スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ノベライズ感想『STEINS;GATE 比翼連理のアンダーリン2』


STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐  比翼連理のアンダーリン(2) (富士見ドラゴンブック)STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐ 比翼連理のアンダーリン(2) (富士見ドラゴンブック)
(2012/04/20)
海羽 超史郎

商品詳細を見る


覚えていろ、鳳凰院凶真――いや、岡部倫太郎。
――お前は、私が、殺してやる――!!



今月11冊目。






原作トラウマ一枚絵をさらに過激にしたものを前触れ無く持ってくるんじゃねえよ怖ェよ!
ついでに言うとラスト3枚の挿絵は一体何なんだホラーかホラーなのかッ!


はい。これまで読んだ本の中で上位にランク付けされるほど、混乱した1冊でした。

ウロボロスにて登場した椎名まゆりタイムトラベラー説については理解できました。問題は、彼女がどうやって世界線を超えるかですが……。
あるいは、多数の世界線の中でも変化しない特異点を彼女は知り、その地点にIBN5100を運搬する(タイムリープによって)=岡部倫太郎と牧瀬紅莉栖の助けになる(ウロボロス2巻のセリフより)ってことかもしれませんが。しかしアトラクフィールドを超えようと彼女は結局死ぬんですかそうですか。

で、世界線2%と3%で揺れていたのはようやく理解できました。遅すぎるけど。
2%がドラマCD:岡部倫太郎がSERNに加入している世界で、「岡部倫太郎がラウンダーとして人殺しをしているのを、牧瀬紅莉栖が目撃する」のが8月15日。それよりも前、8月13日から8月8日まで無理矢理タイムリープさせれば、2%の世界は発生しない⇔逆に言えば、この地点で牧瀬紅莉栖が動いていなければ2%の世界線が半確定、よって分岐条件は整っている、ということで。

分岐させるか否かは偶発的に依りますが、牧瀬紅莉栖が未来のことを知っているなら話は別。どうやらこの世界線では彼女は強力なリーディング・シュタイナーも所有しているっぽいですし。

じゃあタイムリープしても結果が変わらないのは? というのはおそらく、タイムリープマシンが不完全、あるいは岡部倫太郎の方に何か問題があり、記憶を継承できないから。だから彼は8日に戻っても「牧瀬紅莉栖が欲しがってる物」を言い当てることができませんでした(今回のラスト)。

世界線3%は言うまでもなく「比翼恋理のだーりん」の世界。これについては私は全く知識がありませんが、なんか見ている限り「“ダーリン”ではありえなかった、天王寺綯ルートを直進中」って風に見えます。せめてダーリンの固有ルートでのダイバージェンスメーターが分かればいいんですけど……。

以上。ここまでが私に可能だった考察。

分からないのは天王寺綯です。2025年のやり取りはもはや理解を諦めてます。シリーズ完結を待つしかない。
だからこれは完全に考察不可能です。ラストは何? 桐生萌郁を殺してきたのか?
分かることといえば、ラストの天王寺祐吾の言動を見るに、綯ルートであることは確定っぽいのですが。
それはそれで楽しみですし、次を大人しく待つことにします。



余談。
『ロボティクス・ノーツ』に天王寺綯が登場するようです。
彼女のキャラクター紹介を見た時、私は全力で噴き出しました。
PS3もXboxもないからプレイできないのが痛い。PC版はよ!

余談2。
そういえば某魔法少女が放送されてもう1年になるんですね。時間の流れって早いなぁ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/04/21 23:12 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1632-458bd464











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。