スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴァイスシュヴァルツ:今日のカード紹介・考察(5月18日)

あらゆる意味で目を見開きました。



「本当の想い 葵」
レベル2・コスト2・ソウル2・パワー8000、青
<魔法><ウェイトレス>
自:[1 あなたのクライマックス置場か控え室の、「魔法の霧」を1枚思い出にする]
このカードがアタックした時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札を上から2枚まで見て、カードを1枚まで選び、手札に加える。残りのカードを山札の上に好きな順番で置く。
自:チェンジ[あなたの控え室の「魔法の霧」を1枚思い出にし、このカードを思い出にする]
あなたのアンコールステップの始めに、このカードがレストしているなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「進みだした未来 葵」を1枚選び、このカードがいた枠に置く。


「進みだした未来 葵」
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、青
<魔法><ウェイトレス>
自:このカードが手札から舞台に置かれた時か「チェンジ」で舞台に置かれた時、あなたは2枚まで引き、自分の手札を1枚選び、控え室に置く。
自:[1 あなたの思い出置場の「魔法の霧」を1枚控え室に置く]このカードがアタックした時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置く。
自:あなたが山札をリフレッシュした時、あなたの思い出置場に「魔法の霧」がないなら、このカードを控え室に置く。




5枚目(6枚目)のレベル3カード。

ここまで比較的大人しめというか、シンプルな効果を持っていたレベル3のキャラが続いていただけに、突然ものすごく凝ったカードが登場でびっくり。
同時に、風見鶏編の葵はここが初出だったりする。

さて。この2枚のキーとなるのは、クライマックス「魔法の霧」。この2枚の中で幾度と無く登場するこのカードが、どう運用すればいいのか。
使い方を一覧にすると、

(1)思い出にして、山札の上から2枚見て1枚を選び手札に加える
(2)思い出にして、「本当の想い 葵」→「進みだした未来 葵」にチェンジする
(3)思い出ボムとして使ってクロック回復
(4)思い出に置いたままにして自壊阻止

となる。

最大限にこのカードを活かすのなら、間違えなくCXは4枚必要となる。反面、他のカードの中に含ませるとなると、上手く効果を使えない時がある。どこを軸にデッキを組むか、相当悩むこととなる。
ただこのカードをメインに据えると、このカードの特徴上、<新聞>を対象としたカードが軒並み運用不可となる。<魔法>は確かに効果対象としては抜群に広い特徴だが、ダ・カーポ単体だとほとんど用いることができないため、専用特徴デッキに弱くなることに注意。

そして、運良く(あるいは狙って)効果を使えたとしても、チェンジ先の葵がパワーバンプを持っていないため、出した次のターンに負けてしまう可能性がある。この時点で専用カウンターは存在していないので、アンコールコストか、後列にレベル応援などを置いて支援すること。

「魔法の霧」自身はただのCXのため、単体で思い出に飛ばせない点も注意。
逆に言えば、葵の効果でカードがどこにあっても思い出に飛ばせる上、チェンジ時には自身も思い出に送られるため、合計2枚の思い出を確保できる。さらにチェンジ前の葵が舞台に2枚以上いれば、「1枚目の葵をチェンジさせる」→「1枚目のチェンジ後の葵の自動効果を使用、手札から「魔法の霧」を控え室に落とす」→「2枚目の葵をチェンジさせる」という芸当も可能となる。この時、2枚チェンジすれば、思い出には4枚のカードが置かれる。
これは他の記憶持ちのキャラと非常に相性がいい。さらにダ・カーポのチェンジキャラやレベル2以降のキャラには強力な記憶持ちのキャラが多いので、同時に運用することも可能。

ただし併用する場合、チェンジ後の葵が思い出ボムを使わないことが前提となってしまう。
こうなると葵がただのレベル3キャラとなるので、チェンジ運用のメリットが薄い。それなら強力な効果を持つ「くすぐったい毎日 音姫」や、条件次第で手札アンコールを得られる「変わらない故郷 小恋」の方が、チェンジ後は楽。

思い出ボムを使わない、ということは、つまりリフレッシュ時に山札に戻るCXがその分減るということにも注意。
1枚なら問題ないが、3枚も4枚も思い出に置いたままだとダメージレースでの敗北が必至なため、リフレッシュ前、山札が10枚以下くらいになったら効果を使っていくこと。
この時、1枚だけでも思い出に「魔法の霧」を残しておくか否かは手札と場の状況を参照すること。あるいは、控え室に確実にCXが7枚落ちているのなら問題はない。

同じ理由で、リフレッシュ間際によるチェンジはあまりオススメできない(複数枚運用する場合)。
1枚だけなら「チェンジ」と「思い出に「魔法の霧」を確保する」という条件を両方満たせる上、チェンジ先の葵を舞台に置けば手札を1枚控え室に置けるため、別のCXを落とすこともできる。
他のキャラに比べて、チェンジタイミングをより入念に検討する必要があるキャラと言える。

とはいえ、先述の2枚と比較しても、チェンジ条件は非常に楽(なにせ山札にCXが沈んでなくて、控え室にチェンジ先がいれば必ずノーコストでチェンジできる)なので、数を打つという意味ではこちらの方が楽。「手札を1枚控え室に置き」という条件がないだけでも相当に楽である。
また、スタンダートでいいなら、リトバスの「耳掃除」を使えばレベル1からこのカードを出すことができる。「耳掃除」はコスト3のため非常に重いが、その分、ノーコストでチェンジできるというメリットが生きる。
ただしレベル1時点でコスト3を確保するのは楽とは言えず(スタンダートでなら、同じくリトバスから「空虚なディナー」などでストックブーストすればいいのだが)、ダ・カーポにはレベル1・コスト1で強力なカードが軒並み揃っている上、控え室のカードが足りない恐れがあるが。

使い方次第では容易に舞台にレベル3のキャラを並べることができる上、相当の枚数の思い出を確保できる超強力なカード。反面、使い方を誤ると、チェンジする意味がなくなる上にリフレッシュ時にCXが山札に戻らなくなる。
かなり使い方を考える必要があるカード。



またこのカード、昨日のサラと同じで、風見鶏編のカードなのに青色となっている。
そして今日、メールマガジンで「重なる鼓動 サラ」が青色で発表されたらしく、これで<魔法>持ちの青色が5枚となった。青色のカードプールが30枚のため、なんとか<新聞>に依存しなくても組めるかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1674-7b3058b7











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。