあった心 清隆&姫乃」、この3枚を比較することとなる。

まず「若き生徒会長 エリカ」
こっちはCXシナジーバンプで、向こうはアンコール。後列潰し対策&いざとなった時の前列、という意味では向こうの方が有利だが、ちょっとバンプ数値が足りない時はこちらが楽。

現実的な話をするなら、向こうはエクストラパック&シングルで購入するとコモンにも関わらず700円前後持っていかれるため、金銭的にはこちらの方が楽かも。

対応CXはトリガー2&1ドロー+2000。色や特徴にもよるが、2枚の極端な差はない。
他のカードの導入具合(色)と特徴(ネオスタなら、「若き生徒会長 エリカ」は「年越しキス」で回収可能。「ふたりの記念 サラ」はデッキトップにあれば「体操着のさら」のシナジーや「明日のめざまし予報」の対象となる)で合わせるべきだろうか。



続いて「???(名称不明のアレ)」。

これは効果が微妙に異なるため、デッキのタイプによる。
向こうはどのレベルでも関係なく+1000かつ全カードに対応しているため、全体的な底力の向上を目指すなら向こうを採用すべき。
ただし向こうはキャラのレベルに対応した枚数の思い出が必要な上、レベル3に対しても+1000。
早めにレベル2→レベル3へとチェンジするデッキなら、こちらを採用すべき。



最後に「通じあった心 姫乃&清隆」。

向こうはシナジーによる早出しが可能な上、レベルに関係なく+1000。さらに「姫乃」限定のスタンド効果を持っている。
専用デッキを組むなら向こうの方が強いが、汎用性を求める&CXの空きがあるならこちらを選ぶべき。


なににせよ、名称不明のアレを除き、どのカードを選んでも大した差はない。
軸といっても後列に置くだけなので、それこそ「他のあなたの<生徒会>の数だけバンプ」のようなカードでも採用しない限りは、好きなカードを選べばいいのではないだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1678-72938d38











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。