スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴァイスシュヴァルツ:今日のカード紹介・考察(5月16日)

「初デートの後に シャルル」
レベル1・コスト0・ソウル1・パワー4500、赤
<魔法><生徒会>
自:記憶・このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたの思い出が2枚以上なら、あなたは他の自分のキャラを1枚選び、そのターン中、次の能力を与える。
『自:このカードがリバースした時、このカードとバトル中のキャラのレベルがこのカードのレベル以下なら、あなたはそのキャラをリバースしてよい。』


条件こそやや厳しいものの、お手軽に強力な能力を付加させることのできるカード。

ここでポイントなのは、“このカードのレベル以下なら”という点。
つまり、他の効果でレベルを上げたり、パワー低めのレベル2キャラに相打ちさせたり……という芸当ができる。
もちろん、アンコール持ちキャラに能力を付加させるのも悪くない。ネオスタンだと、“レストバンプを他のキャラに使った後”の「花より団子 葵」や、ダメージキャンセルした後にストックに飛べる「クリパへようこそ! シャルル」、強力な能力を持つ反面パワーが4000しかない「雪村 杏」などが挙げられる。

また、リバースしたキャラをストックに飛ばせる「ガチガチ 姫乃」や、たとえリバースしていようとCXシナジーで次ターンまで思い出に飛ばせる「あの夢で見た光景 由夢」と併用するのも有り。




「守りたい笑顔 シャルル」
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、赤
<魔法><生徒会>
自:このカードがフロントアタックされた時、あなたは自分の山札を上から1枚見て、山札の上か控え室に置く。
自:記憶・このカードのバトル相手がリバースした時、あなたの思い出が3枚以上なら、あなたはそのキャラを山札の上に置いてよい。


打って変わって強力な能力を引っさげてきた、シリーズ3枚目(トライアルを含めれば4枚目)のレベル3。

1つ目の能力は「“戦い続ける”ほむら」と同じく、アタック時のキャンセル確率を上げるもの。レベル3地帯となると相手のソウルが2以上なんでことはザラにあるが、それでもありがたい能力ではある。
「このカードの正面のキャラのソウル-1」に比べると確実性は低いが、クロック枚数次第ではこっちの方が役に立つことも。

2つ目の能力は、ダ・カーポシリーズの赤のキャラに多く収録されているデッキトップ送り。
さすがにレベル3ということもあってか条件は厳しいものの、そもそもPCの頃から思い出送りする機会が非常に増えているため、デッキ構築によってはなんてことのない条件となる。
あと1点を詰める時、ダメージレースの勝率を上げる時、アンコールを封じる時など、様々な時に役立つ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1670-63829a5f











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。