スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライトノベル感想『レトロゲームマスター渋沢3』


レトロゲームマスター渋沢3 (電撃文庫)レトロゲームマスター渋沢3 (電撃文庫)
(2012/05/10)
周防ツカサ

商品詳細を見る

携帯電話でゲームをする渋沢をうらやましそうに見つめる委員長。家が厳しい委員長は携帯も通話のみのしょぼいものだったのだ。考えた渋沢は、委員長に「携帯可能なゲーム機」。をプレゼント。しかし真面目な委員長は「そんな高価なもの、ただで受け取れません。買い取ります」と言い出して、いろいろあった挙句に、みんなで秋葉の実家のゲーム屋でバイトすることになり……!? 
 ゆるゆる青春ゲームラブコメ、第3弾!!


今月5冊目。






Q.このラノベの良いところを教えてください。
A.分かりません。

Q.もしこのラノベを周囲に勧めるとしたら、どのように紹介しますか?
A.無理です。

Q.……じゃあなんであなたはこのラノベを読んでいるんですか?
A.面白いから。


と、こんな感じの第3巻。

相変わらずなんでシリーズとして続いているのか分かりません。前巻から同じです。ただ私はこういう、何も起きなくても面白いラノベが結構好きなので、なんとなく読んでます。
シリーズなのに話が進んでいる気配がありません。ただただ短い話が繰り返されているだけです。
“読みやすい”、“ストーリーよりもキャラ”、“とりあえず面白ければいい”という点では、本当の意味でライトノベルなのかもしれません。……あれ、これもしかして前にも同じこと言った?

唯一、理解できないとしたら、なんか西園寺さんに微妙にフラグが立っているような気がしなくもないところ。
ラノベの内容について、時々「どうしてヒロイン(あるいはヒロインの1人)が主人公に惚れているか分からない」「とりあえずハーレムにしてりゃいいんだろ」という批判を見ますが、大抵のラノベは何らかの理由か、そこに至るまでの過程があります。
……が、このシリーズに至っては珍しく何もありません。
もしかしたらこのフラグというのが盛大なるミスリードかもしれません。もしそうだったとしたら物凄く感嘆すると思います。なぜならこのシリーズ、恋愛フラグを回収するという気配すら見えませんから。

あとはいつも通り、変態の痴態っぷりに頭を抱えたり、可愛い委員長に口元を緩めたりしながら、まったり眺めた1冊でした。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/11 23:10 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1662-5bc057b3











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。