スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴァイスシュヴァルツ:今日のカード紹介・考察(5月3日)

『ゼロの使い魔』は作品を知らないので紹介しませんよん。

今日から「D.C.ダ・カーポⅢ(3)」・風見鶏編のカード公開です。



「大はしゃぎ! シャルル」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー2000、黄
<魔法><生徒会>
自:バトル中のこのカードがリバースした時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードが<生徒会>のキャラなら、あなたはこのカードを思い出にしてよい。 (公開したカードは元に戻す)
自:シフト・レベル0 (あなたのメインフェイズの始めに、あなたは自分の手札の黄のカードを1枚とクロック置場のこのカードを選び、入れ替えてよい)


……なんか、ただでさえ強力な<生徒会>がさらに強くなっていきますねー。

リバース時、デッキトップが<生徒会>ならノーコストで思い出。
ネオスタンでなら、例の名称不明カード(思い出の数によって他キャラがバンプできる)か、前作にまで遡って「付属制服の音姫」、「くすぐったい毎日 音姫」など、記憶を保持するキャラと絡ませたいところ。ちょうど黄色だしね。
ついでにネオスタンで考えても、<生徒会>のキャラは朝倉音姫、エリカ・ムラサキ、高坂まゆき、雪村杏(PC以降の一部)、芳乃シャルル(シャルル・マロース)、森園立夏(リツカ・グリーンウッド)と、かなり多くのキャラがいる。基本的には強力な音姫さんを中心になりそうな気がするが、<生徒会>単独で組むのも面白い。

注意点としては、同じく思い出に飛ぶ効果を持つ音姫さんの一部には<魔法>単体しか所有していないカードがある。
他、ダ・カーポの「思い出に飛ぶ」効果を持つカードの大半はイベントなので、そういったカードを多く混ぜている場合、このカードの効果が使えない恐れがある。

とはいえ、シフト持ちレベル0、ノーコスト思い出は魅力。
レアリティがRRと入手し辛いことが予測されるけれど、デッキによっては4枚積みでも悪くない。



「息抜きデート サラ」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー2000、緑
<魔法><スポーツ>
起:集中・[1 このカードをレストする]あなたは自分の山札の上から4枚をめくり、控え室に置く。それらのカードのクライマックス1枚につき、次の行動を行う。『あなたは自分のクロックを1枚選び、手札に戻し、自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。』


ま た 小 川 か !

まだ私自身、ゲーム本編の風見鶏編をほとんど見ていないので分かりませんが、<魔法>のサラも<スポーツ>持ちなんですね……。
今組んでるダ・カーポのデッキが黄赤青3色構成なので緑が入りようがありませんが、青緑の<スポーツ>単独、というかキャラデッキを組んでみるのも面白いかもしれません。

で……。

集中効果でクロック交換。CXが落ちれば落ちるほど手札アドは取れますが、不測のクロック蓄積。
ダ・カーポは便利なイベントカードが多いので、それらがクロックに置かれると少々厳しいものがある。
そういう意味では、何も考えずに集中を発動させるのは少々危険。レスト付きなので繰り返しの使用もできない。

使い所としてはレベル1。小川と一緒に使って、クロック置場のイベントカードやレベル1以上のキャラを回収する手がある。さら単独なら相手ターン限定バンプ+アンコール持ちの「年下のクラスメイト さら」やチェンジ持ちの「体操服のさら」などを手札に加えるべきだろうか。
……とはいえ、どちらもコストが必要。このカード自身も1コスト食うとなると、果たしてどう動くか。

これから先、緑のカードにストックブーストがどれだけ来るか、という点を考慮すべきだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1648-91fd828b











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。