スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

平均とか、普通とか

「常識」とか「定義」とかは好きな癖に、「平均」とか「普通」とかは嫌いなつっきーさんです。

なんというか、枠から外れるのが好きなんです。たぶん。
決められた枠の中では決められたことしかできないから、1度そこから外れて、何かを学んでからもう1度枠に戻ってくればいい。そうしたら他の人に合わせることができつつ、独創的なことが表現できるのではないでしょうか。

なのに、私は私の常識を振りかざし、他の人の考えを抑圧することがあります。
これは本末転倒以外の何者でもない、最悪「自分勝手」とさえ称してしまえそうな暴行です。
本当に、自分が嫌だ。だけどこの自分だけは、最後まで自分なんだと思います。
掘り下げて掘り下げて、ようやく見つかるところにある、私を構成している核に刻まれた考えですから。





と、抽象的で訳の分からない話をした後に、ちょっとどうでもいい話を。

1269枚(原稿用紙換算)の小説を書いた、と言うと驚かれます。
そりゃまあ、何か色々と型破りというか常識外というか、お前何してんだ? と言われてしまいそうな蛮行ですが、実はこれ、本サイト「漆黒色の物語」にて掲載完了した『悠々荘の閑話』の総枚数だったりします。
たぶんこの話は前にもしたはず。

なお、『いなかみち。』第1章(九重実桜の物語)のみを計算したら472枚。驚くべきことに、たった1章、たった1人の話で『悠々荘』の3分の1を占めています。

では6章構成の『生徒会争乱物語』は何枚になるのでしょうか。計算してみました。

執筆期間は2010年12月27日~2012年4月17日。約1年4ヶ月半。
枚数は約2229枚。

……。
……見なかったことにしよう。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/04/25 20:20 ] サイト・自作小説のこと | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1636-a95989f2


まとめteみた.【平均とか、普通とか】

「常識」とか「定義」とかは好きな癖に、「平均」とか「普通」とかは嫌いなつっきーさんです。なんというか、枠から外れるのが好きなんです。たぶん。決められた枠の中では決められたことしかできないから、1度そこから外れて、何かを学んでからもう1度枠に戻ってくればい...
[2012/04/25 20:30] URL まとめwoネタ速suru









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。