スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キャラクター特性とか

時々、「キャラクターの特性について」というまとめをメモ帳に書いています。

例えば先輩キャラの特徴とかツンデレキャラの特徴とか。
まとめ項目が多くなったものはさらに細分化しています。例えばツンデレキャラなら、

(1)変わらずツンツンデレデレ
(2)どこかでデレて、以後「お前誰だ!?」ってレベルになる
(3)どこかでデレて、以後相棒ポジションになる

って感じ。
ちなみに該当キャラとしては、

(1)涼宮ハルヒ(涼宮ハルヒの憂鬱)、水瀬伊織(アイマス)、財部依真(めだかボックス)
(2)椎名深夏(『生徒会の一存』シリーズ)、此花ルチア(Rewrite)
(3)牧瀬紅莉栖(STEINS;GATE)、室見立華(なれる!SE)、高坂桐乃(俺の妹がこんなに可愛いわけがない)

みたいな感じ。

こういう風に時々、独断と偏見のみでまとめては資料にしたり、後で眺めてニヤニヤしているのですが。
特性「双子」の記述が気持ち悪いことになっています。
以下コピペ。見るに絶えないと思われたら即刻スクロールしてコメント返事までお飛び下さい。いつも通り追記に記述しております。




<基本>
正式名称「一卵性双生児」ないし「二卵性双生児」。
原則としては、同日に誕生した一対の子供を示し、3人以上の場合は「三つ子」「四つ子」などと定義する。
産まれる確率はおよそ90分の1らしい。

……無駄に詳しい? え、だってこれの筆者は私だよ?

<詳細>
0.基本
・「同じ人から」「同じ時に生まれた」というところから、シンクロニシティが働いているのが基本中の基本。
・左右対称というモチーフがよく登場する。

1.双子のシンクロ性
・思考が重複する。
 ・好みが一致する。曖昧なところ(甘いものが好き、とか)から掘り下げたところ(苺が好き、とか)まで。
 ・好きな人が一致する。そして喧嘩になる?
 ・1つの問題に対し、同じ結論を出す。過程までも一緒かもしれない。
 ・ただでさえ容姿が類似しているのに、身に着けているものまで一致して、周りから判別できなくなるとかも。
 (これについては3を参照)
・行動が重複する。
 ・無意識行動まで一致。右手を出せば右手を出す(あるいは左右対称ということで左手を出す)。
 ・行動の結末に至るまでの過程が全く同じ、あるいは細部に僅かな違いがある程度。
・セリフが重複する。
 ・言い回しを多少変えての同じ文字数でのセリフ。……書くのが超絶的にキツイけど。
 ・常にセリフ数が一致とまでは言わなくても、決め台詞などが微妙に異なっているのもあり。

2-1-1.仲の良い双子(兄弟編)
・ある意味、本当の兄弟である。
 ・しかし姉妹に比べ、なんか数が少ない気がする。需要がないのかな?
  ・男子という特性上、ライバル関係になることが多いのかもしれない。
・他に比べ、より些細なことで対立することが多い。
・片方の夢はもう片方の夢、ということも。
 ・逆に、全く違う夢を抱いていながらどっかに共通点がある。

2-1-2.仲の良い双子(姉妹編)
・ライトノベルやギャルゲーなどによく出没する。
 ・特にギャルゲーだと、結構な確率でいる気がする。
  ・外見が全然違うんですね分かります。
・男子に比べ、お洒落に気を遣う女子ということで、髪やアクセサリ、服などで見分けがつくことが多い。
 ・逆に言えば、その辺を相手に合わせれば化けられる。
  ・男子よりも女子の方が、他人のことをよく分かるって言うしね。
・兄弟編に比べ、些細なことでは亀裂が入る程度。壊れるまでが長い。ただし壊れてからも長い。
・記号的な部分もあるのか、性格的に「一致」か「完全に正反対」というケースが多い。
 ・性格的に一致するキャラは、名前も似ている(「空」と「海」みたいな)ケースが多い。

2-1-3.仲の良い双子(異性編)
・そこらの恋人よりも仲が良い。
 ・相手の趣味嗜好は完全把握。今どうして欲しいかも完全に理解している。
  ・ある意味ではパートナーということになる。
・性的行為をふざけて行なっているケースすらありえる。
 ・対象者が幼い場合、それが禁忌ということを分かっていない。
 ・歳を取ってどうなるかは本人による。開き直って2人の世界を作るか、一旦拒絶関係になるか……。
・性格が一致するか正反対になるか。
 ・一致する場合
  ・どっちも元気すぎて鬱陶しい=ムードメーカーとして周りからは重宝される。
  ・どっちもクール=周囲から少し引かれた存在になるが、他のタイプに比べて有名になりやすい。
 ・正反対になる場合
  ・なんか男がクールで女が元気というパターンが多い。その方が絡みやすいというか、見てて面白いからか?
  ・逆の場合、姉弟というパターンが多いように思える。その方がやりやすいのだろうか。
   ・その場合、姉が双子というよりも姉キャラとなりやすいので気をつけて。

2-2-1.仲の悪い双子(兄弟編)
・ほぼ確実に、劣等者が優等生に対しトラウマを抱えている。
 ・そのせいで相手のことが好きになれず一線を引く、話すのもヤダ、関わりたくない。
 ・一方、優等生なお兄ちゃんも、心の底では……。
・ファンタジー世界だと普通に殺しあう。
 ・殺した後に何らかの悔みを抱いたり。
 ・片割れが使っていた武器や防具、技などを引き継ぐのは定番のイベント。

2-2-2.仲の悪い双子(姉妹編)
・このケースで考察すると、半数くらいが恋愛絡みと思われる。
 ・思考が一致するから同じ人を好きになる。取り合いになる。片方が負ける。関係に傷が入る……。
 ・恋愛が原因の場合で元々が仲良かった場合、仲直りしてもそこまで極端に仲良しにはなりにくい。
・少数だが、兄弟編と同じ理由も。
 ・ただしこの場合、ほとんどが双子ではなく歳の少し離れた姉妹として登場する。
・兄弟に比べ、「悲劇のヒロイン」という意味も込めて、親が原因であるケースが多い。
 ・強制的に離れ離れにさせられた、仲違いを強要された、など。
 ・親の愛情が片方にしか向かず、もう片方が愛を知らない少女になったり。

2-2-3.仲の悪い双子(異性編)
・女の方がツンデレ
 ・性徴は女の方が早いため、その段階で「自分たちのやっていることがおかしい」と気づき、距離を置くケース。
 ・それにつられ、男の方が「自分は嫌われている」と悩むように。
 ・ツンデレが照れ隠しなのか本気なのかは別として、いずれ仲直りするケース。
 ・双子という特性を利用しない限り、普通の男女関係でもいい。
・本気で仲が悪い
 ・何か原因がある。性格が極端に合わないとか。
  ・外から見た「双子の性格不一致」はネタになるが、本人たちからすれば死活問題。
 ・何か過去に原因がある。
・自然発生
 ・普通の家族と同じ。互いにそれぞれ恋人を作って家を出て……。
 ・1つあるとすれば、一般兄弟と比べ理由が親密であったり、穿つとえげつない過去が掘り上がってくることが多い。

3.双子特有のイベント
「互いが入れ替わる」
・大抵は同性、そして姉妹で行われるイベント。場合によっては異性でも……。
・髪飾りを交換する、髪型を変える、相手の服を着る。そして口調を真似る。
 ・最後には、あるいは最初からあっけなくバレる。
・異性がやると、下着まで交換しているケースが。
 ・普段から相手の服を着ていて、それがやたら似合っているんですね。
・入れ替わった後は、悪戯をしたり実験をしたり相手を騙したり。
 ・互いに仲違いをしている場合、相手の立場となって相手自身の立場を貶めることも。
「大喧嘩」
・発端はいつもの行動から。少しずつズレて大爆発。
 ・普段から冗談を言い合う関係なら尚更。
・双子によっては喧嘩なんてしたこともないというケースもある。その場合、相手に対する憎悪に戸惑う。
・最終的には円満解決が多いが、場合によっては関係破壊のまま話が進む。
 ・どっちにしても最後には仲良くなるが。




追記よりコメント返事。






<コメント返事>
シロ
意味は……うーん……。

「CLANNAD」は確かに、「小さなてのひら」「メグメル」「時を刻む唄」「だんご大家族」「木漏れ日」など、名曲揃いですから、もう1曲くらいはやって欲しかったですよね。個人的に「オーバー」を名曲扱いしてくれたのは超嬉しいんですけども。
「Angel Beats!」は確かに、ロックアレンジしてほしかったですよね。

とりあえず、うん。なかったことにしちゃいましょう☆
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/03 22:37 ] サイト・自作小説のこと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1649-6cead96f











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。